Windows10にアップデート

いまさらながら、
Windows7ProのHP-Z230ワークステーションを、
Windows10Proにアップデートしてみたところ、
3D-CAD(Autodesk Inventor)が動かない。
2D-CAD(AutoCAD)は動く。
MS-Office関係も問題なく動く。

しかし、OS標準のエクスプローラーが動かない(笑)

PCのアイコンをダブルクリックすると
エクスプローラーは起動する。
なのに、exeファイルを直接起動すると、強制終了。
フォルダーのサイズを見ようとして、選んで右クリック
すると、強制終了。
タスクバーにエクスプローラーのアイコンを出しても
起動出来ない。
一瞬動いた気配を見せつつ強制終了する。

さて?

HP-Z230はOSダウングレードモデルなので、
Windows7-Pro64のリカバリーディスクと、
Windows10-Pro64のリカバリーディスクが付属する。
しかし、CDから再インストールして8.1の手間はない。

と言う事で、
HDDリカバリーエリアからWindows7で初期化 >今ココ。
再度Windows10にアップデートして、エクスプローラーが
上手く動けばそのまま使う作戦(一番手間がかからない)。
フォルダー構成が少々どうなろうとも見ないので関係ない。

CPUが4コアXeonE3-1226 3.3GHzで、8GB-RAM。
RAMを16GB足せばInventor2019の最低は仕様はクリア。
ええ、最低です。動かせないよりはマシという方向性。

うむ、無駄時間の気がしてならん。

| | コメント (2)

煽られる

「高速道路で煽られたドラレコ映像」

撮影者の走行速度が遅いから、後ろの
車につかれただけに見えるものが多い。

制限速度80km/hの高速道路で、
追い越し車線を80km/hで走れば、
後ろに車がつながるのが当たり前。
それは煽られているのではなく、
後ろで渋滞が起きているだけ。

追い越し車線に車線変更するときは、
追い越し車線が流れている速度に加
速してから合流してください。
速度を上げずに入ってこられると、
後続車は否応なく「あなたに対して」
ブレーキを踏む羽目になり、
ブレーキを踏ませると、否応なく車間
距離は少し狭くなる。
そして、ブレーキランプ点灯をきっかけ
にして、後方の渋滞は増える。

車線を移動するときは、
ドアミラーに映る後方車両の移動速度
を想像しましょうというお話し。
ドラレコで自分の運転常識不理解を晒
すのは、格好悪いので止めましょう。
車線移動時は、常に「後ろより速い速
度」になるように注意するだけ。

乗用車に乗る人間は、
90km/hリミッターのトラックを邪魔
したらダメです(笑)

道路は皆で共有共存している空間。
大切なのは、想像力。

| | コメント (0)

体調

なんか凄く、
体調が悪いなぁ、、と思ったら。

今日インフルエンザの予防接種受けたからだと気がつくのに、
半日かかった。

忘れるにもほどがある。

| | コメント (0)

カーオブザイヤー

最後に残った10台を顔ぶれを見ると、
スバルのフォレスター、
アルファロメオのSUV、
三菱のエクリプス、
ホンダのクラリティ、
ボルボのXC40、
VWのPOLO。
BMWのX2、
10台の内、半数以上が名前が出ることさえ謎な車。
「新しい車」を「広報車で飯を食べている人達」
が褒めるだけの世界になっているのがとても残念。

実質で言えば、
POLOを買うなら、1.2Lのゴルフ。
XC40を買うなら、CR-V。
フォレスターを買うなら、CX-5。
クラリティを買うなら、プリウス。
エクリプスを買うなら、CX-8。
小型CCVを買うなら、ジムニー。
大型CCVを買うなら、ランクル(否プラド)かラングラー。
軽四乗用車を買うなら、何でも同じ。

結局のところ、物としての機能性に目を向けてしまうと、
選ぶ物が決まってしまう。
機能性は去年よりも今年、今年よりも来年。
車は、デザインが気に入った車を、欲しいときに買う
だけで良い感じ。マイナスな部分は「運」。
普通の人が普通に使う車を考えると、一般道の日常性能
(走行性能)なんて、何を買ってもほぼ大差無い。
全てはカタログ馬力相応。
馬力が欲しければ、少しお金を余分に出すだけで良い。
お金をケチると動力性能に不満が出るだけ。

安全性能を見ると、
安いスズキの超音波アシストは、ダイハツのデュアルカ
メラアシストに劣るのは当たり前。
ダイハツのデュアルカメラアシストが、スバルのデュアル
カメラアシストに劣るのも当たり前。
安全性能が欲しければ、少しお金を余分に出すだけで良い。
時が過ぎ、普及が進めば部品単価が安くなるだけの話。
Audi A8は安全だけど、今の値段が凄いのは仕方なし。
安全装備は価格相応。

カーオブザイヤーの存在意義って何?ということに至る。

| | コメント (0)

バルブスプリング

スバルのバルブスプリングのリコール。
マツダのバルブスプリングのリコール。
似たタイミングでリコールになったけど、
内容は別物。

スバルは材料設計考慮不足で折れる。
マツダはバネ定数考慮不足で閉じない。
マツダの場合はディーゼルの「煤」問題が本論のはず。
どちらも、机上設計で数値を追い込み過ぎたからかも
(勝手な想像です)しれません。

スバルのバルブ交換は、作業がとても大変。
マツダのバルブ交換は、掃除がとても大変。

どちらも頭が痛くなるリコールに間違いない。
マツダの場合は、ディーゼル中古車売却価格に直結する。

| | コメント (0)

クッションフロア

事務所の床は、台所やトイレなどで良く使う
クッションフロア。
採用理由は、一番安いから。

OAフロアではなく、地面からコンクリートを盛り
上げた土間コン作りなので、クッションフロアの
表面だけに負担がかかるので寿命は短い。

補修手段は3つ。
1.クッションフロアを貼り直す、
 クッションフロアを切り貼りする、
2.堅いPタイル(段差ができる)を貼る、
 全面Pタイルにする
3.全部剥いで工場用塗料を塗る、

その中で、仕事を止めずに作業出来るとなると、
クッションフロアの切り貼りだけです。
ブラックジャック感満載になるのが苦手だけど、
仕事を止めるよりは良い。

綺麗に修理出来るのは、引っ越しするときだけと
諦めています。

1811111


| | コメント (0)

Blueairの空気清浄機

構造はとても単純。活性炭フィルターとHEPAフィ
ルターとファンの構成。
だから、機種選択は部屋の広さと置き場所の問題。
置き場所が機種選択に意味を持つのは、吸気と排気の
方向をどこに向けるかという事を考えるためです。

 それだけと、勝手に思い込んでいた。

Blueair Sense+

届いてびっくり。
物理スイッチが無い(調べて買えという話)。
操作は上面のモーションセンサーかスマホアプリ。

我が家には、猫が2匹。
当然、新しい物の上には必ず乗る。
点検しない物はない。
段ボール梱包から出した時点で後悔するレベル(笑)

どうにもならないので、
諦め半分スマホアプリをインストールしてみたところ、
「チャイルドロック」の項目が登場(嬉)
無事、猫と同居出来る空気清浄機になりました。
WiFi接続が出来て、スマホアプリが正しく動くようにな
らないと、チャイルドロックは使えません。

デザインはとても綺麗(ツメは甘いが許容範囲)。

WiFi環境が無い人の場合(いないと思うが)は、
一人暮らし+動物同居無し+他人は部屋に入らない
と言う3拍子が揃っていないと、買ってはいけない製品。

それで良いと言うBlueairの割り切りが潔い。

| | コメント (0)

得意不得意

小学生の頃から変わらないのが
左カーブが得意で、
右カーブが苦手。
自転車→単車→車 と変わらず一貫した感覚。
左は少し無理が出来て右は破綻する。
左はとっちらかってもある程度強引に修正できて、
右は収拾がつけられない(時の流れに身を任す)。
右コーナーは限界点が低い。

遊んだ走行記録を見ても、
左は少し速く、
右は少し遅い。
左は右より速いのに、制御範囲が広い。
なので、右回りサーキットが昔から嫌いです。
1コーナーが右。
最終コーナーも右。
直線の後に出てくるコーナーは左がありがたい。
同じコースなら多少慣れますけど、好きにはなれ
ない。

 ・

大阪からの帰り道で通過する中国道の1ヶ所。
神戸ジャンクション手前に出現する、下り右
コーナー(1ヶ所)がとても苦手。
進入速度では無く、
下り傾斜でも無く、
主にはカーブのRと視界の問題。
JCが近いので、予想を超えた動きをするサンデー
ドライバーも多い。
究極は、精神論と慣れだと解っているけど、嫌い。

自動運転になったとしても、多分怖いと感じるに
違いありません。
なにせ、理由がわからない感覚的左右差なので、
対処不能。

| | コメント (2)

新型ジムニー

660ccが良いか、1500ccが良いか、
デザインだと1500cc。
山道での無頓着さだと660cc。
一般道や高速道の使い勝手だと1500cc。

買うとしたら、
2型以降の一番安いモデル
↑ここ重要
新車保証が切れてから遊べば良い。

保証期間中は、
タイヤとショックアブソーバ交換と
ルーフキャリアとヒッチメンバー装着と
電動ウインチ装着くらいで十分遊べる。

日本の林道の場合=車幅は単純に機動力。
楽しめるかどうかは、車の惜しげなさも重要。

ジムニーの美徳は、
何処に行っても惜しげ無く遊べること。
車を所有する喜びとは話が違う。
道具を使って遊ぶ楽しさ。
今回、スズキが20年先を見越したと言うのだから、
ジムニーを買えば、免許返納するまで部品入手
や修理の心配をすることが無い(最大のメリット)。

鈴木会長がホープスターを買い取ったことが、
こんなに凄い事になるなんて、スズキ社内で
想像出来ていた人はとても少ないはずです。
経営センス=才能。

さておき、新型ジムニー購入を考える前に、
手元のJB23Wで遊べ、と言う話が正解。

| | コメント (0)

才能

取引先の社長に、
20歳頃のお酒飲み方を、
50代になっても続けている人がいる。

あれは、元気だとか何だとか言う以前に、
「神から授かった才能」だと思う。
羨ましい(真面目な話)
何より酔っ払った本人は、常にとても楽しそう。
50過ぎると、楽しい事なんて減るのが当たり前。

人は、
年齢を重ねること、
子供を育てること、
親が老いること、
大きく3つの変化要因を持っています。
なのに、
何にも影響されない酒の飲み方が出来るのは、
才能以外の何でも無い。
精神力でも無ければ、財力でも無い。

 ・

と、飲み屋さんでウーロン茶飲みながら考えてた。
さて、私が神から授かった才能は何だろう?

| | コメント (0)

«nifty 無料の夢