« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

雨水水路考

家の前で5方向から合流し、家の横を流れる雨水水路最大流量は時
間あたり雨量80mm程度と言うのが公の話しですが、
私が子供の頃の石積み水路から大きさがほとんど変更されていない
ので現実は眉唾。多分何かがあった場所だけちょこちょこ修正して
いるお役所仕事。
80mm以上連続で流れたとき、合流箇所の溢れ方を考慮しているとは
到底思えない「道に合わせて作り上げた形」でしかない。

平成16年の集中豪雨であっという間に床上浸水をした記憶は忘れる
事ができません。
瞬間的に時間雨量100mmになるとありとあらゆる穴から噴水のように
水が吹き上がります。河川氾濫ではなく雨水水路が溢れただけであっ
という間に水没。

なんでこんな事を書くかと言うと、
氾濫した雨水水路を共用するであろう上流の土地に新興住宅地が現在
造成中なのですが、下流側雨水水路を拡幅するつもりは全く無いよう
です。
今までは回りより一段低くため池として機能を果たしてくれていた
土地が地上げされ造成中。

130731


これはどう考えてもまずい。

同じ水没地帯に住む自治会の人は陳情に行ったらしいのだけど、土地開
発許可が下りたと言う事は書類上問題が無かったと言う事と同意なので、
不安が解消される期待感は無い。
前回同様だったとして、
1階は水没しても掃除すれば済む(経験済)
1階のエアコン室外機はお金出して修理すれば済む(経験済)
TTとPOLOは買い直せば済む。
しかし買えない物もある。
水路が改善されない場合、自衛策を考えるしかない。

大量の土嚢(玄関と駐車場入り口2段積みでゆうに30個以上)が安くて便
利なのですが、管理も場所も大変です。

| | コメント (0)

デジタルとアナログ

大体の数字を計るとき、
デジタルノギスはバーニアノギスの使い勝手の良さに届かない。

130730


デジタル最大の欠点は、
測定時目の前の数字が信じられるか?と言う点につきます。
なにせ誰でも簡単にゼロを動かす事が出来るのがデジタルノギス。

バーニアノギスは誰がどう使おうがゼロは絶対にずれない(笑)
0.1mm単位の大体の数字で良い時はバーニアが今でも優位なの
はかわらない。

| | コメント (6)

排気量

こんなに小さいのに排気量は青い方が大きい(笑)

130729

| | コメント (0)

雨上がり

自宅から僅か15kmの景色。

130728

今日は「雨上がり+曇り+少し風がある」と3拍子揃っていたので
非常に快適に上れた。
と言っても、最高到達地点の手前にある最後の心臓破りの坂を目
前にエネルギー終了。
歩く体力すら残らず、暫く座り込んで動けず。

今日は調子が良いと気持ちよく踏んでいたのですが、
道路に浮く砂でよたって仕舞い転倒寸前。
スーパーローギアで上っている=簡単に砂でホイルスピン、結果フ
ラフラしてへたすれば転倒。
晴天でもグリップしないミシュランのツーリングタイヤですから路面
が濡れていて且つ砂があればグリップするはずがない。

良いタイヤ、
良いブレーキ、
有り余る体力。
自転車はこの3つです。

来年の乗鞍は自転車を買う(笑)

| | コメント (0)

可愛いヤツ

嫁いできました。

小さくて可愛いヤツ。

130727

| | コメント (0)

エアコン

風呂に入る前に寝室のエアコンを入れておくと、
風呂上がり寝室に行くと、先にリラックスしているやつがいる。

130726


寝ているところを起こされない為に端の方にちゃんと寄っているのか、
私が寝るときに邪魔にならない為に寄ってくれているのかは謎(笑)

| | コメント (0)

トーストラップ話の続き

もしかすると予備部品が倉庫にあるかもしれないと捜したら、
自転車部品の山から新品を発見。


130725


三ヶ島のペダルに組み合わされたトークリップとナイロンスト
ラップの未使用セット。

ビンディングペダルを使ってみてどうにもならないと感じた時
はこれを装着すれば良い。
確実な逃げが打てると言う事は、精神的安心感に繋がります。
これで少し気が楽になった。

| | コメント (0)

トークリップ撤去

土日に山ですれ違った多くのロードレーサーやMTB。
誰一人としてトークリップ+トーストラップで走っている人を
見なかった。
公道では手でストラップを緩めないと足が外せないのは問題が
有ると言えば大あり。
利点はどんな靴でも使える事。
欠点は少し危ない事。

今ついているストラップは、約10年前四国遍路を回ったストラッ
プなのでもう寿命。買い替えようかと思った物の、今さらストラ
ップに数千円出すのもなんだかバカらしい。
クラシックサイクルマニアなら、ビンテージレザーのストラップを
買い直すのですが、そこまで変態ではない。

となると、答えは一つ。

近所の自転車屋さんでビンディングペダルとシューズを注文。
ペダルが輪行の時六角レンチで外すことが出来る事と片面が
SPDで片面が普通の靴で踏めるタイプのペダルを選択。

注文後判明した最大の問題は、納期が7月末とのこと。
盆休みまでに靴とビンディングに慣れる余裕は少ない。
大丈夫か?自分(笑)

シューズは歩きやすそうなシマノのSH-CT70にしてみました。

| | コメント (3)

大工仕事

大工が実家の水回りを改築中なのだけど、
解体して色々な事が解ると、
「なぜ当時の職人がこう考えて作ったのか」を一生懸命理解してから
次に進む。
他人の仕事でも、先輩技術者を尊重し理解するところから話が始まる。

人の仕事を理解することがどんなに重要なのかを思い知らされる今日
この頃。

| | コメント (0)

2時間

真っ昼間14時スタートはさすがに無謀だったと気が付いたので、
今回は16時スタートで上り2時間と限定。

先週の失敗を乗り越えるべく、
 1.へばっても座り込まない。
 2.へばってからの再スタートを早くする。
 3.スタート時カウントダウンタイマーをセットし、へばろうが何だろ
  うが取りあえず2時間上り続ける。
先週より3kmほど上まで到達して制限時間一杯。
実質は1時間20分走行、途中40分休憩。

 ・
 ・

今回、現役変態の人に上りで1回、下りで1回抜かれた事は何とも
言えない感。

上りは約7%勾配の辺りで倍の速度で追い越された。
見た目ケイデンスは1割増しくらいだったので、倍のギアを踏んで
いる事になります。
上りでその速度差だと、もうあっと言う間に見えなくなる速さ。
下りは下りでこれもまた速度差約1.5倍でぶち抜かれた。

 ・
 ・

私の問題は、
ロードレーサーのギア比が踏めない体力になっている事と、
上りでロードレーサーが安定する速度に持って行けないこと。

それを致命的とみるか、無限の可能性とみるか(笑)そこが問題。

| | コメント (0)

練習

先週の状態から出来る限り要らない物を外した。
フロントのフラッシュLEDライトとリアのフラッシュLEDライトが
追加部品。

この自転車のギア比は、
フロントはTAの44Tx26T
リアはシマノHG-90の8速13T~23T。
超ワイドなギア比ですが、26x23を極低速高負荷で回しきるバランス
感覚も体力も跡形もなく消え去った今、リアに3枚残して足が出る。
机上のギア比計算通りにエンジン出力がついてこないのが敗因。

約30年前、フロント50x42で同じコースを上っていた同じエンジン
とは思えません。
努力をしないと年齢以上にとてつもなく劣化するようです。

ガレージに20年おきっぱなしでも同じ出力がでる車やバイクと根本
的に違う現実。

前途多難ですが、精神的には楽しいから良し(笑)

130721


| | コメント (0)

デザイン

先日ユニクロの米国進出時にデザインを手がけた佐藤可士和氏の
本を読んだ。
きっかけは雑誌写真で見た 恐ろしく整理された仕事場の写真。


うーん、、、て感じです。


人それぞれです。
究極の整理術は全てを時系列にしてしまう事。
呆けない限り時系列が一番思い出せる。

思い出す事が必要のないデザイナーに思考過程の証拠は不要ですが、
設計者には「なんでその形になったのかを説明出来る過程」が必要。

デザイナーと設計者ってのは、右脳と左脳。
違う見方の参考には成るけど、本の内容に共感は出来ない(笑)

| | コメント (0)

KISS

知らない人は多いと思いますが、
7年ぶりに日本上陸
隣の実家を修理中の大工(同級生)が「行く」と言う話をしていて来日
公演を知りました。

今回わざわざ大阪まで行く理由が、
「多分最後の日本公演になりそうな年齢だから」というのがなんとも。

オールスタンディングで通せる観客平均年齢ではない事は確実(笑)

| | コメント (0)

ぴったり

エアコンで体が冷えるとここに収まる。

130719


非常に邪魔。

| | コメント (0)

熱対策

暑い季節、通販カタログには「熱反射カーテン」とか色々な物が
掲載されますが、ほとんどの品は効能書きほどは役に立たない。

唯一と言って良い効果的商品は、
窓の外に立てかける熱反射型のカーテン。
反射はしないけど影を作る意味では葦簀に相当する商品です。
重要なポイントは「設置場所が部屋の外」であること。

熱(赤外線)を室内に入れた時点で太陽光に負けた事になります。
カーテンにお金をかけるなら、窓にアルミ箔を貼るのが一番なのだ
けど、外から見ると恐ろしく貧乏臭く見えるのが欠点。
それさえ気にしなければ一般的に手に入る商品で一番反射率が高い
商品はアルミ箔。
人工衛星の様に徹底的に貼れば完璧です。
性能的に窓の外にゴーヤカーテン+窓にアルミ箔が完璧。
現実は見苦しいので窓の内側からアルミ蒸着のハーフミラーフィル
ムを貼るのが妥当な線。
新築するなら南面と西面の窓硝子は全て防犯ペア硝子ハーフミラー
の一択です。

屋根は瓦という蓄熱材が昼間に蓄熱し、気温が下がった夜に熱放出
するから涼しくなるはずが無い。
蓄熱暖房か溶岩焼きの様なもの。
本当は屋根も鏡面研磨面が理想なのですが、そんなことは出来ない。
南国みたいに屋根に水のスプレーを付ける位です。

そこで話が出てくるのが「太陽光発電パネル」搭載。
発電も良いのですが、熱を遮断してくれて屋根の温度が上がらない
ので装着メリットは大。
「シルバーのガルバニウム屋根+太陽光パネル」が今考えられる最
善の涼しい屋根。
太陽光パネルは表面温度が上がると発電効率は極端に落ちますが、
家が涼しくなる効果とエアコンの電気代と交換なので差は少ない。

とは言え、費用対効果では緑のカーテンに敵うもの無し。
自然と共に生きる先人の知恵は捨てた物ではありません(笑)

| | コメント (0)

言えない事

言ったら駄目なことを口に出した米国人。
遂にロシアも見放しつつある。
それは当然の成り行き。
言ったら駄目なことを理解出来ない人は誰からも信用されないし、
誰もそんな人は必要ない。

 ・
 ・

北朝鮮なら亡命OKだと思いますが移動中に病死する確率の方が
高いかもしれません。

| | コメント (2)

ヘルメット

自転車屋さんで頭にあわせてみたところ、ぴったりだったのはこれ。

BELL SLANT

¥10,000超えを覚悟していたので予想外に安く済んだわけですが、
当然残ったお金で小物を買って帰るのもお約束。

昔のヘルメットと違い調整代が非常に大きいし形が深いので、スト
ラップを少し緩くしてもほぼ動かない。
エルゴダイヤルフィットシステムは良いです。

是非このシステムで現場作業用ヘルメットを作って欲しい(笑)

130717

最近iPhone以外で写真を撮っていない気がする。

| | コメント (5)

日曜日の真っ昼間、
町から10kmほど山に入っただけなのに、
日陰で暑さにくたばっている猿軍団を発見。
通行止めになった草が生い茂る旧道にざっと見えただけで5頭。
サドルバッグからiPhone取りだし写真を撮る精神的余裕は無し。

昔は登山道で山に入らない限り猿に出会う事なんて無かったのです
が、今は人間が猿になめられているのかもしれません。
危険が無いと安心して数が増え、生活圏がどんどん広がるのはどの
生物も同じ事。


それはさておき、
手元に戦う武器が一つも無い状況だと、精神的に不安になります。


理由は単純。
先日からスーパードラマTVでGRIMMを見始めたので、
野犬とか野猿とか野良猪と言う野生動物が、凶悪に見えてしまって
いるだけです(笑)

| | コメント (0)

残念な練習

自転車の点検を兼ねて近所の山に登ってみた。
目標は峠のトンネルまで上り18km。

 ・
 ・

スタートしたのが真っ昼間の2:00と言うのがあったにしても、
自宅から約10km少しの所で限界足つき。
一度足が出ると復活は不可能(笑)

これはやばい。
真剣に乗鞍途中リタイヤが目に浮かぶ。

130714

まずは、泥よけとかツーリング用のキャリアとか、
全部外して軽量化から着手。
ドリンクボトルは少々臭くても自転車用にしないと足が出る原因。

毎晩は絶対に無理だけど3日に1日は乗らないとまずい。

| | コメント (6)

タイヤ交換

選択肢が無いのだから、ミシュランを注文。

ミシュラン ワールドツアー 650x35A

130713

左がミシュラン650x35A、右が三つ星26x1-3/8(実質32mm)
呼びサイズはほぼ同じでも少し太い。
乗り心地は0.5MPa空気を入れるので大差なし。
トレッドのグリップ感は、ママチャリと同じ何時でも滑りそうなグリップ。
路面温度40℃でも柔らかくなる気はしません(笑)
10000kmくらい使えそうなタイヤ。

それよりも、新車装着タイヤと新車装着チューブが一体化していてそのま
ま走っていたらパンク間違い無しの状態でした。
チューブは使えそうだったので、古いタイヤから上手に引きはがしてシッカ
ロール付けて新しいタイヤに組み込み。

 ・
 ・

タイヤ交換して 「1km」ほど走ったのですが、もう死にそう。
真剣になんとかしないとまずいレベルの体力減退。

<追記>
タイヤの選択肢があと一つありました。
GrandBois Renard 650×32A
1本でミシュランが3本買えてしまう値段ですが、
アルプス純正の三つ星と同じ感じで良さそうです。

| | コメント (0)

車を作る事

頭でっかちになって直感を拒絶するようになるのは駄目ですが、
発表資料を読んで作った人の思いを想像するのが使い手の仕事。
文章の中から何かを感じると、
自分が遊んでいる車がもっと楽しくなります。

1990年マツダ技報
今ロードスターに乗っていて、
読んだことが無い人は、是非読んでみることを勧めます。

| | コメント (0)

あばたがエクボ

人間は感情の生き物なので欠点とみてしまうか、愛嬌とみるか、それはみる側の
精神的立ち位置だけによるもの。

全員に対して完璧に問題が無い機械を設計するなんて事は、膨大なお金が無い
と出来る問題ではない。
民間企業には無理。
そんなことが出来るのは軍需産業だけ。

つまり、世の中にある全ての商品は どこかのターゲットだけを狙い、そのターゲ
ットだけに満足してもらえれば良い として作るか、
万人が80点を付ける商品を作るかの 二択。

後者の代表が日本車で、
前者の代表がイタリア車って感じ。

どちらの商品に愛を感じるか、
考えなくても解る話し。

カローラからクラウン、レクサスまで、
どれを買っても実用車。
中古の軽四と感覚に大差は無い。
くだらないコストダウン設計を見つけると腹が立ちます。

ところが、
アルファロメオで馬鹿な設計を見つけると「アルファだからなぁ」と笑みがこぼれる。

ようやくその領域にNAロードスターが入れた(笑)

| | コメント (0)

アルプス組立

130710

前回の乗鞍以来乗っていないアルプス・スーパークライマーを組立。
湿度の高いガレージで放置プレーだったのでメッキ部品には錆が目立ち
ますが、近所を走ってみたところ機能的には問題無しで一安心。

 ・
 ・

現状のタイヤはWO規格の三つ星26x1-3/8オープンサイド新車装着品。
同じ物を買おうにも、三つ星タイヤは自転車業界撤退。
パナレーサーは少し太い650x38Aしか生産していない。
WO規格の35Aサイズを捜してみると、

ミシュラン ワールドツアー 650x35A
シュワルベ マラソン 650x35A

世の中26インチタイヤはHE規格だし、27インチは700C規格が主流。
今さらママチャリサイズのWOタイヤで細身の品を探す事が難しいのは
解っていたけれど、まさかの二択と思いきや、実際はシュワルベのタ
イヤは常用空気圧が少し低いし妙に重たいのでミシュランしか無いと
言えます。

取りあえず今週末に少し乗ってみてタイヤを変えるかどうするかを
考えます。

多分タイヤより問題はエンジンだろうという事は容易に想像できます。

 ・
 ・

乗鞍まで1ヶ月少しと言う事は、
休日の数は6日しか無いと言う事。
自転車は普通に動く事が解ったけど、
体が動くかどうかが最大の疑問。

このところ色々物入りで(笑)
電動アシストMTB投入して楽々涼しげに乗鞍畳平へ上がる計画は、
財布事情であっさり頓挫。
手持ちの道具で再挑戦です。

平均勾配も厳しいですが、標高2000mを越えると、一度息切れすると
全く復活出来ないと言う心肺機能能力不足問題が前回判明している
最大の難関。

| | コメント (0)

薬を考える

1.スタチン系コレステロール低下薬

10代から言われ続けていた遺伝性の高い数値が高いけれど指
導上限以下に押さえられるけれど、その結果何を得られている
のか体感は無い。

2.チエノジアゼピン系緩和精神安定剤

緊張制頭痛の痛み止めと一緒に飲み始めたらもう止まらない。
楽になれるだけ。

3.チエノジアゼピン系睡眠導入剤

飲まずに寝るときがあるのだけど、結局翌日が苦痛の1日に成る
ので、努力して無理に止める事を止めました。
処方してくれる近所の医者が廃業するまで飲むと推測。
浅い細切れ睡眠より、薬を飲んでも3時間位が意識不明で寝られ
る方が良い。

4.フェノチアジン系持続性抗ヒスタミン剤

これは16歳から続くアレルギー鼻炎で行き着いた薬。
私の人生は鼻水と痒みとの戦いです。

5.副腎皮質ホルモン配合抗ヒスタミン複合剤

副腎皮質ホルモンと言うと聞こえが良いですが、ステロイド。
上記4.だけで収まらない日に追加投入するのですが、実質2日に
1日飲んでいるペース。

6.筋緊張改善剤 (常用)
7.フェニル酢酸系鎮痛抗炎症剤 (頓服だけどほぼ常用)

頭痛を我慢する手段。
頭痛が先に来ると吐いてしまうので「頭痛が来そうな予感」と共に
服用しないと効果がないのが欠点。
他の痛みも連日麻痺している事間違いなし。

 ・
 ・

ここであらためて考えてみる。
これらの薬は何の為に飲んでいるのか?

導かれる答えは一つ。

全て楽になるためだけに飲んでいる。
どの薬を取ってみても病気治療ではないと言う現実。
病気と共に生きる為、少しでも楽な手段を捜した結果と言えます。
病気って何だ?
薬を飲むのは何の為?
少し真面目に考える日が来るかもしれません。

今は、今が少しでも楽になれば良し(笑)

| | コメント (0)

体重管理

久しぶり(と言っても1年ぶりくらい)に会った親戚の人に
「太った?」と言われた。
聞くと、少し顔が丸くなったらしい。

その日の風呂上がり、
久しぶりに体重計を取り出して乗ってみたところ、
指摘通りちゃんと1kg太ってた。

洋服のサイズが変わらないので気が付かなかっただけみたい。
なんでこの微妙な変化に他人が気が付くのか。
それが不思議。

 ・
 ・

山ほどの薬を毎日飲んでいる人間が言う話では無けれど、体調
管理と体重管理は同意。

本来は食事量と筋量と脂肪量のバランス維持のはずですが、
基礎代謝が非常に少なく、
日々の運動量が極端に少なく、
元々の筋量が少ない。
結果的に加齢による進化が外観に現れるので摂取カロリーが同
じでは太るのは必然。

食事量は意識的な夏バテ対策で確かに少し増えている。
ポカリスウェットを飲む量も1本/日→2本以上/日に増えた。
運動量は暑いのでますます減った。
摂取カロリーと代謝量を冷静に考えると太って当然が現状。

代謝量は簡単には増やせないので摂取カロリーを減らすのが
近道ですが、私の場合は糖類を急激に減らすと頭痛が醜くなるので
季節的に難しい問題。

取りあえず、毎日体重計に乗るのが第一歩。

体重が元に戻るまで食べるラー油も冷やし中華へのごま油追加投
入もお預け(笑)
冷やし中華は新製品の冷やし中華にごま油追加投入が美味い。
へたな中華料理屋より美味い事間違いなし。

ちなみに、ごま油を足さないと私には物足りない味です。

| | コメント (2)

似合わない

嫁さんが厳選して買ってきたベッド。

入ってはくれましたが、

ここまで似合わないのはある意味凄い。

130707


| | コメント (0)

地方条例

愛媛県が先日発表した条例。
愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例

つい最近までタンデム自転車に乗ることすら許していなかった県が、
台湾企業と手を組んで自転車立国にしようとしている。

天気が良いしまなみ街道は最高ですが、
山しか無い内陸部は自転車には地獄です(笑)

さておき、
ランドナーに乗るときにもヘルメットをかぶるのは当然なのですが、
ランドナーに似合うヘルメットが無い。
安くて地味目な これ にしようかと(夏の乗鞍用)妄想中。

| | コメント (4)

Surface Pro

量販店に寄ったので身近では誰も買わないSurfaceProを見てみた。


マイクロソフトのPCハードウエア参入もゲーム機業界への参入
と同じ轍を踏むような感じ(多分)。
OSもハードウエアも全てが中途半端という印象。
しかも格好が良い訳では無いと言うオチまでついている。

 ・

その後、目的の売り場に行き、Windows7-ProのDSP版価格調査や
officeの価格調査。
インテルSSD+Windows7DSP版=30,000円
新たにofficeを買う事を考えるとソフトウエアだけで約60,000円。
HDDをSSDに組み替えてソフトウエアセットアップしてと言う手間
を考えると、今のハードウエアを使い回す理由が無い。
OSとofficeはインストールモデルが安いし面倒くさくない。

XP更新の業務用パソコンは、Lenovoのワークステーションの安い
品にofficeを追加して買うのが良いと言う結論(最初から予想され
ていた結論)を再確認しただけと言う出張帰りの寄り道。

| | コメント (0)

最高気温

愛媛県新居浜市では35.7度を観測

暑かったのは確かです。
明日は東日本が暑いとのこと、OS-1を忘れずに。

| | コメント (0)

壊れる波

130705


これはこの1ヶ月で壊れたデスクトップパソコン達。
「1ヶ月」ってところが何かおかしいと思いませんか。
(と、大きな声で愚痴る)

人生には色々な波が有るらしい。

この2ヶ月間の私はビッグウェーブにのっている感。

全ての始まりはGWのロードスターカムホルダー事件から(笑)
財布はTTのABSポンプASSYでとどめを刺されました。

 ・
 ・

話は戻ってパソコンの話し。

Serverは止めるつもりでドメイン管理を止めていたのでスムースに
撤去完了。
ワークステーションの故障は予想外だったのだけど、2007年と2008
年のモデルなので何時壊れてもおかしく無かった。万が一のための
XP予備機も段取り済だったので当面はスムースに解決。

冷静に見ると、全部が計算通りに壊れて、計算通りに入れ替えただ
けなのだけど、被害妄想気味な今の私には悪い波にしか見えない。

遂にWindowsXP問題を考える波が襲ってきたのですが、

今月は賞与支払い月。
そうです、違う意味でのボーナス払いと言う波が控えている。

七夕の短冊には何を書くべきか、書くことが多すぎて迷います。

| | コメント (0)

映画日記

ダークナイト・ライジング

ダークナイトに続くシリーズ最終話。

前作のダークナイトが良かったので、少々肩すかしをくらった感じ
ですが、キャットウーマン好きとしては内容に問題は無い。
エンディングシーンが意外とコミックに忠実だった事が予想外。

コミックを読んだことが無い嫁さんは「訳が解らん」と言ってます。
原作の時代背景を無理矢理現代アクションに持ってくるところに難
しさがあります。
なにせ当時を解説することが出来ないのだから、知っている人を前提
に作品を仕上げるしかないわけです。

 ・
 ・

漫画の実写版はそろそろ飽きてきました。

だけど、
アイアンマン3は「必ず」見るのでしょうね(笑)

| | コメント (0)

映画日記

96時間リベンジをAppleTVでレンタル。

1作目の96時間のインパクトが絶大すぎて(笑)2作目のリベンジ
は製作サイドも色々と難しかったに違いありません。

この映画を面白くしている原点は一つ。
超絶な能力を身につけているのに行動が賢くない親バカっぷり。
ゴルゴ13や伊達邦彦では考えられない娘と嫁の前で人間が変わ
る男という不思議な人間性。
男親が娘を持つ事を表現したいだけかもしれません。

注意点は一つ。
必ず1作目を見てからリベンジを見る事。

より面白いのは1作目ですが、2作目も十分楽しめました。

| | コメント (0)

B級映画鑑賞

WOWOWで放送があったので睡眠時間を削ってまで鑑賞。
なにせ最新のB級映画の誉れ高き作品。
見ないわけにはいきません。

 カーボーイ&エイリアン

007とインディージョーンズが同時に見られる高額作品のはずなのに
世間の評価は超B級。

これは世間的にどういう評価だったとしてもずば抜けたB級です(笑)
置いていかれる伏線、
突然の途中解説、
訳が解らないヒロインの行動、

 ・
 ・

でもダニエル・クレイグが格好良いので良し。
脚本家の頭の中に「コブラ+サイコガン」があったに座布団10枚。

| | コメント (2)

遺作

先日少し書いた大藪春彦の遺作の件。
もう一歩進めて書くと、

晩年は本当にアルツハイマーだったと言う話は多いのですが、
そう思って読むとそう読める。
先入観は感覚を歪めます。
微妙に同じようで、微妙に違い、
同じでないといけない内容が逆になっていたり指摘はきりがない。

もう一つの見方が、
過去多くの評論家や読者に酷評されていた部分を徹底して表現し、
人生の全作品をパロディに昇華できるような最終作品を構想し、
これで終わりだと感じた最後の最後は銃器の解説でペンを置いた。
ストーリーを最初から無視した究極の作品。

しかし、死後の発売なのでそれもまた不思議な話。

 ・

本当に呆けて文章設計ができなくなっていたのかもしれない。
本当に最後だと思い究極の文章設計をしたのかもしれない。
こればっかりは本人に聞けないのでもう解りません。
大藪作品は彼の人生の出来事が同じように進んでいましたから、
最後は呆けて終了を本意で表現したのかもしれません。

そう言う意味では読み返さないけど読まないと駄目な作品です。
そして決して捨てられない。

 ・
 ・

本屋や図書館で偶々手に取った本をパラっと読んで、
気に入ったら飽きるまで全作品を読んでいく場合、
必ず時系列を守らないと違和感を感じるだけではなく、気が付かな
いといけない内容を見逃したりします。

これはどんな作家でも同じ。
絵画でも彫刻でも小説でも人が生み出す作品は全て同じ。
人生経験と同じように、全ては時系列で育っていくのです。


「呆け」と「究極の文章設計」を同列で書く事が失礼な話しだと思
いますが、そう感じるのも読めば解ります。


常識的に考えると、
呆けた偉大な作家が死ぬ前に黙々と作品を書いていた。
それは常識では理解出来ない作品だったけど、
作者の思いを尊重し出版した。
しかしそれは作者をおとしめる行為と表裏一体だった。 と言う感じ。

| | コメント (0)

祝80勝

MotoGP第7戦ダッチTT

国際映像で見るとYamahaに戻ってきたロッシの圧勝のように見えつつも、
ギリギリ転けずに踏ん張ったクラッチローも良かったし、
36時間前に鎖骨手術して出場したロレンソの5位は驚異。
(鎖骨骨折で決勝を走る=片山敬済を思い出すのは古い人だけ)

今シーズン、HondaとYamahaの2強状態は予想された展開とはいえオラン
ダまでロッシが勝てなかった事、
Hondaのマルケスが予想を超える速さと勢いを見せる事等、
久しぶりに決勝のスタートからゴールまで楽しめるシーズンです。

このレースを制したロッシが遂に前人未踏の通算80勝。
今シーズン、ロッシはこのまま勝ち続ける必要があります。
そうでないとYamahaに戻ってきた意味がありません。
そして、マルケスの頭をがっつり押さえ込むのも仕事。

 ・
 ・

それはさておき、
YamahaとHondaの戦いに見えますが、
表彰台の写真はレッドブルを押さえたモンスターエナジードリンク。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »