« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

ユーノスマークのホーン

MOMO用のユーノスマークホーンボタンがあるのは知っていた。

軽井沢の駐車場で何の気無しに見ていていたところ、
MOMOホーンボタンをNARDIハンドルに取り付けるアダプターが
一緒に並んでいた。

120531

即買いです。

通販はこちら

| | コメント (0)

生きる

軽井沢入りの前日、深夜着で娘のアパートに入った。
朝、南向き窓のカーテンを開けて苦笑い。
医療系専門職とは言え、若いから給料が安いのは知っている。


120530


プランター3つ分の経費は既に回収し、現状毎日利益を生んでいる
との話。
我が娘ながら漫画みたいな貧乏女。

父親としては話を聞きつつ苦笑い。
頑張れ娘、給料が上がって生活が楽になる日まで。

| | コメント (8)

松本

軽井沢前日の土曜日、時間があったので松本市美術館へ行ってみました。

目的は宇都宮美術館所蔵の「モダンデザイン」と言われる工業製品を
見たかった。

ところが、
松本市美術館に到着した瞬間、
瀬戸内海の島で現代芸術を見た時を思い出した衝撃。

120529

あの堤防の上にあった水玉のカボチャをデザインした人が、
松本出身の方だったらしく「多くの作品が常設展示」されていました。

かぼちゃだけを見た時はあまり気になりませんでしたが、
まとめて見ると凄い。
芸術家になるには「一線を越えないと無理」なのかもしれない。
圧倒され声も出ません。
凄いです。

| | コメント (0)

軽井沢20周年

遊んで下さった皆さん有り難うございました。

雷がゴロゴロ言い出したので慌てて15時過ぎに撤収。

そのまま東部湯の丸のアトリエドフロマージュに寄ってピッツァ食べつつ
コーヒー飲んで休憩。
自宅着弾は深夜0:30でした。

久しぶりの「寒くない、雨の降らない、遠くまで見える」軽井沢を満喫(笑)
皆さん、来年も宜しくお願いします。

| | コメント (4)

プロの缶切り

プルオープンの缶詰が増えたので滅多に使う事が無くなった道具が缶切り。
使う事が少なくなったとは言う物の無いと困る道具。

 ガンジー300番缶切

120524


手元に有るこの品は、私が小学生の頃から使っている品なのでざっと40年。
昔、店頭売りは無く業務用品ルートで喫茶店やレストランの厨房でひっそり
と相当数の店で使われていたと思われる品。
実家が喫茶店をしていた時代に使っていた道具を奪い取ったのがこれです。

これ一つで 缶切り こじ開け 栓抜き の3つを普通にこなせます。

栓抜き単独性能はさすがにビール瓶栓抜き専用機には敵いません(当然)
この商品は「缶切り」に栓抜きをオプション装着したと理解してください。

しかし、「栓抜き」部が缶切り作業完了後そのまま持ち替えずフックに引っ
かける穴として有効に使える事に感動して欲しい。
ガンジー300番は全てのデザインに無駄がない。

 ・
 ・

驚く事に40年前の商品がまだ買えます
写真で見る限り変化は全くありません。
しかも驚くほど安い。
プロの道具で40年以上使える商品が今でも数百円で手に入る。
但し、右利きで引き切り専用です。

我ながら道具に対する執着心は凄いと感心します(笑)

| | コメント (2)

バルケッタ

 マツダとフィアットが協議中

次期フィアットバルケッタがマツダロードスターって事なのか、
アルファロメオブランドでFRロードスターモデルを出すと言う事なのか。

次期ロードスターがFFになるって話だけは勘弁(笑)

フォード提携時代とは違う 楽しい未来 に期待するだけです。

| | コメント (0)

Beetle

新しいBeetleは米国向けデザイン。
リアだけ見たら完全に米車。

最近のように発表から発売までの時間が長いとデザインを見慣れて
しまい手に入る時には新鮮味が無いから購入衝動が起きない。

 ・
 ・

国民車構想のBeetleはPOLOと同じ1.2Lで良いかもしれませんが、
高額車になったBeetleはPOLOとはユーザーが望む物が違うので、
このままでは足りない物が有る。
試乗の必要すらない基本的な話。
現状はNAロードスターに昭和60年頃のボンゴバンの1.8Lガソリン
エンジンをそのまま載せたような話。

現行1.2Lターボエンジンは実用の品であって趣味の品とは違う。
Beetleは趣味の車。
ポジションはminiと同じ、POLOとは違う。

VWの事ですから全てが完全に確信犯的行為には間違い無い(笑)
もう少し突っ込んで見れば、米国人を騙すだけかもしれません。

| | コメント (0)

レンズクリーナー

カメラを使い始めた頃からレンズクリーナーは
フジのレンズクリーナーフジのクリーニングペーパーだけ。

これだけを使って30年以上。
掃除する回数は少ないし、液とペーパーが同時に無くならないと
言う理由もあり他の商品に浮気するタイミングを毎回逸してきた。
と言う話は単純に屁理屈で、単なる貧乏性。

今回ペーパーが無くなったタイミングで新しい商品に挑戦、
(などと大げさに言う話ではない)

KINGの個別包装タイプクリーニングティッシュ

無駄に大きい数年分の液体が入ったプラボトルを撮影に行く度
カメラバックに突っ込むと言う無駄な重量とカメラバック内で
液体が漏れる危険性から開放されます。
しかも、カメラバックにレンズクリーナーを入れたまま飛行機
の機内持ち込みができるようになります(これ重要)。

唯一の欠点は、毎回アルミ箔付きの燃やすゴミが出る事。

それはさておき、
数百円の商品で小さな喜びを味わえる自分に笑ってしまいます。

| | コメント (11)

猫の王国

アイシアのフードは買った事が無いのですが、
最近このCMが気になる。

 AIXIA猫の王国

なつめにティアラを被せて写真を撮りたくなるから(笑)

120521

ブラッシング以外は触られる事が嫌ななつめには無理です。

| | コメント (0)

ベアリング

ベアリング音が出ていたのはレリーズベアリングではなくパイロットベ
アリングの音でした。

予想通りクラッチもクラッチカバーも交換されていて、まだまだ使える
状態でした(嫌いなので再利用しませんけど)。
交換時、面が出せていなかったかセンター出し不良かその両方か。
パイロットベアリングはフライホイールから1/3抜けてました。
フライホイール固定ボルトもシール材無しの再利用だったけどオイル
まみれになっていたのは1本だけ。

クラッチ交換するときはパイロットベアリング同時交換。
パイロットベアリングを交換していないレベルの作業なので、オイル
シール類は全部オイル漏れ。
これも同時交換すべきだと思うのだけど、なんでクラッチだけ変える
のかが理解出来ない。

ロードスターは専門店に出すか、ちゃんと理解して作業してくれる人に
頼むべきです。

 ・
 ・

修理してクラッチのベアリング音が消えたら、
リア左のハブベアリングの音が気になり始めた。

旧車の修理作業に終わり無し。

| | コメント (0)

信号待ちで今を見る

何時もの信号で信号待ちをしていると、
正面に見えるクレーンの数で地元の景気が解る。

120518

クレーンと言わず港湾設備全般受注が多い。
それらは10年前だともう2度と日の目を見る事は無かったと思われるような
石炭搬送設備とかにまで話は及ぶ。
半導体設備投資がここまで落ちて、
液晶設備投資がここまで落ちて、
太陽電池製造設備がこんなに短期間で利益の出ない設備になって、
何が出てくるかと思えば、
昭和40年代の石炭設備のリニューアルや、
昭和40年代の製鉄設備のリニューアルなど、
もう笑うしか無い不思議な状況。
そして昭和40年代を知れば知るほどこの20年の技術の浅さに愕然とするわけ
です。

このまま進むと日本にどんな未来があるのでしょうか。

この20年と同じ事をあと20年続けると日本もギリシャになりかねません。
まあそれまでに多くの国が沈没して何時目を覚ますか沈む国に足を引っ張ら
れるか全ては政治家の腕次第だと「他人の責任」にするから駄目なのです。
今の政治家を選んだのは残念ながら自分。
などと考えながら信号待ち。
実はこれがストレスの原因(笑)

だから何も考えず長距離移動をするのが気分転換になるわけです。
次の気分転換は月末の軽井沢。
さあ、それまで頑張って目先をこなします!


| | コメント (6)

手配漏れ

クラッチ関係の部品が揃ったと思っていたら、
クランク後ろのオイルシールの手配漏れ。
素人の部品手配はこれだから時間がかかる。

NBレインレールも入荷した。

何が来るか解らない「リベット」も手配してみたら、ブラインドリベット
ではなく、芯棒が付いていないアルミリベットがやってきた。
そんなリベットを綺麗にかしめる工具はもっていないので、
ブラインドリベットを使うしか無いのだけど、ちょっと長目のものが必要
だから「無駄に大量に一箱」買うしかない。

無駄と思わず景気回復への参加と考えたにしても、
今回の作業以外では使わない気がする(笑)

| | コメント (0)

iPadの液晶

今月号のMacFanでiPadの色温度ばらつきを検証しています。
現実友人の物と自分の物を比べても「差」を感じる事が多いのですが、
間違い無く差があったと言う話。
サンプル数は少ないですが何だかなぁと言う感じ(笑)

だって、液晶に金を出すのがAppleです。
その液晶にばらつきが多いのはどう考えても問題。

と言う事で、
今度出てくる高解像度なMacBookProやiMacは手間を投入して安定
した液晶画面に期待してます。

| | コメント (0)

バックアップのバックアップ

日曜日0:00のバックアップだったので被害は1日で済んだ。
復旧出来なかったのはデーターサーバー上で共有作業中の3D
データのみ。まさに不幸中の幸い。

故障前の構成
DELLのサーバーx1台
テラステーションx2台
テラステーション用USB-HDDx1台

 ↓ 現状

DELLのサーバーx1台
テラステーションx1台
テラステーション用USB-HDDx1台
DELLのサーバーに外付けUSB-HDDx1台

120516

とりあえず目先復旧優先なのでケーズデンキに走ってUSB-HDD
を買ってきてバックアップのバックアップを取ってサーバーに
ぶら下げて共有設定。

最終的にNASを何に買い替えるかはまだ迷い中。

サーバーは内蔵SCSI-RAIDなので今さら増設するのは無駄金。
中途半端価格帯のソフトウエアRAIDは何を買っても突き詰める
と「運」。
かと言って部品のMTBF数値だけを見て冗長化を考えると、
無駄にお金が必要になるので何処で妥協するかが小企業。
当面の問題は、
DELLのサーバーで稼働しているOSがWindows2000サーバーなので
どうにかしないといけないと思いつつ既に数年経過。
DELLなのにこれだけは壊れていないのが凄い(笑)

このブログが「故障日記」で「修理日記」と化している現実。

| | コメント (0)

RAID5もどき

所詮ソフトウエアRAIDの安い機械に信頼性は無い。

1205152

信頼性と値段は比例する。

かと言ってハードウエアRAIDでも基板故障で逝ってしまう事もある。
サーバーに高価なSCSI-RAIDカード組んでもカードが壊れて全部
消滅という場合も有る。
結局はバックアップが命。
そしてそのバックアップもHDDに保存するしかないサイズ。

今回はこのHDDらしい壊れ方で、例によってRAID再構築が出来ない。
基板故障の典型でIPアドレスが吹っ飛んでLANからも消える。
しかもLAN関係の初期化が出来ない(笑)
外部HDDへの1週間に1度(毎週日曜日)の自動バックアップデータ
があったので、最悪のパターンにもかかわらず即死ではなかった。

データだけの世界になった時、
個人レベルで完全に安全に保存し続けるって事はもう無理な話。
クラウドのデーターセンターを使うのが一番という結論ですが、容量と
値段と未来への信頼性で戸惑いが残る。

取りあえず目先の修復中、、

| | コメント (0)

テキーラ

120515


こんなメキシコっぽいアロエみたいな植物からテキーラが作られ
るとはまったく知りませんでした。

とても解りやすいPOPを取り付けてくれた学芸員さんに感謝。
だって、隣にある植物学名説明の立て札だけだったら誰も気が
つかず、結果植物園が楽しく感動も無いから興味が減る。
学芸員さんのちょっとした遊び心が来る人に興味を持たせるきっ
かけになる事は間違い無い。
それを見た未来の植物学者になる子供が育つかもしれない。

しかし、子供がテキーラに反応するとは思えないと言う話は
置いておく(笑)

 ・
 ・

それはさておき、
人間はどんな場所で生活していてもその場所にある植物で何とか
して「酔っ払うための酒」を作る努力を惜しまないと言う事が
非常に良く解ります。
暑い国から寒い国まで何処に行っても人間がいれば酒がある。

なんで人間はそんなに酔っ払いたいのだろうか。
飲んだら頭痛しか経験出来ない私には永遠の謎。

| | コメント (2)

クラッチ

Sr2に幌を乗せるためNB用レインレール一式を注文したばかりなのに、
追加で部品注文。Sr2のクラッチ関係です。

現状あっという間にリザーブタンク内のフルードは真っ黒になる、
ジャダーは使い始めてマシにはなったけれど完治したわけでもない、
当然の事ながらレリーズベアリングの音も気になる。
パワープラントフレームに固定されたワイヤーハーネスクリップは数
箇所破壊されていたし、ボルトに傷も合ったので間違い無くミッショ
ンを下ろした履歴はある車体なのですが、過去は解らないし現状は変
わらない。機械なんだから当然の話。


諦めて部品手配しました。


120514


マスターとレリーズはバラしてみたらASSY交換になってしまう内面
かもしれません。
多分大丈夫だろうと信じてインナーのみ手配。
フライホイールは変な焼きや表面クラックが入っていない事を祈る
だけでバラしたら交換決定かもしれません。取りあえずボルトとベ
アリングだけを手配。
クラッチホースとミッションエンドのオイルシールは問題が有るわけ
では無いのですがついでに交換予定。
ミッションのオイル漏れは下ろしたときに確認予定。

 ・
 ・

軽井沢MTと言えば、今年もマツダ部品定価改定の時期。

ガレージに放置したままのR-LTDカビまみれ幌をどうするか迷い中・。
値上げは間違い無いのでとっとと部品手配が正解。
問題はお小遣い。

| | コメント (0)

プログラム

私は色々な物の見方が偏っているのは事実。
それが「趣味」ってやつです。

高速で動くサーボモーターが多数付いている装置よりも、
数少ないモーターでカムやリンクを駆使した装置が好き。
CGに感動はないが、特撮には感動がある。

120513

織機で使用するプログラム。
多分当時の職人はこの穴を見ただけで製品を想像出来ていたに
違いない。

| | コメント (4)

シェルビー

キャロル・シェルビー氏が他界

この人がいなければ米国人の嗜好が変わっていたかもしれない。
この人がいなければマッスルカーと言う分類がなかったかもしれ
ません。

ご冥福をお祈りします。

自分がもうすぐ50歳なんだから、
自分の夢の人達が死んでいくのは自然の摂理。

| | コメント (4)

日本語入力

私はアプリケーションソフトを使って仕事をするだけの人なので、
ソフトウエア業界の常識は知らない。

英数字は半角、
カタカナは全角、
漢字は全角、
スペースは全角か半角かは前後のつながりで決める。
半角スペース二つ入った全角サイズのスペースとか非常に気になる。
古いシステムで半角カタカナ入力が強制されているとちゃぶ台を返し
たくなる。
住所登録フォームに住所を記入するとき、地番の数字を全角変換し
ないと入力出来ないフォームを作る人の趣味が解らない(条件付け
が楽なのは理解しますけど使う側には邪魔)。

そんな事より、
一番邪魔で腹が立つのは、
WindowsUpdateである日突然削除しているMS-IMEが復活し、
入力ミスに気がついた時はATOKが動いていない時。

OSを寡占するって事はこういう事を自由にできる力を持つと言う事。
何だかなぁと思うけれど自分ではどうしようもない話。

| | コメント (0)

ドライビンググローブ

出張の帰り道、
鈴鹿さんに寄ってきました。

寄った理由は 新製品のドライビンググローブの現物確認 。

振動が少ない車には今までのドライビンググローブが良いですが、
革が分厚い分手当たりがソフトになったので自転車にも使えそう
な感じ。

120511

即買い (笑)
ついでに、長指型のドライビンググローブのSサイズも購入。

手袋はあわせてみないと良さは解りません。
サイズと物を確認したい方がいれば今度の軽井沢MTに持って行きます。
(行けるかどうかは仕事次第になってきていますが)

私の手元に有るのは、
1.Deer samis ドライビンググローブ半指 サイズM 黒
2.鹿革ドライビンググローブ <半指タイプ>ブラック サイズM 黒
3.鹿革ドライビンググローブ <長指タイプ>ブラック サイズMとサイズS
4.サーキットグローブ 赤 サイズM

見たい人、現物サイズを確認してみたい人いるかな?

| | コメント (0)

PayPal

ソフトバンクPayPal

お金をつかむ事にかけてはある意味天才的な才能。

| | コメント (0)

安物買い

アルミパイプの仕上げ拭きに使おうと思って安かったので買った。

120509

駄目です、
ウエスとしての性能は無いし、マイクロファイバーとしての性能も無い。
ええ、安いだけです。

マイクロファイバーなのに「使い捨て」にしか使えない。
これなら、ネルウエスの安いヤツを買うか、
コストコでマイクロファイバータオルを買うのが正解。

物は常に値段なりなのに定期的に失敗するのが貧乏人(笑)

| | コメント (0)

電子データ化

真空ハンドブック

この本とプログラム関数電卓無くして真空装置の仕事は成立しなかっ
たのが手描き製図時代。

手元の本を代理店の営業マンから入手したのは84年なので数える事
30年近く昔の話。
背表紙の接着剤が剥がれても、糸綴じ製本だったのが幸いで修理し
つつ今まで使えた。 

 ・
 ・

30年を経た私の手元にはiPadがある。
画面拡大も出来るので老眼鏡も要らない。
冷静に考えると、新品を買うと苦手なISO単位「だけ」になるし、
ページ番号も違うので使い勝手は相当悪くなる事間違い無しと判断し
分解してPDF化する事にした。


120508_2


ここで新しい問題が一つ。
このゴミにしか見えない分解された汚くて古い本を再製本せずに捨て
る事が自分に出来るかどうか(笑)

| | コメント (0)

大丈夫?

これは、、、

皆さんご無事でしょうか

追記
凄いけど冷静そうで何より。

| | コメント (2)

エアフィルター

120506

ガレージに残る最後の1個を使った。
マツダスピードに在庫は無い。
流通在庫も無い。

マツダスピードと言う名のARC製インダクションボックス。
ARCのDタイプフィルターが使えるから良いかと思っていたのですが、
そのARCの製品も流通在庫限りのようです。

倒産したけどどうやら再建中みたいです。Webページを発見

最悪は純正エアクリーナーBOXを付ければどうにかなるのだけど、
性能は悪くてもこの「金色の箱」に意味がある(笑)
しかし、グズグズのボロボロになるスポンジフィルターの何が良い点なのか
全く解らない。
このインダクションボックスも、純正フィルター寸法で作っていれば、
だれも未来で苦労しない。

MSだって会社を止めるとは当時は思っていなかったでしょうし(笑)

| | コメント (1)

ぐっすりニャ

睡眠記録アプリ
Appleな人専用でした、残念。

真剣に自分の睡眠を調べたい今日この頃(笑)
精神に問題が有るのか、枕に問題があるのか、ベッドに問題があるのか、
全く改善努力をせず薬に頼る性格に問題があるのか。

最後の項目が一番の問題。

| | コメント (7)

黄色

今の新車では使えない黄色にしてみました。

120505

より一層間抜け顔になるのが素敵だ。

このマーシャルブランドのリメイク品。
ボロさも過去を真似ているかもしれません(笑)

| | コメント (0)

Sr1を掃除

凄まじく汚れていたので久しぶりにSr1の掃除。

蚊にも襲われず、
Tシャツ一枚で丁度良い涼しさで、
日向に出れば程々の日差し。

120504

腰が痛くなって作業中断。

| | コメント (0)

670km

人を乗せて大型車(バス)運転して670km/日は大変。

自分と助手席に1人で片道1000km/日ならTTだとOK。
同じ状況でもロードスターだと800km/日くらい。
そのくらいに納めれば、翌日朝からちゃんと仕事が出来る疲
れ方に収まる。
もっと疲れない良い車だと1200kmでも多分大丈夫。
ジープだと300kmで翌日寝込みます。

つまり、全て値段なり。

バスを運転する一番の問題は「自分でコントロール出来ない
環境におかれてしまう」と言う事。
自分の責任で走るなら何時でも休憩できるし何時でも目的を
諦める事だって出来る。
職業ドライバーは距離を乗らないと所得が増えないし、途中で
疲れたからと言ってたっぷり休憩をとる事すら出来ない。
それはトラックでもダンプでもバスでもタクシーでも同じ話。

バスの運転距離基準を作る事が良い事だとは思いません。
タクシーが最低距離単価を調整するように、
バスも距離単価を調整すれば良し。
無理な価格競争のしわ寄せは運転手にのしかかり、その被害
はそれを選択した客が被ります。

自由経済と社会主義経済の良いところ取りが日本のはずです。

| | コメント (0)

長寿命

Sr1ロードスターで使っているバッテリー。
指折り数えたら既に12年(笑)

隣に見えるCDチェンジャーとかTVチューナーは2000年モデル。
TVチューナーに至っては今はもう何も受信出来ない、

120503

決してロードスターのトランクルームは温度が低いわけでは無い、
それでもエンジンルームよりは相当マシだという事。
充電電池をエンジンルームに置く事が間違い。

| | コメント (0)

純正泥よけ

「不細工で安っぽくて取って付けたような素材色に腹が立つはずです
から付けるのは止めて下さい」と言う営業の言葉に嘘は無い。
車体色が黒だから素材色でもまだマシですが、車体が白とかシルバー
だとかなり目立つプラスチッキーな色。

リアは駐車場の車止めさえ気にしていれば良いのですが、
フロントが・・・、

120502

写真は空車の静止状態。
泥よけとしての性能は申し分ないけれど、その長さはラリー車並。

大人が4人乗ると高速道路の少し大きいギャップで容易に擦る。
レートが低い+減衰力設定が120km/hで4人が限界の純正セッテ
ィング(実際の数字はしりませんが、テストコースで乗った感じが
そのくらいという話)なので、バネ+ショックを交換しない限りどう
にも出来ない。
無積載で(運転手も乗らず)計って65mm~70mmのクリアランス。
平均60kgx4人乗車だとフロントは常時50mm以下のスキマしかない
わけです。高速道路で擦るのは当然の話。

泥よけのインナーフェンダー側は多くのネジで止まっているので
簡単に外れる事は無いと考えて、後ろ側でボディ下面リブ部分に
クランプ固定している金具を取り外し、擦って擦って自然に短くな
るまでこのまま使ってみる事にしました。

通常走行で何かを踏み越えない限り、インナーフェンダー側のネジ
を引きちぎるほど後ろに引っ張られる事は無いはず。
壊れなければ自然に丁度良い長さまで短くなるはず(妄想)。

もしかしてVWはそう考えたのか(笑)

| | コメント (0)

エンジンオイル

10月からの丸7ヶ月で総走行距離が6600kmの6R-POLO。
オイル交換もオイル補充もしていません。
1ヶ月点検と6ヶ月点検でオイル量の点検をしただけ。

ターボが付いている車なのでそれなりに気を使うべきなのでしょうが
純正全合成低粘度オイルでどれくらいの状況になっていくのか確認し
てみたいというのが本音です。
日常の足として購入したので余分な経費は投入しない。
手間は今まで通り普通に投入します。

トータル5年間の新車延長保障が切れた時、
ある日突然大きな故障が起こり、
原因が「エンジンオイル」にあった時は次の車で考え直す。

今回のサービスキャンペーンでエンジンとDSGのプログラム更新は多岐
にわたるようですし、タービンASSY交換の原因になっていたアクチュ
エータの問題もVWが原因を掴めたからサービスキャンペーンを行った
に違いないと思いたい。

そして、この結果6R-POLOは遂に壊れない大衆車に育った(笑)はず。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »