お寺と団体

個人経営の散髪屋さんが、
組合指定の休日を守らないという事で
組合加入の他店からクレームを付けられ、
組合を脱退するような感じで(あ~説明長い)、

四国88ヶ所霊場の一つのお寺が団体から脱退する。

原因は、団体で定める「御朱印記入対応時間」
を遵守せず、お寺が「勝手に」昼休みを取って
いたからだという団体側の主張。
団体名は「四国八十八ケ所霊場会」と言う。
四国霊場住職の団体とは思えない低レベルっぷり。

呆れるほど平和な四国を感じている暖かい春の日。

お寺と団体の情けない低レベルなもめ事は気にせず、
お遍路を楽しみましょう。

ポケモンGOの感覚で、スタンプラリー気分でどうぞ。
ものすごく気楽に初めても、
最後に満足できるので、時間の無駄には成りません。
それは保証出来ます。

| | コメント (0)

安全対策順序

自動車運転に関する安全対策には無意識でお金を出しますが、
(車は数年で買い換えるので、買い換えれば安全になっている)
対して、家の中の安全対策にはお金を出さない。
良くて手すりを付けるくらい。

家は一度できあがってしまうと、リフォームする機会が訪れない
かぎり安全装備が改善されないという現実問題が大きい。

そんな事もあり、
交通事故で死ぬ人の数と、
風呂場で死ぬ人の数が同じになってきたのは当然の話。
風呂場で死ぬ人が増えているわけでは無く、交通事故で死ぬ人
が減っただけです。

そう考えたとき、
50歳を過ぎたら、「新車を買うより風呂場をリフォーム」が価格性能
比が高い気がする(多分)。
などと、昨夜湯船につかりつつ考えてた。

まとめると、

燃費が良いエコカーよりも、断熱が良い浴室。
横滑り防止装置よりも、滑らない浴室の床。
エアバッグよりも、浴室内手すり。
シートヒーターよりも、浴室暖房装置。

そんな気がしてきませんか?

| | コメント (0)

記憶に無い、覚えていない

もし、自分が関わっていた場合、
経験を完全に忘れることは出来ず、
何かのきっかけで絶対に思い出すはずと信じていた。

薬の副作用で記憶が飛ぶ経験をするまでですけど。

まあ、深酒する人は「記憶が消える話は日常」と言います。
記憶が飛ぶと完全に0になり、どうやっても1に戻らない。

さて、問題。
記憶は残る方が良いのか、
消えてしまうのが良いのか。
それは、永遠のテーマ。

人間は忘れる動物なので、忘れることから逃げられない。
そんな事は無いと過信する自分だって、忘れる可能性はあるし、
「妄想」と「現実」が混在してもおかしくないし、
人によれば「過去の記憶さえ嘘をベースにした妄想に置き換わり、
嘘が真実だと信じ切ることが出来る」というのが現実。

記憶に無い、
覚えていない、
そんな事言ったっけ?
そんな事あったっけ?
全てはこちらの「器の大きさを推し量られている」という事。
当然こちらの勘違いの場合もある。

即時対応現場能力を磨く機会だと思い頑張りましょう(違)

| | コメント (0)

気遣い

「ノマドワーカー」と言う言葉が流行りだした頃、
店にとっては単に迷惑な客だろうと大人の誰もが思っていた
と思います。
仕事や勉強は、他人に迷惑をかけない空間で行うのが常識。
コーヒーを飲みに行って、人の仕事姿なんて見たくない。

当時のコーヒーショップ問題に続き、
今度はファミレスでの長居問題。

 ・

お金を払おうが払うまいが、
自分の状況と、周りの状態を見て行動を考えるのが大人。

空港などの無料ベンチだって理想的な使い方はあるし、
ドリンクバーのファミレス店の席だって使い方はある。
どちらも、「周りの状況に応じて臨機応変に対応」が基本。
店にも他人にも迷惑かけずに利用するのが日本人。

店は「良いお客様」の為に「より良いサービス」を提供する。

「出来が悪い客を拒否する守りの姿勢」を急に表に出すと、
「出来が良いお客様だけが不愉快になり、去る」というワナがあり、
出来が悪い客は、拒否されても「金払って何が悪い?」となる。
なにせ、出来が悪い方々は、理解力が乏しいから周りの状況を見
られない。つまり、指摘されても自分の問題点が理解出来ない。
理解出来ないから対策できない。

昔から言われる金言、

「良い客は良い客を連れてくる、
 悪い客は悪い客しか連れてこない。」

これは絶対的真理。

全ての基本は、周りに対するほんの少しの気遣いだけ。

| | コメント (2)

人手と人材

従業員の能力が会社の数字に直結する小企業の場合、
人手不足と人材不足は全く意味が違う言葉。しかし、
世間では都合良く使われる言葉になっている。

人手が足りない=単純労働作業者が足りない
(手数が足りない)

人材が足りない=複雑労働作業者が足りない

大きなくくりだと、
簡単に増やせる人と、
簡単に増やせない人の違い。

人手不足と人材不足は全く別の話なのに、混在使用して
勘違いさせようと思っている社会主義的報道。
不器用でも出来る仕事を出来る形で手伝ってもらうことと、
器用な人を上手に使う事と、
才能有る人を上手に育てる事は大きく違う。

根本的問題は、働く本人の意識の問題。

「どうすれば利益を上げられる人になれるか?」を考え
ない人が増えたことに尽きる。
手に職をつけるという言葉の意味を子供たちに理解させる
事が最も重要。
資本主義の日本で生きていくのだから。

| | コメント (0)

Autodesk方針

昨日のメールを読んで解ったことは、

1.永久ライセンス商品を購入し、毎年サブスクリプションに加入
 していた人と、永久ライセンス商品を購入し、サブスクリプシ
 ョンに加入せず使用している人を個別に管理したくないので、
 永久ライセンスは無かったことにします。

2.優待を止めるにあたっては、お客様の事を考え急に止めず、
 今年は5%
 来年は10%
 再来年は20%
 順次値上げすることにした(どうだ良心的)。

3.今なら値上げ前に永久ライセンス資格を捨てることと交換で、
 より多くのAutodesk商品が自由に使えるライセンスを入手する
 「権利」があるよ、特別に。
 ついでに、バージョンアップ対応外になっているR14等の古い
 製品の永久ライセンス権利放棄と交換で40%値引きしますよ。
 今回に限り驚くほど良心的な対応です(自画自賛)。

単純に、
2D-AutoCADメカニカル+3D-Inventorで仕事をしようとすると、
一人あたりの経費が、
PRODUCT DESIGN COLLECTION
¥406,080 年額(シングルユーザー アクセス)
となる(今回発表の価格)だけです。

年40万円x従業員人数分の営業利益を増やす事は簡単では無い。

| | コメント (0)

決める権利

市場を確保すると、
値段なんてどうにでもできる。

1703171

永久ライセンス終了前に、
お得だから永久ライセンスを買いましょうキャンペーンは何だった?

白日夢だったと言う事。

| | コメント (0)

マスク顔問題

和田アキ子さんが、花粉症マスク根性理論を発表。
当然叩かれた。

 ・

クリミナルマインド・スピンオフドラマ東京版では、
「マスク顔が多すぎて顔が解らん!!」(意訳)
とネタにされるくらい、酷い状況が今の日本。
番組中、犯人が使っている使い捨てマスクが、もの凄
く汚い事等、全体的に番組を通して日本人マスク顔を
揶揄するシーンが多かった(私感)。
それらは、公共の場所のマスク姿を良しとしない米国
人感覚に基づいた脚本としか思えない。妄想によると、
マスクを使うとNSAが顔認証出来ないからでは無い。

使い捨てマスクはとても便利ですが、
他国の人から見れば、怖い東洋人の絵面に間違いない。
私には、マスク姿より彼らの入れ墨が怖いのと同じ話。
東京オリンピックはどうするのだろう?と思う。
和の文化と押し切れるヌードルハラスメントよりも問題。
音は騒音に消えるけど、大量のマスク姿は怖いはず。
この話は、当然、誰も、口に出せない話(笑)

 ・

私の立場の場合、
顔を覚えてもらうことは仕事の一つなので、出来るだけ
マスクを使わないように努力する根性論者に育った。
当然ながら、アレルギーには勝てないので、薬は我慢せず
に使う。薬の量はさておき、「アレルギー性鼻炎歴=人生」
の人間として言えば、マスクが花粉症対策として効果的な
のか否かは謎(私感)。

マスクの確実な効果は、流れる鼻水を隠せる事と、
大きな埃が舞う作業をするときの防塵。

| | コメント (0)

車を売る

法人決算月は色々なお金の仕組みが気になる月。

例えば、ドイツのカンパニーカー制度。

会社は福利厚生で車両リース代を処理できて、
上級社員は常に良い車に乗れるという仕組み。
平社員はリースアップした上司の車を安く買い取ると
いう流れもある。

日本では、企業にも個人にもメリットが無いと思われ
ていましたが、
国産高級乗用車が売れない今、国産車をカンパニー
カーとして支給すれば、数が出て一挙両得(妄想)
まあ、そのリスクを引き受けるリース会社(レンタル
会社)は大変でしょうけど、そこに補助金突っ込む方
が民間企業にお金をばらまくより良し。
日本の元気は車業界から。

すこし冷静に考えると、年間走行距離が少ない人が、
「クラウン」と「プリウス」どっちにする?と言われれば、
「クラウンハイブリッド」を受け取る。
距離を走らないのだから多少の燃費差は気にならない。

つまり、平均的に良い車で高価格車が売れる(多分)
違うかな?
良い車を沢山売ることで、
より良い国産高級車が出来る良い流れになるはず。

そして、最大のメリットは、ガラパゴスな軽四ではなく、
日本に適正化した良い小型車が生まれてくる未来。

| | コメント (0)

Autodesk

Autodeskに毎年上納金を払うと(ほぼ強制徴収)、
最新版がリリースされると、最新ソフトウェアが郵送で届い
ていたのですが、2016年からお金を払わないとメディア
(USBメモリ)を送ってくれなくなった。
最新版が出たよと言うメールが管理者に1本届くだけ。

気を抜いていると、迷惑メールになったりする状況。
毎年何十万円も取るのだからUSBメモリ位ねぇ、、と思う。

それはさておき、
上納金を納めているので常に最新版を入手しているけれど、
下請けは取引先のバージョンに合わせる必要があるので、
現時点で2016版と2017版は未だ開封していない。

サブスクリプションの権利で旧Verをセットアップできる
権利は数世代なので、最新が届けば必ずセットアップして
おくのが正しい手段と解っているけど、
使わないし、忙しいので、後回し、で1年が過ぎ2年になる。

と言う事で、
このまま気を抜いていると、2018版のリリースになりかね
ないため、Inventor2016と2017をセットアップ中。
違うVerがいっぱい入っていると迷うので嫌いだけど、
仕方なし。これぞ下請け冥利ってヤツです。

仕事道具は選べず、お客様の言うとおり。
ある意味、
お金さえ用意すれば悩まなくて良いので楽かも(違)

| | コメント (0)

«プロレス