« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

ゴルフVII

どこもかしこも新型ゴルフは絶賛の嵐ですが、少し待てばGTIが出るの
だから、黙って数ヶ月待つのが正解。
しかも、消費税が上がったら必ず値引きは増えるし、間違い無くローン
金利も下がるので、待つ事で損をする可能性は一つも無い。
自民党政権の小さいバブル経済はそこまで及びません。
ユーロが上がったら高く成ると言いますが、
ユーロが下がっても安く成らないのだから為替なんて関係無し。
単純に売れなかったら自動的に安くなる(笑)

 ・
 ・

小型乾式DSGの信頼性は低い上に、
気筒休止システムを採用し、
アイドリングストップまで付いている。
個人的には不安感を煽られるだけの新型ゴルフ。
ツインチャージャーエンジンよりも今度は恐ろしい。
4リンクのリアサス付きを選ぶともれなく気筒休止付きエンジンになる
のも騙されている感じ。

個人的にはゴルフはIVが一番安心。

燃費は悪いけど何も付いていない時代が止まった古くさい2Lエンジン。
トルコンスリップは大きいけど、何も壊れないトルコンAT。
車体の大きさも丁度良い。
ゴルフIVに乗っている人は、新型に買い替えないのが正解。
道具としての信頼性はあの年代で完成していたと言う事。

| | コメント (2)

走行距離

距離計がぞろ目だったので記念撮影。

130530


Evernoteに保存したこの写真にはもう一つの意味があって、
この距離から新ヘッドのならし運転をはじめるぞ、と言う覚え書き。
梅雨明けまでにはならし運転に持ち込みたい。

来るロードスター30周年記念の時に、
ネタ的には 33,333km 位が目標。
少なくとも 30,000km 台にはのせる必要がある(気がする)。

同じ3つながりの数字でも、
エンジン3つ目での参加だけは避けたい(笑)と祈るだけ。

最近の引きの強さだと、もう何が起っても驚かない。

| | コメント (0)

深夜着

深夜に松本に入ったので温泉に入れていない。
翌朝まずは浅間温泉。

1305291


少し遅い昼飯

1305292


名古屋定番の小倉トーストにも少々心動かされましたが、
まずはこっちを食っておかないと駄目と言うお約束。

松本に泊まる=晩飯は蕎麦かトンカツか馬のすき焼き、つまり、
娘のアパートに1泊しか泊まらない場合、昼飯は少なめにしない
と美味い晩飯が堪能できないおっさんになっている現実(笑)

晩飯は蕎麦 もとき さん。

| | コメント (0)

液状ガスケット

オイルシール取り付け部のカムシャフトキャップ。
液状ガスケットが謎だったのですが、整備書WM2025にこんな記述。

1305282

これは内容を理解して組まないとラジアルスキマがめちゃくちゃになる
気がします。
しかも、排気側カムシャフトのキャップ締め付け順序がクラセン側が最初
に成っているのも色々な意味で難しい。
間違い無く、作業者がカムの座りを確認せず締めた事が原因と推測でき
ます。
こう言う作業レベルなので、オイルクリアランスを確認してくれたとか、
すぐにでも取れそうなバリを取るとか、
きちんと掃除してゴミを取るとか、
期待しては駄目な人が組んだヘッドだった。

当時のマツダスピードBスペックエンジンの価格から考えると見知らぬ最
初のオーナーが可哀想になりました。
それが本音。
サスペンションもマツダスピードローダウンスプリング+純正ビルシュタイ
ン+NAバンプストッパーだったと言う事は、NAロードスターの良さを一つ
も味わうことなくこの車体を手放したという事。

| | コメント (2)

軽井沢へ

5月24日、17:30に仕事を終了し、18:00に新居浜を出発。
土日半額に切り替わった後、0:30頃に松本に到着予定(でした)。

 ・
 ・

姫路の手前あたりで山陽道の空きっぷりに首をかしげていたところ、
名神集中工事、吹田大津間夜間通行止め」の電光掲示板。
慌てて道路交通情報ラジオで確認。
まったくのノーマーク。
しかも25日の早朝6時が工事終了なので、気が付いた時点で既にどう
にもならない事態。
SAで工事終了まで寝る選択肢は体力的に無い。

 案1 国道で吹田から大津に抜ける、
 案2 姫路から北に抜けて高速道路で大回りする、
 案3 近畿道経由名阪国道で四日市に抜け名古屋湾岸経由中央高速。

渋滞予想と2007年版純正ナビで道に迷う確率を天秤にかけ案3を選択。
松本到着は深夜3:00を過ぎた。

日の落ちた名阪国道を通り抜けるなんて多分20年ぶりくらい。
たまには気分が変わって違う道も良し(と少し前向きに)。

| | コメント (0)

軽井沢

軽井沢で遊んでくださった皆さん、有り難うございました。
寒さ対策はトランクに万全だったのに、
暑さ対策が日焼け止めクリーム以外不十分で、
最終的に日焼けと炎天下疲労でヘロヘロ(笑)
来年は忘れない物リストに「帽子」です。

 ・

日曜日の朝、
娘のアパートから軽井沢に向かう道中、道の駅で遭遇した光景。

1305271

自分のTTが妙に現代的デザインに見えた瞬間。

| | コメント (0)

これは修理

古いカーボン三脚が蘇る」と言う記事。
スポット溶接されたボディパネル合わせ面にアロンアルファを流す事が
流行した時代を思い出しました。

構造をよく見て流し込めば問題はおきませんが、
肌別れしたら元の木阿弥なので、前処理が肝心です。

| | コメント (0)

ヘッド2個目

これが終了したヘッド。

BP05-7-2

1305241

これが出直し2個目で届いたヘッド。

BP05-12-1

1305242


1305243


おまえはホントに検査合格して出てきたヘッドか?と思ってしまう
バリですが、それでも臨終ヘッドよりはかなり機械加工が良い。
常識的に考えて、1995年のアルミ鋳造技術と、2013年のアルミ鋳造
技術が同じではおかしいのだから当たり前の話。(何時作った部品
なのかはさておき)
カムキャップを外すと出てくる水溶性切削油に現代を感じます。

よく見ると、カムキャップもフランジ形状が変わっているし鋳肌が
全く違う。しかも驚いた事にカムキャップの軸受け機械加工面に1箇
所も巣が無い。
(臨終ヘッドのカムキャップにはほぼ全部巣穴がありました。)

巣が無い事を素直に喜ぶことがマツダを楽しむコツ(笑)

| | コメント (0)

ネタの神、降臨

昨日届いた新品ヘッドAssy。

繰り返し言います。
部品で取り寄せた新品ヘッドAssy。


130523


 返 品 (笑)

検品している人間を目の前に座らせて説教したい気分。

| | コメント (0)

RCZ

少し顔つきが変わったRCZ
今回もLHDを選べば6MTとハイパワーエンジンが付いてくる。

最近どのメーカーの車もボンネットの盛り上がりっぷりには凄いもの
がありますが、必須の安全対策とは言え石鹸が走るみたいでどうにも
好きになれないのが現実。
そんなしがらみの中でRCZのデザインは綺麗。
但し、実用性は手持ちのTTと同レベルのはずなので、私には買い替え
るメリットは無いはず(多分)。

 ・
 ・

寄り道せず、真っ直ぐ993に行くのが正しい事は解っている。

NAロードスターの満足感を越える車は911しか無いのも解っている。
解っているけど今だ993カレラSの良い中古には出会えないし、
モデルチェンジし続ける水冷911にはお金がついていかない。
それが現実。

目下最大の現実問題は、分解中のBPエンジン(笑)
のんびりと妄想している場合ではない。

| | コメント (0)

一部メーカー欠品

バルブステムシールだけがメーカー欠品、納期が月末。
それ以外の消耗品はすぐに揃いそうです。

| | コメント (2)

出版責任

飯食べながらWebを彷徨っていてこんなニュースを発見。

 雑誌広告に騙されたから出版社提訴

これはどう考えても訴える手法に持って行った弁護士に無理がある。
出版社は広告料をもらって広告を載せるだけで、
出版社が広告主を審査する義務は無い。
広告で企業イメージを損なうかどうかを考えるだけだし、
たとえ企業イメージに問題があるとしても、目先の広告料をとる会社
なんていくらでもある。

「金運が上がる財布」
「モテるブレスレット」
「筋肉隆々になるブルーワーカー」
「視力が少し回復する眼鏡」
「身長が伸びる手段」
「パチンコ必勝法」

 ・ 
 ・

それは枚挙に暇無し。

| | コメント (0)

86のハンドル

友人の86が納車になり、ナラシが終わったとの事でちょっと借りて乗っ
てみた。
十分にフロント荷重になっているはずなのにハンドル切り始めが眠い。
NAロードスターで踏んだまま上る時の方がマシな気がする、と言う感じ。
現行日産Zの街乗りで感じた違和感とは微妙に別物。

想像ではお金をかけたストラットアッパー構造を持つ車高調に金を出せば、
少しマシになる気がします。
フロントストラットのブッシュが緩いのか、スプリングの回転方向への動
きが悪いのか、もしかしたら構造かもしれませんが良く解らない。
見た目タイヤは十分薄いのになんで?って感じる違和感。

来年以降、86が2型になって改善される事を祈ります。

86を買う人で車高調を入れない人はいないからこれで良いと言うトヨタの
読みならまさに営業戦略(笑)

| | コメント (0)

HOMELAND

GW前半に一挙放送があったHOMELANDのシーズン1を一気見。
実際は一気に見る余裕なんて無く、ほぼ1ヶ月かかりました。

6話くらいまでダラダラの展開が続き、
展開があまりに遅く見るのをやめようかと思っていたところ、
ある日突然引き込まれる。

双極性障害を演じている米国ドラマは多いけれどこれは少し違う。
イスラム教への見方や表現も少し違う。

6月から始まるシーズン2が楽しみなドラマ。

 ・
 ・

HOMELANDを見たあと、気分転換に刑事110kgを見ていると、
米国大陸を力で奪い作り上げてきた雑多な人種の国と、
ガラパゴスな島国で育ったほぼ単一に近い農耕民族の差を
心から実感できます。

| | コメント (0)

シリンダーの状態

クロスハッチも綺麗で、気筒別に見ても汚れ方は均一で、オイル上が
りも無いので、このまま再利用決定。

ばらすとき、ヘッドガスケットが純正とは違う物がついていたのだけど、
マツダスピードのBスペック資料をみても標準品に成っているはずと
言う点が気に成る程度。
バルブリセスの形状から見ると、BPノーマルピストンなのでわざと薄い
ガスケットで圧縮を上げていたと思えます。
マツダスピードでやったのか、エンジンを2回開けたのかは不明ですが
普通の人間が走行距離1万km以内でその為だけにヘッドを開けるとも
思えないので新車時のマツダスピードの仕事と推測されます。

1305192

今回は純正ヘッドガスケットで組みます。

| | コメント (0)

燃焼室

あんな事になっていたヘッドを下ろしました。

130519

| | コメント (0)

癒し

カムをバラして落胆して昼飯を食べに部屋に入ったところ、
目に飛び込んできたのは、

130518


偉そうにソファーに座っている約一名。

数年前の雨の日、Z4のエンジンルームで泣き続けていた、
手のひらサイズの面影は全く無い(笑)

| | コメント (0)

原因判明

先日の不思議な打音の原因判明。
普通は故障原因が判明するとすっきりするのですが、
今回は精神的ダメージが大きい。

1305171


1305172


1305173


ヘッドご臨終(笑)

排気側カムのオイルシール装着部のカムホルダー部がスラスト方向に
摩耗。救済の余地無し。
このエンジンを組んだマツダスピードの作業者を座らせて懇々と説教
したい気分。

我ながら引きの強さは天下一品。

それはさておき、どうするかと言う話し。

 1.新品BPエンジンを載せる。
 2.新品ヘッドを買って腰上を真面目に組み直す。
 3.取りあえず中古ヘッドを載せて動くようにする。
 4.中古ヘッドを組んで軽井沢に自走し、下仁田に置いてくる。
 5.蓋をして売る。

1時間ほど真剣に悩んだ結果、

とりあえず現状の腰下を目視して問題が無いようなら新品ヘッドを組む。
中古ヘッドを掃除しながら組み直す手間と新品ヘッドに部品移植の手間
を天秤にかけたら中古ヘッドに手を出す理由が無い。
万が一、少しでも気に成る状態のピストンやシリンダーの場合はあっさり
新品エンジンを投入、今のエンジンは部品取りかOHベースにする。

明日ヘッドを下ろして車上で考える事にします。


| | コメント (2)

○は一つ

所ジョージのTV番組で話題になっていた事です。
小学生の白黒印刷のテストで「この野菜は何ですか?」という質問に
「パプリカ」と書いて×に成った話を酷評していました。
「ピーマン」が○。

テストには唯一の正答があるので
「これはパプリカかピーマンか区別が出来ない絵だけれど、ピーマン
 と書けと言う事だろう」
と読むのが試験を受ける側。

先生の仕事はパプリカの回答に×を付けるだけではなく、
×の理由を説明する責任がある。
説明しない先生は残念ながら使えない先生です。
生徒が笑って納得出来る説明があれば、
パプリカと書いて×になった子は自分の読みが少し浅かったと理解し
次に進む事が出来ます。

採点する側が目の前の回答と正しいであろう答えしか見ていなくて、
答えを書いた人間の未来を見ていないからどうにもならない。

正しくは、ピーマンの一部品種がパプリカなので△の惜しい回答。

例えば、花を描いた挿絵を見てこれは何ですか? の問題。
正解が「花」の時、
「チューリップ」と答えたら×になる。
花が正解の時の挿絵にはチューリップ以外の花が小さくあるはず。
花が正解なのにチューリップの絵だけの場合はその問題が悪い。

子供が勉強を好きになるかどうかの境目は「間違いでは無いのに
間違いとされた時先生がどういうフォローをするか」で決まる。
だからできの悪い先生に当たると人生が変わる。

生徒が正論で先生に立ち向かうと、間違い無く一年間は損をする。
それが現実。
理不尽な話だけど、できの悪い親の元に生まれるよりは良い。

学校の先生なんてたった一年だけ付き合えば良いのだから(笑)

| | コメント (0)

哲学的思考

こんな哲学者の意見を見つけました。

ざっと読んだだけでは本意は理解出来ず、
繰り返し読めば何となく理解は出来る。

この人の場合、結局の所は「東大に入学できた学力と理解力」があった
からの理論。
この文章を読んで「よし!私もやるぞ」と思うのは大間違い。
ベースが違いすぎます。

生活して糧を得る為に働く事は、自分が身勝手に思う自分に向いている
こととか自分がやりたい事とは違う。
何をすれば自分がお金という対価をもらえる人間になれるのかと言う事。

闇雲に仕事をしてみてその中で結果的に残って、その中で結果として回
りが評価してくれた内容が 自分がすべき事。

やりたい事を捜して条件を選んで就職難民はへそで茶が沸く話し。

自分に向いているはずだと思う事なんて全て錯覚。
人間は自分に甘いのです。

私が教員と言う種類の人をあまり好きではない理由はそこにあります。
教員は成りたい人が成れる仕事。
その仕事がその人に向いているかどうかは勝手に本人が決めています。
だから良い先生が少ない。
本当は向いていない仕事なのに向いてると思い込んで仕事をしている人
が多いわけでです。(結果的に向いている仕事で素晴らしい先生もいる)

日本の未来を良くしようとしたら、
教育学部を出た人間は全て5年間一般企業に勤めることが必須で、
その後教員採用試験を受けて教員にするべき。
教育学部の在学期間を2年延ばしたらバカが増えるだけです。
教員は、「忙しい」「大変だ」「時間外にすることが多い」と言いますが、
それは教員という隔離社会の中で効率的な手法が出来上がっていな
い事が原因。
本人の問題ではない。仕組みの問題。

頑張って得る物は教員世界の風習だけ(笑)

人間として育った教員になるためには、踏み込んで考える余裕が必要
です。
企業の場合は「向いていない人」には辞めてもらうか「利益が出ている
会社の場合」は就職内容と違う仕事を回すのが現実。

学校の場合、「使えない先生」のくじを引いた生徒の人生が変わります。
就職を間違えている先生に教わる子供の将来に迷惑をかけるのです。

モンスターペアレントはバカですが、
使えない担任になったと思ったら、親は1年間多くのことを子供に手助け
してやるしかありません。
大人のはずの先生に文句を言うのは時間と体力の無駄。
得る物は無い。


たとえば「白バイ警官」を見てください。

パトカー巡視警官と比べると肥満体がおおいと思いませんか?
柔道選手と同じで体力が必要だからあの体型になっているのでは無い。
肥満体=体型を意識でコントロールできない人 だから複数で作業する
職務が出来ない人なのかもしれませんよ(笑)

貧乏人が肥満体になると言う米国理論。
貧乏人が肥満体になるのではなく、肥満で支障が無い世界だから肥満
になるのです。

| | コメント (0)

サンバのリズム

ラジエーターファンが回るくらいきちんと温度が上がり、
エアコンなど負荷を切り、
アイドリングをさせたときだけ、

コン、ココン、コン・・

全く不規則、
踊れないサンバのリズム。
そう、
それは、
まるでメタルの音。

しかし、聴診器をあてて聞くと腰下ではない。

タイベル回り、ウォーターポンプ、オイルポンプ辺りからは音は無い。
外にある補器類は全部違う。

シリンダーヘッドのそれもまるでタイベル側オイルシールの辺りに、壊れた
ベアリングがあるかの如くその辺りから響く。
インテーク側ではなくエキゾースト側。

音源は確実にヘッド回り。

JAFカードの確認と電話帳にGPS通知アドレスの登録を完了(笑)
問題の解決には至らない。

| | コメント (0)

単純な仕組み

昨日の宗教法人税と似た話しですが、
大学の授業料免除の条件に「家計所得」がある事が理解出来ない。

成績がよいから授業料を免除 なのか、
貧困だから授業料免除 なのか、
選定条件を複数からめるからいけない。
勉強を頑張り成績が上位の本人は免除が正しい。
たとえお金持ちが免除になっても、本人がお金持ちなわけでは無く
親の話なのだからそんなことは本人に全く関係無い。
お金持ちでも子供にお金を出さない親もいる。
お金が無くても子供にお金を出す親もいる。

お金持ちが成績良くて授業料免除に成っても全員が納得する。
授業料免除になりたい人は勉強を頑張るだけで成果を得られる。

 ・
 ・

日本の義務教育期間中の子供達が可哀想だと思うのは、
ある日から導入されたテスト点数以外の評価の評価点。
評価する人間もまちまちで、
結果として相対的な評価(教員世界という狭い見識だから)になって、
人間的感情を排除することも不可能で、
教員のレベルは低下し続けている。普通に考えて、教育学部の偏差値
が昔と変わらない=絶対的にレベルが落ちている事。
教育内容が減っているのに偏差値が変わらない事は勉強量が少ないと
言う事。
今の50歳未満の教員に、他人を絶対的レベルで評価する能力なんてあ
りません(50歳以上だから有る訳でも無い)。
26歳でも子供を伸ばせる先生も多い。

公平なテストの結果点数で評価すれば誰も文句は無い。
文句が有るのは自分の子供が予想外に成績が悪かった事を納得出来ない
親だけ。そんな親の相手をする事こそ無駄。

親は10年教えても成長しませんが、子供は数日で成長する。
教員が育てるのは今日と明日で成長している子供なのです。

国公立高校・大学の推薦入試を全廃し、
公平なテスト結果のみで合否判定の線引きをすれば万人が平等。
資金的に裕福な家庭が学力を優位に向上させることが出来る事が
不公平と言う不思議な理論に基づいていますが、
貧乏でも頑張ればどうにかなると言う原則を無視しているところに
問題が有ります。
優位に学力を向上させられるのが不公平だというなら、親が頑張る
話で評価される本人たる子供にはどうしようも無い話。

常に子供の能力だけで話をすべき。

スポーツによる推薦合格は私立だけが行える事。
文武両道が国公立の話し。
武だけの人は私立へ行くのが当たり前。
文の為に武の平均レベルが落ちるのは当たり前。
昔その為に大学野球が面白くなくなったと言う意見が多く色々な問題
が有りました、馬鹿な話し。
大学野球は私立が金を出して頑張れば良い。
国公立学校は国の補助で勉強をするところ。

国公立学校は推薦入学の仕組み全廃が必須。
私立は「会社」なのだから好きにやればよい。
ついでに私立への補助金垂れ流しを止めることで経営は健全化される。

私立で補助金を流しても国のためになるのは幼稚園や乳児園くらい。
老人介護施設に補助金流すなら幼稚園や乳児園を優遇するべき。

親の所得制限や確実性が必要なのは「奨学金を借りる時だけ」が正しい。
ここで今足りていないのは、保証人の審査。
奨学金未返済はあっては成らないこと。
本人が返さないなら書類一枚で保証人から回収できる仕組みを作る。
お金の現実は身を以て覚えさせるべき。

給食費未払いの親も同じ。
毎月生徒が現金を学校に持って行き、みんなの前で支払いをする。
生活保護世帯で支払いを免除されているけど、みんなが羨む小遣いや
生活態度だと小学生でもこれは何かおかしいぞと気に成る。
給食を食べた小学生本人が給食代金を支払うのは当然の話。

お金を学校に持っていくこと。
そのお金を支払うまで自分で管理すること。
これも重要な教育。
小学1年生でもお年玉を持っておもちゃ屋で買い物が出来るのだから、
給食費を管理出来ないはずが無い。

日本人の道徳性の低下原因はこんな話の積み重ね。
一つ一つをシンプルに考えると必ず答えは出てくるはずです。
問題は「正しい思考」を理解しようとしない人達。

| | コメント (0)

軽井沢

今年の軽井沢

上記ページより一部抜粋

※ 今年の昼食は「おぎのや」さんに準備いただきます。
おなじみの釜飯または特製幕の内お弁当を選べます。

これはナイス!

| | コメント (0)

説法

田舎に住んでいる+本家に住んでいる+長男なので、昔から仏事には
顔を出す事を強制されて育ちました。
一通りの仏事が終わった後、お坊さんがお茶を飲みつつ話してくれる説法
は、冗談抜きに毎回楽しい話しでした。
身近なことをネタに仏教話に繋げて話を広げちゃんとオチを付ける。
親戚回りで違う宗派や違うお坊さんだったとしてもネタがありオチ
があり教えがあり、お経は面倒でも説法を聞くことは楽しかった。

それが最近(この20年くらい)はもう駄目。

その一、素人に仏教を教える説法の手順が解っていない。
その二、檀家との付き合いが仏事の時だけになっているので、顧客の日
     常を知らないのでネタとなる話が無い。
その三、仏事を純粋に商売にしている。
その四、社会人としての修行が出来ていないお坊さんが多い。
等、枚挙に暇無し。
全ては葬式が利益を生む商売になり始めた事による世襲の弊害。

子供に物事の道理を楽しく教えてくれるのが説法。
お坊さんも職人。
現代では営業をする商売人なのだから、せめて楽しい説法が出来
るレベルになって欲しい物です。

現状、「アニメの一休さん」の説法レベルを超える人に出会えません。


一番良いのは「宗教法人」という仕組みを廃し、
納税させる仕組みにするだけで人間性は少しマシになるはずです。
納税は義務。
義務を全うさせない人間を作るから話がややこしい。
朝鮮総連ビルを落札した宗教家も同じタイプ。
昔あった「教員になれば奨学金を返済しなくて良い仕組み」と同じで
優遇は時間をかけて必ず低レベルな人間を生みます。

なんて考えながら、
できの悪い面白くない説法を聞くわけです(笑)

| | コメント (0)

DSGリコール内容

正味どの車に不具合部品が載っているのか掴みきれないので、
まとめて交換と言う台数カウントのようです。

ざっと2008年以降の乾式7速DSGの小さいヤツはほぼ全部。
ディーラーでの作業時間が4時間と言うテーブルなので、コンピューター
交換と言う名のメカトロニクス一式交換。

調子の良い車をディーラーに壊されないように願うだけ(笑)

| | コメント (0)

DSGの選択理由

MTスポーツカーのミッションを置き換えるとすると、DSGのようなデュアル
クラッチ型ATミッションしか選択肢は無い。
一度味わうとトルコンATには戻れない。
だけれど、未だに開発途上と言う指摘は間違い無い現実。

 ・
 ・

現行911はターボとかターボSを買おうとするとPDKしか選択出来ない。
多段化=自動化が必須なので、MTミッションを選ぶ理由は無い。
目を三角にしてブレーキとクラッチを踏むより、足はアクセルとブレーキだけ
でシフトはパドルが楽で安全。

スポーツカーの雰囲気を楽しむなら、古い5速MTのモデルを買えと(笑)

| | コメント (0)

DSGリコール

またDSGのリコールですが、
今度は全車両DSGコンピューター交換。
国内報告不具合338件=完全にぶっ壊れた件数 
リコール交換91000台
当然ですが、引きが強い我が家のPOLOはリコール対象車。

 ・
 ・

走行距離20000kmを越えてから出始めた不具合が、特定条件で2速が
繋がる時、ジャダーがでるようになった。
鬱陶しいので調整か修理してもらわないとなぁ、、と考えていたけれど、
「時々」なので説明が面倒だと思っていた次第。

なので、今回のリコールは私にとっては絶妙なタイミング。
説明の手間や持ち込みの手間が1回減ります。
コンピューター交換と言う事は、当然ソフトウェアも更新され不具合改善
されているはずです。

個人的に保証期間中(残り3年)に不具合を出し切ってくれれば幾ら壊れ
てもOKです。

| | コメント (0)

セガール

ガゼールではない。

WOWOWで一挙放送があった「沈黙」新シリーズ

ようやくPART5まで終了。
各話の途中で30分くらい寝落ちしていても全く問題が無い展開が、
PART5まで続いてきた。

盛り上がりも緊張感も無いままストーリーを口数で説明し続ける
展開が続く。
セガールの口頭説明が無いと何をしているのか解らない展開。
「太陽にほえろ」と同じで電話を受けたらちゃんと口に出して
TVを見ているみんなに説明するやつです。

最終話のはずのPART6は寝落ちせずにみられるか、と言う低レベル。

| | コメント (0)

最近のお気に入り

コタツを撤去したとたん、

130508

態度が大きいというか、神経が図太いというか、
同居の中で一番の堂々たる態度。

| | コメント (0)

薪ストーブ

今の家に引っ越してくるまで住んでいた家は「薪ストーブ」でした。
優雅だったのではなく、貧乏だったからです。
燃料代を考えた結果、薪ストーブ設置を選んだ。

当然の事ながら、薪を業者から買うことは無く、
木造家屋解体廃材を業者に分けてもらって燃やしていました。建築廃
材は凄く乾燥しているので火持ちは悪いのですが、入手性は最高。
暖房費は¥0。
廃材受取り運ぶ手間+3週間に1回の煙突掃除だけで使えました。

今思うと、廃材には「シロアリ駆除剤」とか「防腐剤」が注入されてい
るものもかなり有ったに違いありません。
それも昭和50年代以前の木造家屋廃材ですから薬物的には今の中国レベ
ルの汚染状況。
無知ならではの行為とは言え近所迷惑だったことは間違い無い。

そのストーブは約10年使った結果、扉回りが歪んで室内に煙漏れがあっ
たので使用中止、その後錆びて腐って使えなくなっています。
実家を壊すとき一緒に産廃処分(笑)

同時期(昭和60年ころ)に手に入れた国産鋳物製コークスストーブが1台
ある。こちらは室内保管の新品同様品。
友人の家族が北海道から引っ越してきた時、記念に持ち帰っていたのを
譲ってもらった品。

何時かガレージで格好良く暖房に使おうかと思っていたのだけど、
この冬PM2.5で石炭がやり玉に上がったので使えません(笑)

となると、人生の残りで薪ストーブに燃料を投入する事は無い気がする。

| | コメント (0)

無粋

先日の話の続き。
この写真を覚えて下さい。

130506

頭の中で、
ガードレールを取り去り、
アスファルト舗装を取り去り、
多少ガレのあるダートを想像してください。
粋な風景でしょ。

GW中と思えないこの閑散たる風景を見て、アスファルト舗装とガード
レール設置に税金をつっこむ意味が理解できる人はいるのか。
お金を突っ込んだ結果、良い道になるならまだしも無粋な道の完成。
こうしてしまったが為に、永遠に余分な金がかかり続ける道の完成。


| | コメント (0)

天空へ

GWが全くゴールデンではなく、
飛び石状態で仕事が入っているので近場しか移動出来ない。

気分転換に近所の山へ逃亡。
そうです、私の携帯が昨日つながらなかった理由は電波の届かない
所へ行っていました(笑)

130505

昔(20年前)は全線ダートで楽しく遊べていた道なのですが、
10年ぶりくらいに行って見たら、全線アスファルト。
これでは本州から遠征してくるオフロードバイカーも楽しく無いはず。
速度レンジ1.5倍は危険です。

ガードレールも無く、ミス=転落だったコースが、
まるで「牧場のフェンス」のようにガードレールが張り巡らされている。
リスクがあるから安全に運転するのが人間。

こんな事だから過保護な人間が出来上がる。

| | コメント (0)

久保田早紀

異邦人が聞きたくなりiTunesストアを捜索したら予想外に高かったので、
AmazonでCDを購入。

夢がたり」 リマスター版

130502


リマスターのBSCD2を買ったけれど、
普通のオーディオ機器と私の耳では全く差が解りません。

SACDが完璧に再生出来る機器構成を持っていれば違いがわかるかもしれな
いと思いますが、この差しか無いのなら、最終的に普通のCDと同じ値段に
なって置き換わるだけの気がする。
BSCD2を買っても圧縮音源にするとその時点で差は消える。
製造技術の手法変更を無理矢理ラベル付けて営業展開した感じ。

 ・
 ・

それはさておき、このアルバムは何度聞いても良いです。
自分がおっさんに成ったと言う実感をしみじみ味わいます(笑)

| | コメント (2)

アウトドア本

先日本棚が一杯になって大量に処分したのだけど、
嫁さん曰く、「全く減った感が無い」らしいので、もう少し処分する
ことに決めて本棚を眺めてみた。
だいたい本棚がいくつもある時点から少しおかしいらしい。
初版本+ハードカバー=コレクションとして日焼けさせずに持って
いる本はさておき(ここもおかしいのは解っている)、
一度だけ読んで、本棚に入れて全く読まない本は何かと眺めてみた。

目に付いたのが「怪しい探検隊シリーズ」のメンバーの本。
椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、野田知佑、中村征夫、林政明・・
1970年代後半から1990年頃前まで出版が精力的だった面々。

なにせ量が多い。
ざっと100冊(ハードカバー)ではきかない。
エッセイ、小説、旅行記、写真集・・それは自分が驚く量。

丁度私の子供達も小さくて、お金も無く、仕方なく毎週がアウトドア遊
びだった時代です。お弁当を作って、お金のかからないところに行
って、お金のかからない遊びをする事しか出来なかった時代。
お金は無かったはずなのに本だけは一杯買っているのが不思議(笑)

自分が最後に連続テント生活をしたのが何時かと考えると、
息子と四国八十八ヶ所を自転車遍路した時だから、39歳。
まさかの9年前。
もう9年間テント生活をしていないわけです。
つまり、今後アウトドアでテント生活をするとは思えない。

と言う事で、アウトドア関係の本は「今が丁度アウトドア三昧の家族」
に引き取ってもらう事にした。

本は読むのに最適な時期がある。
必要な時に必要な本を読むことが出来ると、全ての理解が速い。
それは勉強も遊びも同じ事。
教科書が本当に解りやすかったら、先生が教える必要はありません。
本とはそう言うもの。

 ・
 ・

アウトドア関係の本でも手放せない本が残るのは活字中毒者の定め。
たとえば、コリン・フレッチャー「遊歩大全」。

長く絶版になっていましたが、再版されているので読んだことがない人
は読んでみることを勧めます。
和訳がどうのこうのと文句を言う人がいますが、読んで空気感を掴めば
和訳なんてどうでも良くなるはずです。そして原書が読みたくなる。

なんて考えながら、
整理の手が止まり、読み始めてしまうからややこしいわけです。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »