« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

ドーナッツ

新型軽四のカタログ写真に驚いた。

チョコレートコーティングドーナッツを助手席の子供に食べさせる

一口食べると砕けて落ちるチョコレート、
口を離すと落ちる粉砂糖、
万が一、子供が咳き込んだらどうなる事か。

あ~、想像するだけでも勘弁出来ません(笑)

| | コメント (0)

LTE来た

この速度なら何でも出来そうな気がする(笑)


出張時しか恩恵に授かれなかったauの高速通信網LTE。
ようやく、遂に、地元で捕捉。

多分正式サービススタートは2月末だと思いますが、今日時点で
既にドコモのXiよりauのLTEが平均体感で上位になりました。

田舎はドコモの鉄則は、FOMAと共に地に落ちたまま浮上せず。

| | コメント (0)

柔よく剛を制す

日本人が体格に恵まれなかったら柔の道が生まれた(多分)。
そんなくだらない事を考えながら写真を撮っているから、
何時までたっても良い絵が撮れない。

幾ら乾いた軽い雪だとは言え、
この細い枝で支えるには全体が上手くしならないと間違い無く折れる
応力だよなぁ、、 なんて考える。


130226


私の場合、周りの物音が聞こえないほど一つの物事に集中できた
例しがない。それは物心ついた小学生の頃から変わらず。
私が撮った1000枚と嫁さんの1枚を見比べると良く解る。
それはもう、現場写真と芸術写真の違い(笑)

ふかん(俯瞰)しつつネタを捜すような私みたいな輩は先が無い。

| | コメント (0)

不断桜

130225

こう言う桜だと知っていても、なんとも不思議な風景です。

| | コメント (0)

大きくならない

猫は大きくなるものだと覚悟しているにもかかわらず、
この子は何時までも子猫サイズ。

130224


体重は最近ようやく2.6kgに達したところ。
このままのペースだと3kg超えは難しいかもしれません。

なにせ食べない。
なにせ空腹を主張しない。
こんな同居人は人生で初めてです(笑)

| | コメント (0)

縄張り意識

先住たる夏芽がどこかで寛いでいたとする。
そこに葉菜ちゃんがちょっかいを出しに行くと、
夏芽は「ふぅ~」と一発吠えるのですが、戦わず自分から立ち去る。
最終的に毎回葉菜ちゃんに場所を譲る。

葉菜ちゃんが夏芽のお気に入りの場所で寛いでいたとする。
そこに夏芽がやって来た場合、
どちらも吠えず夏芽は鼻キスして臭いを確認するだけ。
最終的に葉菜ちゃんの邪魔をせずあっさり立ち去る。

さながら「おまえなら仕方がないな」と言う大人の風格(笑)

野良猫世界において縄張りの死守は生きる事や子孫を残すことに直結
する最重要項目かもしれませんが、
どんなに喧嘩をしても最終的に「飯」を分かち合う家猫世界では
縄張りを主張する意味は無いって事を知っている気がします。

130222


| | コメント (0)

税金

世論の声を聞く意味が無いのが税制。

「たばこ税」
たばこを吸わない人が上げろと言う。
「酒税」
酒を飲めない人が上げろと言う。
「自動車税」
車を持っていない人が上げろと言う。
「相続税」
金持ちの人は下げろといい、金持ちでない人は上げろと言う。
「固定資産税」
借家住まいの人は上げろといい、固定資産を持っている人は下げろと言う。
「法人税」
経営者は下げろと言う。


そんなことはさておき、たとえば一番身近な自動車を考えてみる。

自動車税はエンジン排気量で決まる。
重量税は車の重量で決まる。

二重課税の問題はさておき、なにか足りないと思いませんか?

そうです、固定資産税に相当する「ものの大きさに対する税金」が無い。
日本の国土は狭いのだから場所をとる品からは税金を取るべきです。

なぜ車検証記載の 全長x全幅x高さx重量 の数値に応じて課税しない?
宅急便でも重量と大きさで値段が決まるのに不思議だ(笑)
軽四を優遇するのではなく重量税の考え方をあらためれば良いだけ。

| | コメント (0)

三千院

ごった返す紅葉時期と比較すると多少閑散としていますが、
冬場でも訪れる人が途絶えない不思議な空間。

130221


| | コメント (2)

冬景色

京都へ行こう。

130220


| | コメント (0)

椅子

耳障りなキシキシ音が事務所に響くので、重い腰を上げて点検。


130219


支点軸とズレ止めスペーサーと軸穴位置が真っ直ぐになっていません。

軸受け部が油膜切れして背もたれリクライニング初動動作時にガタツキを
生み、偏荷重によって偏摩耗と変形を生んだ。
定期的に分解して軸と軸穴にグリス給脂して使っていればまだ壊れていなか
ったと思われる構造。
つまり、15年で壊れたのではなく私の整備不良で壊したが正。

変形した軸を作り替え、軸によって穴がいびつに広がった軸受け部(板金に
丸穴が開いているだけですが)を少し大きく追加加工して、調整用ツバ付き
金属カラーを入れれば修理可能。
手間代プライスレスで5000円~の修理。
とりあえずまだ完全には壊れていない同型式の椅子はグリス給脂して予防整
備は完了。

同じ椅子を15年使って、分解整備してまだ使うつもり(笑)
ちなみに、同じ部品が同じように壊れるので、壊れた椅子を部品取りにする
事が出来ないのが少し残念。

| | コメント (0)

ホテルの引き出し

ビジネスホテルの引き出しと言えば、
不思議な和訳の聖書が定番(いつの話だ)なのですが、

APAの場合は経営者の本がお約束。
今回読んだのはこの本
もう一つこの本も入っていたけどそちらにはいたらず。
漫画も読みましたがうーん(笑)という感じ。

TVを見なくて済むので乱読する人間には宗教本以外を置いてくれたら
それで良いので問題無し。

先日のサイバラ本にあった、
「人の幸せを妬む人は、自分が今幸せでないと言っているような物」を
実感出来る読了感。

余裕の有る人は、「こう言う見方も有るんだな」で終わり、
余裕の無い人は、「自慢話と屁理屈をこねている」で終わる。

成功した人の自慢話を鵜呑みにするのは間違いですが、
自慢話の中から本人すら気がついていない「何か」をつかみ取る事が
出来るかどうかが引き出しの広さ(笑)

| | コメント (0)

サイバラ本

子供ネタは椎名誠の「岳物語」を超える作品はまだ無い。
知識としてのネタは池上彰の何を読んでも解りやすい。
勝間和代さんとか香山リカさんの本は1冊読んでも得る物が非常に
少ない。下手すると一行程度の事も多い。

マルチな方面の文章を書くサイバラこと西原理恵子さんの場合、
子供ネタとか旦那ネタとか時事ネタとかは非常につまらないのだけど、
これは面白い。

日本語が理解出来る人全て購入価格の元は取れます(笑)

質問と回答形式の文章ですが、ちゃんとどうにもならない所は話を変え、
どうにかなることは質問者が安心する方向に的確に回答しています。
勝間和代さんのカタカナ語連発の文章とは対極。
香山リカさんの答えのない文章とも対極。
全てに何らかの形で落としどころを捜している素晴らしい内容。

| | コメント (2)

床下防錆

購入後2回ディーラー車検を通したTT。
さすがに6年目になると足回りの錆が気になるようになってきた。
雑な人にシャーシブラック吹かれて床下や他の部品に塗料が飛び散
るのは大嫌いですが、冬でも走る車の床下を塗装しないのはもっと
良くない。
なにせTTは「1年の中で冬の稼働率がもっとも高い+寒いから掃除し
ない」と言う錆びないはずがない環境要因。
手元にある多くの車の中で最悪の稼働条件。

と言う事で、今回使った塗料はこれです。

130214


ノックスドールの独特な色はどうにも雰囲気を崩してしまうので、
純正アームの塗装色に近い色味でスリーボンドの塗料を選択。
床下なので色なんてどうでも良い話しと言えば身も蓋も無い。

 ・
 ・

苦しい体勢で床下作業をすると、
必ず二柱リフトが欲しくなるのはお約束。
稼働率を考えると絶対に買えないのですが、車を買ったつもりにな
れば新車の値落ち僅か1年分でリフトの中古品が買えるのも現実。
買えば手持ちの全ての車で楽が出来る。
(今は場所も無いけど)

道具で少し楽をすると、余裕が生まれるので、良い仕事が出来る。
何の仕事でも何の遊びでも全て同じ。
手元の道具で知恵を絞ることは必ず必要ですが、人間は道具を上手
に便利に使うから人間。

悩ましきは買う優先順位。

万物に物欲溢れる私の場合、まずは宝くじの購入からです(笑)

| | コメント (0)

RS Plus Coupe

2006年にフルモデルチェンジした二代目TTもそろそろモデル末期。
次は見えてきませんが、遠く無い事は確かです。
ポルシェがモデル末期にターボSを発表するのと同じで、
Audiもモデル末期にハイパワーお得商品を市場投入する。
欧州車は最終型が最良が鉄則。
但し今回のTTの場合、デザインだけは少々しつこすぎる感。
デザインは3.2クワトロのクーペモデルが一番シンプルでシンメトリー
で美しい。

しかし、エンジンパワーは幾らあっても足りないのが現実。
且つ3.2クワトロはエンジン重量の影響を避けることが出来ず、素人の
運転速度でもエンジンの重さによる不自由感を時々味わう。
結局その欠点を逃げる手段がエンジンの軽量化でしか無かった事は
誰が運転しても解る現実。それでも先代TTよりは遙かに良い。
Audiにしても新型5気筒が安定するまでの繋ぎが狭角V6エンジン搭載
だった事は間違い無い話し。継続投入のつもりは一切無かったはず。

そう言う意味で欧州先行で販売されていた軽量でハイパワーな5気筒
エンジンを積むRS Plus Coupeは最終形として非常に魅力的。

 ・
 ・

だけど、
この車を買うメリットは、
多分誰にも買い替えた事を気付かれない事。
この車を買うデメリットは、
極上BMW-M3認定中古車が手に届くお金が必要な事。
購入金額だけを見ると、新型ケイマンの安いモデルに手が届く。
となると、TTを買う目は無い。
次期M3がどうなるかは不明ですが、時代が時代だけに排気量が小さく
なる事は確実。
となると、
無駄に大きい排気量の車を経験するのは「今」しか無いかもしれま
せん。例えば、Audi-RS5とかAMG-C63とかBMW-M6やM3。

う~ん、、悩ましい > 馬鹿 (笑)

| | コメント (2)

GS修理送り

ガソリンスタンドではない。
スズキの古いバイクでもない。

セイコーの時計の話し。

先日の土曜日、購入店に電池交換するつもりで持っていっただけなのに、
技術者との問診の結果メーカー送りになりました。
話を聞くと、電池切れが近くても1ヶ月で数秒ずれるのは「精度外」らしい。
(私の中ではもの凄く性能が良いと言う理解だったのですが)
丁度3年と数ヶ月使ったところなので、車で言う初回車検みたいな物と考え
メーカーに送ることにしました。

しかし、GSを修理送りしてしまうと、スーツ着て腕に付けられる時計を持って
いない現実に気がついた。

丁度店にセイコー100周年記念モデルのパンフレットが有ったので見て
しまいちょっと心が揺れたわけです。
少し話を聞くと、5月か6月にGSの100周年モデルがでるらしい。
それの「値段とデザインを見てから」考える事にしました。

物欲終わり無し(笑)

| | コメント (2)

冷却

クールフィン

私の年代だと、二輪空冷エンジンのフィンにアルミの洗濯ばさみ
を挟むと良く冷えると言う話を思い出す。
今では「アルミの洗濯ばさみ」を知らない人が多いので想像が
できない絵だと思います。
実はまだ国産品を作っている会社があります。
雑貨屋巡りが好きな女性を友人に持つ人は目にしたことが有るかも
しれませんね。

 ・

自然放熱は単純に温度差と表面積の関数ですが、放熱表面までどう
いう経路で熱が伝わるかで状況が変わるのが放熱効率の問題。
一般的には放熱フィンを機械加工で削り出したり、鋳物形状で形を
作ったり、多くのボルトで締結したり等、放熱面への熱伝導高効率
化に知恵を絞る。

熱伝導性両面テープに何処のメーカー品を使っているにしても、
両面テープの熱伝導率を考えるとメリットは少ない。
物によると、今まで効率良く放熱していた面を効率の悪いテープ
で覆ってしまった事と同意になる場合も有るかもしれない。
枯れ草や燃える物を引っかける危険性が増えるのでデメリット
は増えるはず。

 ・
 ・

なんて言うものの、

今度この会社が潰れるとNAに使っているマツダスピード製エアクリ
ーナーケース用交換フィルターが手に入らなくなる大問題が存在する。
と言う事で、
なんとか、馬鹿売れ=高利益を叩き出して欲しいものです(笑)

と言う、非常に自己都合な話しで締めます。

| | コメント (0)

コタツ

最初は、コタツの中で丸くなり、
段段と、コタツの中で開いてきて、
最終的に、こうなる。

130211

葉菜ちゃんは飛べない猫なので、
犬と猫の中間の感じが絶妙(笑)

| | コメント (0)

富士山

関東の人には日常の風景ですが、
四国の人には非日常の風景。

130210


江戸の時代の昔から、多くの芸術家が描き続ける理由がなんとなく
解る格好良さ。

 ・
 ・

羽田出発ゲート窓越しiPhone撮影がかなり悔しい。
せめてGRデジタルを鞄に入れておくべきでした(笑)

| | コメント (0)

iMacのモニター

出張帰りに時間が少しだけ余ったので、銀座Appleに寄り道。
まだ見た事がなかった、iMac27”モデルの液晶を現物確認。

良いです、あのモニター

サンダーボルトモニターも近い将来同じ構造+αになる気はしますが、
現状で見比べると比較土俵にさえ乗れないくらいiMac が圧勝。

常時Windowsでしか使わなくてもiMacのモニターを買う価値は有り
そうな製品。

| | コメント (0)

ラウンジ

急遽日帰り東京。
連休前の羽田空港ラウンジの混みっぷりは凄い。

全ての原因は、
各社ゴールドカードの敷居が思いっきり下がっている事。
敷居を少し上げれば非常識人の数は減るはずなのだけど、
なぜ踏み切れないか。

大人の事情を感じます(笑)

快適で静かだった過去を返して欲しい。
ゴールドカードは1000円取って、
プラチナ以上を無料にするだけで解決するはずなのに。

| | コメント (0)

衝突回避と車間維持

このところ営業活動で連日移動。
TTのクルーズコントロールがアクティブクルーズコントロールだったら
もう少し楽なのにと思う。
思うけど、
しょせん機械だから、
心から信用してしまうのは駄目です。
壊れるのが機械。

ましてや、某国産試乗車で助手席同乗の営業が、
「さあ、ここで、アクセルを踏んでみて下さい。」
なんて前に突っ込む命令はやって欲しくても言っては駄目です。
万が一、機械故障か動作不良で衝突回避出来なかったら責任がどこに
あるのか。
考えただけでも恐ろしい。

 ・
 ・

前走車追従車間維持クルーズコントロールは追い越し車線渋滞解消に
役立つのかどうかと考えると、
速度リミッター付大型車を追い越し車線走行禁止にしない限り解消しない
と思いますが、休日のトンネル入り口上り坂自然渋滞は減る気がします。

TTの次の実用車を買う時は装備された車を買う(笑)

| | コメント (0)

ボンゴ

某氏の日記をみて思い出しボンゴを調べた。
と言っても、マツダとOEM供給先の日産

 5MTで、
 副変速機付パートタイム4WDで、
 キャブオーバーで、
 ガソリンエンジン。

衝突安全とか
ホイールベースが短すぎることとか、
騒音とか
全く足りないエンジントルク
驚く燃費とか、
今では気になる事は多い。

昭和50年後半に作られて今でもほぼそのまま。
ボディープレスなんて昭和60年頃のモデルから前が変更さ
れただけ。
日産のNV200バンに4WDモデルが登場すれば多分消え去る
未来が決まっている商品。

1985年式に10年乗りました。
実用4WDとしては電子制御デバイスが運転に介在しない最後の
パートタイム4WDかもしれません。
現行自衛隊ATパジェロベースモデルが進めない道の先に進める
唯一の民間向け車両。

お金が有ればまた仕事用に1台買って遊びたいですね。
但し、アイスバーンの下り道は昔の軽四レベルで怖いけど。

大きな欠点は三つ。
その一、
運転席シート座面が非常に薄くて疲れる。
かと言ってレカロに交換する高さ余裕が無い事(無理矢理付け
ると座面が上がりすぎて運転ポジションがおかしくなる)。
その二、
フロントサスペンションのストロークが足りない。
その三、
馬力もトルクも無い。

しかし、
この車が今でも作られているから供給が途絶えないロードスター
の部品が相当多い事を知らないといけません。
NAロードスターに乗っている人が営業車を買う時はこれ一択(笑)

| | コメント (0)

CCAテスター

Sr1に積んでいるロードスター専用バッテリーが、AD-0002のメンテナ
ンスモード時に限りエラーで強制終了するようになってしまった。
通常モードで強制充電するとエラーで落ちずに電圧が上がって正常
終了すると言う、なんともあっさり捨てられない微妙な状態。
充電すると、端子開放電圧だけは規定値まで上がる。
しかし、充電後CCAテスターで計ると112CCA程度の数字しか出ません。

つまり、冷静にみて目の前のこれはゴミです。


130203

本題はバッテリーではなくCCAテスターの話し。

この素人のおもちゃみたいな格安テスターは予想外に使えます。
OEM品も有るみたいですが操作も構造も単純なので個人輸入で問題
無し。正規品とかOEM品は簡易日本語マニュアルが付くだけの違い
だと思われます。

所有車両が複数有り、その結果色々な種類のバッテリーを使うしか
無い状況の人にはお勧め(素人の個人的意見です)。
エンジンの数だけバッテリーの種類があるのだから管理は大変。

駄目な物は駄目と心の中で結論を出す手段として特に有効(笑)

車が1台で有ればパナソニックのこれを使うのが一番簡単で安いと思い
ますが、複数台の車にこれを付けるのは間違い無く無駄。

| | コメント (0)

iPhone5雑感

比較対象がIS03なのが原因かもしれませんが、発売初日に入手し
購入後数ヶ月たった今、iPhone5に不満はほぼ無い。

最大の問題だった地図とナビゲーションの使い勝手はGoogleのお
かげで解決した。
GoogleはiPhoneの地図に関してだけは課金しても良い位(笑)と
感じます。

WindowsXPでiCloudはあまり使い勝手が良くなかったのですが、
あっさり諦めてMacBookProで使う事にしたら、iCloud連携も非常
にスムースになり不自由感無し。
結果的に使えるようになった「どこでもMyMac」は驚くほど便利。
ルーターの設定変更とセキュリティに頭を抱える時間があるなら、
MacMiniとMacBookProとAirMacを買えば少しも悩まずに設定完了。
Androidで面倒だったことがあっと言う間にできてしまう。
こうなるとiPhone5を使わない理由が解らない。

Appleだけに利益を吸い上げられるのは気にいりませんが、
鳩山家の小遣いになるタイヤを買うよりは次の時代の為になる行
為だと感じます。

| | コメント (0)

ボルボV40

ボルボらしいと言うか、
これが発表されていたら、
POLOではなくボルボを買っていたかも。

歩行者用エアバッグ

私は本来の目的ではない目的に費用を超える効果を期待する。
人身事故を起こした際、人の顔を見なくて済むのでその一瞬を思い出せない。

| | コメント (0)

ソニーのMD

私のNA(Sr1)は、
SonyのDVDカーナビゲーションと、
SonyのMD再生+レコーディング対応デッキと、
SonyのCDチェンジャーと、
SonyのアナログTVチューナーが、
今でも搭載されたままになっています。
CDナビをDVDナビに更新したときで時間が止まったわけです。
全て2000年秋モデル(笑)

単に取り外すのがめんどくさいと言うだけなのですが、
報道を見るとそろそろ取り外さないと運転手共に化石扱い。

| | コメント (0)

受賞作品

abさんご

私は何でも読むのですが これは無理 でした。

何が凄くて、
何が文学の未来の可能性をしめして、
何が日本語の可能性を表現、
何が日本語の芸術性、
どれ一つ解りませんでした。

筒井康隆の「虚構船団」とか「バブリング創世記」を読む感覚だったのだけど、
この本は70歳を越える芸術家でないと理解できない事は解りました。
文学賞ってなんなんだろ(笑)

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »