前進

「めぞん一刻」の音無響子さん。
1959年生まれ、つまり還暦。

作画人物のモデルは、
夏目雅子さん。

もし、万が一、
彼女が病気を克服し生きていたら?
と言う事を考えると、
生きてる私にはまだまだ可能性がある。

そうだ、
生きてるだけで丸儲け(本当)

 ・

65歳が定年と考えれば、残り11年もある。

まだ何でも出来る。
今年は前進。

| | コメント (0)

大きな問題と小さな現実

大きな問題。

キリスト教とイスラム教に、
同じ体育館に入ってもらう。
お互いの存在を意識させず、
お互いが会話しなければ、
問題は起きない。
意識させると問題が起き、
会話させると問題が大きくなる。

 ・

目の前の小さな現実。

少し遅いファミレスランチタイム。
子供を放置するママ友数人と、
マルチまがい商法の数人。
二つの集団は、お互いの存在が全く
気にならず、自由に会話ができる技
術を持っている。
それは、聞きたい事だけをより分け
て聞くという技術と、聞きたくない
ことを聞き流す技術の合わせ技。

凄い技術だと感心。

| | コメント (0)

丸目二灯好き

終活でガレージを片付けていたら(違う)、
正しくは、
嫁入り持参部品を探してガレージを片付けると、
丸目二灯のヘッドライトが無駄に出てきた。
ジムニー(2スト)、
ジムニー(550Turbo)、
NAロードスター、
mini(スモール球内蔵)。
全部同じ規格寸法なので必然。

2ストジムニーは12Vシールドビーム。
ターボのジムニー初期がシールドハロゲン。
ロードスターも最初はシールドハロゲンで、
途中から補修部品が替え玉ハロゲンになった。

リトラクタブルライトは水が入ると困るから
シールドハロゲンだと当時聞いていた記憶。
さておき、
切れていない12Vシールドハロゲンを、
純正仕様のロードスターに残して全部処分。
替え玉ハロゲンは必要なときに買えば良し。

ガラスに美しくレンズカットされた、
JIS規格の丸目2灯が好き。
フェチ(性癖)と言っても良いかもしれません。

| | コメント (0)

新元号

新元号発表は4月1日。

それまでにリークされたら変更するなんて話は、
何の権威も感じない。

とっとと発表すれば良し。

 ・

4月1日になったことで、
力が入ったエイプリルフールネタが、
政治家の肖像権無視で飛び交う予想。

まあ、
私自身、
ヒマだったら、
参戦するかもしれん(違)

さておき、
新元号になったら、
昭和生まれは、
高度経済成長期の明治生まれ相当になると思うと、
嬉しいやら悲しいやら。

| | コメント (0)

燃料ポンプ

ガレージで3年熟成NA8(R-LTD.ナンバー切り車両)

半年に1回はエンジンを回して場所を動かしていた
のですが、気がつけば1年放置。
今回縁があって引き取られることが決まった為、
動作確認。
エンジンかからず。
燃料ポンプ死亡。
叩いても動かず(残念)。
燃料センサー抵抗値安定せず。

何事も「今かい!」というタイミングで壊れる。
それが人生。

 ・

単純に走行距離だけで考えると、
Sr2のほうが遙かに走っているので、タンク内の状況は悪い。
ポンプがガソリンに浸かっている時間で見れば、4台共に
平成6年~7年なので、大差無い。
他のロードスターと状況が少し違うのは、
ナンバーを切った状態の車を引き取ってきた事。
つまり、一度もガソリンタンクを空にしていない。

タンク内は綺麗だったので、燃料ポンプとレベルセンサー
交換で「再始動」できれば問題なし(祈り)

| | コメント (1)

動物顔とオプション

プロボックスの注文時。
カタログを見ていて、
ふとした瞬間、
パンダ顔というか、
クマモン顔というか、
動物顔に見え始めた。

我慢が出来ず、メーカーオプション追加。
¥16,200 バンパー同色オプション

仕事車に、メーカーオプションを追加する
理由なんて、その程度の理由。

1901111


| | コメント (0)

ソロバン

イスラエル空軍のF15イーグル戦闘機。
地上9000mで操縦席キャノピーが吹っ飛んで、
オープン操縦席になったものの、事故無く帰還。

片方の翼が折れたまま何事も無く基地帰還のニュース
を聞いた驚きには届かないが、
F15はやることなすこと全てが漢。

考えると、企業が持つリソースを全部突っ込めた時代
の開発製品は最強という話かもしれない。

似たような話は、
日本の新幹線(広軌鉄道)でも言える。
政治家が目先のソロバンしかはじかなかったら、
絶対に出来上がっていない大赤字の開発品。
今では飛行機の利便性を超える電車に育ち、
世界と戦える技術になった。

そのときのソロバンだけでは、未来は手に入らない。

| | コメント (0)

Sony

会社で従業員にスマホ支給をする場合、
スマホ二台持ちの強要になるのが嫌。
個人的に二台持ちは無理だからという
単純な理由。
二台持ちが嫌じゃ無い人は問題が無い。

 ・

解決策はただ一つ。
DSDS対応のSIMフリースマホ。
Dual SIM Dual StandbyでSIMフリーを
「Sony」が国内で出せば解決。

なにせSonyはDSDSを海外で売っている。
国内未発売は当然の事情(大人の事情)。

一般的な日本人は、Sony製品を嫌がらない。
それは戦後日本人に刷り込まれたもの。
Sonyはいつも格好良くて、高性能。

頼むSony(切望)。

| | コメント (0)

カイゼン

ゴルフ7のステアリング自動制御。
ステアリング操作に無駄な力が入らず、正しく操作
できている人だけ「ステアリングを操作して下さい」
と、高速道路で手放し運転を警告される。
ステアリングに常に力が入っている人は(ゆっくり
僅かに斜めに走って戻る人)は全く気になりません。
これが嫌な人は7.5に買い替えるしか無い。

BMW-Z4の電動パワステ制御。
ステアリング反力のうねり(一定舵角で手に帰って
くる戻り力の波)が我慢が出来ないと、買い替える
しか無い。

ゴルフは7.5で改善。
Z4もマイナーチェンジで改善。

気にならない人が開発したからそうなって、
気になる人の声が沢山届いて改善された(想像)。
新型の良い部分と、後期型が良い部分は混在。

 ・

さて、CVTの理屈が嫌いでCVTを避けていた私が、
アイシンのCVT(現行プロボックス)を所有する。
大丈夫かなぁ・・。

トヨタお得意の「カイゼン」効果に期待。

| | コメント (0)

他を知ること

車メーカーで主なる開発をする人に対して、
自社の車に乗ることを全て禁じてしまうと、
近い将来、良い車が増えて来る気がする。
研究用車両を関係者が順番に乗るのでは無く、
自腹で買う。

他社の車をバラバラにして研究する手法。
格好良くリーバースエンジニアリングと言う人
もいるが、「真似」です。
理解が足りないと元ネタの考慮不足も真似る。
他社がモデルチェンジしたときに、改善を知り
「あれは考慮不足だったのか」と気がつく。
しかし、
図面を描いているとき「本当はこの形の方が良
いのだけど、この会社がこうしたのだからコレ
で良いはず」という気配があったはずです。

その感覚を大切に育てないと設計者は育たない。

日本は元々その感覚を大切にして成長した国民。
目の前にある物は、時間やお金や作る場所の制限
で出来上がった妥協の産物。
100%理想の物なんてものは存在しない。
それが量産工業製品。
理想に近い物は軍需産業ですが、それですら量産
の足かせは効く。
 ・・
40年ほど昔の設計で、何でその形なのか解らない
部品があります。開発者の遊び心だったかもしれ
ませんが、理解出来ないと変更出来ません。

何事も、他を知ることから始まる。

なんて話を書くのは、
今日から新年仕事始めの取引先が多いので、
自分の気持ちを仕事モードに切り替える為です(笑)

| | コメント (0)

«営業手法