« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

自給

生きていく上で何が難しいかと言えば自給自足。

給料がある間は良いけれど、
年金暮らしになれば話は違う。
老人になり食が細くなるのは生きていくための進化。
老人になり食が細らない人は貯蓄がある人。

それはさておき、
四国電力が90億円の赤字。
伊方原発を動かせば解消すると言う。

私は原発推進派でも反対派でもない。

日本と言う資源が無い国で生きていく事を冷静に考えてみる。
日本国内で必要な化石燃料が確保できないと言う問題がある以上、
長時間輸入が途絶えても発電できる仕組みは必ず必要。

何がある?
既設水力発電所と太陽光発電所で何所までカバーできる?

日本が第二次大戦に踏み込んだ理由は、
燃料輸入を停止された事がそもそものスタートライン。
どんなに良い航空機を設計しても飛ばす燃料が無いと飛ばせない。

日本もちゃんと未来を見据えた道を探らないと駄目です。
中国に輸出制限されたレアメタル問題でも現実問題が起きるまで
放置するのが日本人。
問題が起きたらどうにか対策できるのも日本人。

 ・
 ・

但し、
原発があると、
ミサイル一発で国土破壊の危険性は消えない。
北朝鮮は核ミサイルを撃たなくても、原発に打ち込めば良い。
それを口に出さないのが日本や韓国。

| | コメント (0)

最近取引先の先輩によく言われる事が、
「お前は後継者を育てていないから駄目だ」と言うもっともな話。

あと1年ほどで会社を作って1/4世紀になりますが、
技術者を育てる事が出来た自信はある。
従業員には「私が突然いなくなっても(死んでも)取引先の誰かが絶対
に声をかけてくるから安心して仕事して」と安心出来ない事を言う。

仕事は人に付いてくるもの。
人が付いてくる技術者を育てれば良いのだと思っていましたが、
それだけでは駄目な気配を感じはじめた今日この頃。
かと言ってどうすれば良いかも解らない。

 ・

日本の歴史には多くの人が名前を残していますが、
仕事を次につないだ人は数少ない。
皇室を除くと江戸幕府の徳川家くらい。
統計的に次に繋ぐ事なんで出来ないと結論を出しても良いレベル。

魅力のある人に人も仕事も遊びも集まります。
何を魅力にすることが出来るのかは十人十色。
魅力的な会社に仕上げられていないから次が見えないのかもしれません。
つまり、もっともっと経営者は頑張れと言う事だ、と戒める。

| | コメント (0)

限定車連発

現行TTの限定車を連発するAudi。
得なのか損なのかは微妙なところ。

| | コメント (2)

車酔い

昔から車酔いは酷いのだけど、
最近自分で運転していても酔う時が増えた。
トラベルミンを飲んでも広場遊びやパイロン遊びは不可能です。
なんでこの最近酷くなってきたのか少し考えてみた。

 1.加齢に伴う問題
 2.大量に飲んでいる色々な薬の影響
 3.車がボロイ

ちなみに、
自転車だと酔う事は無いのですが、
頭の重さに首の筋肉が負けて、筋肉痛よりも頭痛が先に来ます。
なので、頭痛薬(痛み止め)を飲んでから自転車に乗る。

ここまで考えたら自己完結。

車酔いも頭を支える筋肉の衰えが原因だと推測されます。
対策は多分筋トレ。
そうです、根気の無い私が一番苦手とする最大の敵です(笑)
さて、どうしたものか。

| | コメント (0)

ランクル70再販?

一部で盛り上がっているランクル70再販。
受注期間限定とか受注台数限定とか色々な話が飛び交う。
トヨタにすれば今でも輸出用で作っているのだから設備リスクは無い。

80(改)に乗っていた私の個人的希望を書くと、
70セミロングボディのバン、
ガソリンエンジン、
MT+パートタイム4WD、
フリーホイールハブは70時代の低信頼性のオートではなくマニュアル。
前後マニュアルデフロック、
電動ウインチ(ウォーム減速機)、
4輪ディスクブレーキ、
ABS装着は仕方が無いけれど、バン登録でESC無し、出来ればABSのキャ
ンセルスイッチ、
スペアタイヤは床下、
当時OPにあったサンルーフとかサスペンションシートとかオーバーフェン
ダーとか巨大なサイドステップ等は不要、
リア(フレームリアエンド)にはフルサイズトレーラー対応(リアウイン
チ対応)ヒッチメンバー、
価格はフロントに2脚レカロ付けてナビ付けて500万円以内、つまり車両
価格はランクルGXと同じくらい。
世界で売る軍用車ベースの70を国内販売してくれれば十分。
NATO仕様のメルセデスGに挑める自衛隊仕様のランクル70って感じ。

今年の関東近辺の大雪を理由に、官公庁の為にも販売する可能性は少し
大きくなったはず(期待を込めた妄想)。
噂では夏頃らしい。
しかし、
冷静に考えて、いくらFJクルーザーが終了しても物好きと官公庁とJAF以
外に売れるとは思えない=メガクルーザーよりも売れない(笑)

| | コメント (6)

夕日

140224

場所も景色も今一つ(笑)

海岸線は年度末に向けての「国土強化月間真っ最中」なのでどこもかしこも
工事中ってのがどうにもなりません。

行き当たりばったりでは駄目ですね。
しかもiPhone。

| | コメント (0)

カンガルー

セミオーダーで仕事用革靴を買うつもりで行ったのに、
カンガルー革の定番シューズを手に(笑)

140223


非常に柔らかく軽いカンガルー革に、
地下足袋を作る形で分厚いゴムソールを付けた靴。
クッション性はジョギングシューズの足元に及びません。
ゴムソールが分厚いのでネグローニのドライビングシューズより重いです。
でも、店で買ってそのまま一日履いたけど良い感じ(笑)
ちなみにこの写真の状態は、
ヒールカップ部分を新品にも関わらず叩いて変形させました(靴ズレ対策)。


当初購入目的の仕事用の革靴は、オーダーせずとも近い標準サイズを多少
叩いて伸ばすだけで私の足にフィットしたクラークスのビジネスシューズにな
りました。
上級シューフィッターの人は多いけど、メーカーの縛りが少ないお店は自由
にやれるので結果として良いのかも知れないという感想。

| | コメント (0)

強盗

昨夜飯食ったあとスナックに行ったところ、マスターが顔に傷を作っていたので
どうしたの?と聞いたら。

 強盗

強盗にであう人生もまれでしょうが、
強盗にあった人と話す機会もまれなので、
驚きの連続。

| | コメント (0)

靴をオーダーする価格

広島で作っているスニーカーが欲しくなり、販売店を捜索。
今治に取り扱いの店を発見。

手作り感満載のWebページを見ていると、
革靴のセミオーダーを安い値段で受け付けている事に気が付いた。
セミオーダー靴の製造は宮城興業

革靴は我慢して履くものと思っていたので、¥40,000を切る値段でオーダー
が出来る広告に驚いた。
頭の中でセミオーダーシューズは¥100,000~だと思い込んでいました。

時間を作って行ってみます。

カンガルー革のスニーカーを買うつもりで販売店を探していたのだけど、
休日の靴を買うより日々の靴に興味が移りました。
アシックス歩人館で足に合うデザインの革靴を買うしか無く選択枝は常に
数個だったのですが、すこし道が開けかのかも。

| | コメント (0)

オリジナル

新日鉄住金の特許無効と韓国司法は判断。

高級鋼材と言われる特殊鋼板製造ラインは、日本国内でもメンテ作業者すら立
ち入り制限されるエリア。
新日鉄住金と言わずJFEと言わず、国内製鉄工場では同じレベルの管理エリア
にあります。にもかかわらずこういう目に会う。
現実は「ものすごく十分に注意しているけど向こうが一枚上手」と言う事。
なにせ国を上げてバックアップ(何をかが問題)してくるのだから、日本と言う国
のサポートが無い民間企業に勝ち目は無い。

形はどうあれクムホと組んだヨコハマタイヤも同じ目にあうのでしょう。
クムホが欲しいのはヨコハマの技術だけです。
クムホが良くなるから良いと言うのは勘弁してほしい。
いちいち業務提携を気にしていたら世の中から買うものが無くなりますが、
小さいとはいえ技術で飯を食っている間は心情的そうはいきません。

オリジナル製品を尊重すること。
オリジナル製品を開発した努力に対価を支払うこと。
出来る限り努力したいものです。
物を作り上げる技術や努力を正当に評価しない国に未来はありません。

| | コメント (0)

新型ジープグランドチェロキー

長かったメルセデスMクラスから離れて、
今度はアルファのジュリエッタプラットフォームのSUVになる。

米国自動車メーカーが考える事は訳がわかりません。
正しくは何も考えて無く、お金を回す事が全てなのだと感じます。

 ・
 ・

ランドローバーのイヴォーグクーペが良いなと思っていたのだけど、
先日の九州での脱法ハーブ吸引暴走映像を見た瞬間絶対に買わ
ないと思ったのは私だけでは無いはず。
あの後手放した人もいるに違いありません。

車ってイメージが重要。

| | コメント (0)

S5の中古

TTを買ったディーラーで、S5の認定中古車が出たとの話。
税込 ¥4,670,000
車検整備渡し 延長保証別途
走行 37,900km
初年度登録 2011年01月
LHD
外装は黒
内装は赤革
メーカーOPのアダプティブクルーズコントロール付き
V8の4.2Lクワトロ
ハンドルが赤いのとシフトレバーが赤い事を除けば仕様は文句なし。

 ・
 ・

一度乗ってしまうと落ちて行く自分がうっすら見えるので、
ディーラーには行かないようにしないと危険かもしれない(笑)

| | コメント (0)

犬と猫

東京都のPR誌が良いと聞いたので、見てみた。

 版(4分割の最終頁)

 

小学校の必読書にしても良いくらい。

| | コメント (3)

迷わない

櫻井よしこさんの本
迷わない

あっという間に読み終わってしまう内容ですが、
TVでの姿しか知らない人は読んでみる価値があります。

金事件の時、そんな事があったのは知らないし、
そんな形で人が動いていた事も知らなかった。
変な話ですが、
この本を読んでしまうと、
良い政治家は環境が作ると感じます。

環境の良い皇室と言う特別世界が良い人間を作るように。

| | コメント (0)

再修理の代車

先日リコール修理したPOLOのDSG。
修理当日、本国VWとVW松山の通信LOGにエラーが残っていたとのことで
ディーラーより連絡があり車両再引き取り修理。
都合2回目のリコール修理完了。

1回目の代車が現行GOLFの1.4Lハイライン試乗車。
車には超鈍感なうちの嫁さんに「この車は乗りやすい」と言わしめた乗り味。
車重と1.4Lエンジンのトルクとハンドルのどっしり感がその要因。

2回目の代車が先代POLOの1.4LトルコンAT。
今乗っている6R-POLOも10万kmを超えるとこうなるのだ、と理解させてく
れるPOLOらしいガタピシ感と古いVWらしいエンジン音。
VWのエンジンは全て最終的にはガラガラ言うエンジンだから、
最初からガラガラ言わせても問題ないと言う理論に基づいて、日本市場にディ
ーゼルを再投入予定なのかと思わせてくれる車。

不思議なのは、「ボロくてガラガラいっている古臭い車」なのですが、
同年式で同走行距離の国産車よりは少しマシに見えるところが欧州車。

初代のPOLOなんてVWのボロって言っていた事を思い出した。

| | コメント (0)

波平さん

違和感なし。

意識して目を閉じて声だけを聞くと少し違和感があるけど、
映像を見ながら聞くと普通。
声優って凄いですね。

| | コメント (0)

穏やかな日曜日

戦っているのか、
遊んでいるのか、
暖かい場所を求めて争う二人。

140216


吠えるから五月蠅いと言われる犬が静かだと感じる日曜日。

| | コメント (0)

終わり

エンディングダイアリーがベストセラーになる不思議。

死んだら終わりなのだから、
残った人が好きにすれば良い。
死んでまで周りの行動に口を出す必要は無い。
と思う自分と、
何かを残しておかないと、葬式をされたり、香典をもらったり、お墓を
作られたりするから嫌だなと思う自分が同居する。

やっぱり難しい。

| | コメント (6)

夜の移動

昼間に移動するのは時間の無駄でしかない(経営者側の場合)ので、
忙しい年度末の時期は19時以降に移動して前泊で客先に入り、
翌日は朝から作業をするパターンになります。


 ・
 ・


今晩の移動は四国なのにまた雪の予報。
夜の運転で雪が降ると目が非常に疲れます。

雪でもFFで十分とか、
スタッドレスを履いていれば駆動方式関係なしとか、
さまざまな基準で色々意見は有りますが、

私には 四輪駆動+スタッドレス 以外の選択肢は無い。
なにせ立ち向かう相手は史上最大の敵に間違いない 「老化」 (笑)

| | コメント (0)

猫の仕事

毛づくろいは彼らの仕事なのだけど、
人が黙々と頑張っているとちょっかいを出して邪魔をするヤツがいる。

140210


自分は毛が短いので直ぐに終わり人の毛づくろい終了が待てない。

| | コメント (0)

ステッカー

ステッカーとか、
バッジとか、
車に無駄に装飾されていると直ぐに剥がしてしまう人間なのですが、
何故かこのステッカーだけは前オーナーが貼ったものを剥がさずにそのまま
使っていました。

幌交換した時も、ステッカーにキズを付けず丁寧に作業をしてくれていたので、
前オーナーが貼った当時の形で残ってる。

もう剥がせません。

140209

 ・
 ・

二日続いた悪天候で日陰には雪が残っていますが今日は晴天。
風もないので暖かく掃除日和。

過走行Sr2を久しぶりに掃除。

1402092


| | コメント (0)

Sr2車検完了

予定外はオイル漏れとハブベアリング1個。
大きな問題はなく車検終了、走行距離163,600km。

ラッシュアジャスターから少し音が出始めているのだけど気にしない。
オイル漏れは漏れ止め剤で多少マシになれば気にしなくて良いレベル
だけど、車検前の状態はかなりまずいのでしばらく経過観察。

オイルコストは2年で走行30,000kmとすると、オイル交換10回相当。
漏れ止め剤+全合成オイル=¥12,000 x 10回で ¥120,000成り。
6年で新品エンジン部品相当のコスト注入って事になります。
漏れ止め剤はエステル全合成基材なので鉱物油や半合成を入れる事
を考えていないだけの高コスト計算。

バルボリンが直販している「漏れ止め剤入りオイル」だと少し安くつきそ
うなので迷いますが、オイルを買うSTAGEさんでは売っていない。
売っていないと言う事は、全合成10W-50と差は無いと言う事かもしれま
せん(笑)

| | コメント (2)

写真

装置出荷前に写真を撮る事を完全に忘れていて、
あわてて明日撮る事にしたけれど、
D700は修理中。
リコーとフィルムカメラしか入っていない防湿庫前で悩んだ。

室内でリバーサルを使うよりデジタル。
GX200よりはGRデジタル。
消去法で考えると選択枝は無い。
古く巨大なアルミ三脚にGRデジタルが載る絵はなんだか漫画(笑)

| | コメント (0)

クロアチア

クロアチアの猫に勝負を挑み、勝った気になっているやつ。

140207

| | コメント (0)

オイル漏れ

オイルポンプ合わせ目からのオイル漏れでした。
これがクランクオイルシールだったらどんなに気が楽だったかと想像し
て下さい。

140206


直ぐに漏れてくるのでそれなりの量が漏れ出てきている事は間違いない。
しかし、オイルパン脱着せずして修理は出来ない場所なのでどうするか?
と二柱リフトに上げられたSr2を見つつ考える。

冷静に考えて、この過走行エンジンのオイル漏れを止めるためだけにオイ
ルパン+オイルポンプ脱着の選択枝は無い。
オイルポンプ脱着する時=OHする時 と言う式が正しい。
タイベル交換後の走行は20,000km足らずなので、もう少しこのまま頑張
ってもらうのが一番財布に優しい。
と言う事で、
とりあえずオイル漏れ止め剤を注入。
そのコストは約¥6,000。
買ったのはニューテックではなく中身が同じPITWORK NC81。近所の日
産部品に在庫があったからと言う単純な理由。
漏れている場所が特定できたので今後の検証は楽。

今日の+α。
リア左のハブベアリングが臨終。
こちらは距離と共に消耗する機械部品なので即交換。

あと二年、元気に頑張って走ってもらいましょう(笑)

| | コメント (2)

オイル漏れ

車検に入ったSr2。
我が家で最も新しいロードスターですが走行160,000km超えだけあってネタ
には困りません。

今回も修理工場から写真が届いた。

140205


アンダーカバーを取り外したら、オイルパンからミッションまでべっとり。
「写真ではこのオイル漏れは伝わらないので見に来い」と言う事で確認。
場所究明は明日以降となりました。

余分なお金がかからない場所を強く希望(笑)

| | コメント (2)

懐古趣味

友人の店にD700とD90を持っていったら、
値段も納期も解らないけどこれはどう?とカタログを見せられた。

富士フィルムX-T1

センサーはAPS-C。
純正OPでライカMマウントアダプター有り。
スクリューもライカMも京セラコンタックスも多分全部使える。
外観だけではなくMF時の合焦表示がコントラスト強調ではなくスプリ
ットイメージ風の一眼レフ的表示と芸は細かい。
海外旅行で強盗に目を付けられない身軽なサイズとしては良いですが、
miniをまねたダイハツの軽四を買う感じは逃れられません。

ペンタプリズム風のファインダーカバー部に描いてあるロゴが、
FUJIFILMではなく、FUJIとかFUJICAだったらまだ良いのに(笑)

 ・
 ・

工業デザインが過去に戻る事は未来を見た前向きな話ではない。

それはマーケティングで作られた目先の数字だけの歪んだ未来。
世の中が金を持っている世代を狙い撃ちする製品を作るのは間違いでは
無いですが、その世代は近いうちに死ぬだけです。
工業デザインには未来の客を掴める新しいデザインが常に必要。
マーケティングで客の数を考えるしか出来ないのでは未来は無い。

| | コメント (2)

センサーのごみ

小さな仏像を写真で拡大し額装してとの命令(親から)を受け撮影。
用途は聞きませんでしたが、白黒フィルムで撮れと言われた。
言葉通りフィルムで撮るのはとても面倒なのでD700。

事務所のテーブルの上でA1版のトレーシングペーパー(ロール紙)を
背景に使い撮影。

140203


縮小画像で解る大きなごみが付いています。
一番大きいのは仏像の真上の空間。
小さいごみを気にすると数限りない。

ニコンのピックアップサービスでセンサークリーニングだけの限定修理
が一番安いのだけど「限定修理」と言う言葉が絶妙。
まるで「見て見ぬふりをしますよ」と言っているようです。
実際は「何も見ません」と言う事なのでしょうが、言い回しが上手い。
かと言って、完ぺきを求めるとオーバーホール約4万円(笑)

| | コメント (4)

燃やす事

ごみ焼却装置設計を考えると良く分かるのですが、
ダイオキシン対策が厳しく言われるようになって以降、燃焼温度と排ガス
の温度コントロールはよりいっそうシビアになりました。
炉温度を上げられるようにすると製造材料費が(構造も)高くなる、
排ガス温度を上げると金属の消耗が速くなりランニングコストが嵩む等、
全ては燃焼状態との兼ね合い。

ごみと同じレベルで語ると怒る人がいるかもしれませんが火葬場も同じ。
短時間で燃やせば数をこなせると単純に燃焼熱容量を上げれば良いと考え
ますが、燃焼温度を上げて運転すると色々なものの寿命が短くなりランニン
グコストが余分にかかり、市民税に直結する。
ランニングコストと人間が死ぬ数をシュミレーションしてベストな燃焼温度
を探しつつ、燃え残りが減りすぎないよう調整する。
ごみであれば燃やしきっても誰からも文句は出ませんが、
火葬場の場合は絶妙な残り具合を望まれる。
毎回安定的に燃やそうとすると、棺桶の中の水分量や重量をコントロールし
てもらわないと燃焼条件が安定しません。
重量と水分量の関数が燃やす温度と時間なので水分量がばらつくと状況が変
わります。
しかし、燃焼温度は低いし途中投入も無いので机上計算には合うので良い。

ごみを燃やす難しさは、燃えるものとものすごく燃えるものが混在する事。
プラスチックごみを燃やす場合の問題は「よく燃えるから温度コントロール
が難しくなる事」。
リサイクル目的ではなく「燃料」としてプラゴミの量をコントロールしないと
よい燃焼条件は作れません。
車の場合は燃料が決まっているから燃焼条件は絞れますが、ごみ焼却場の
場合は燃料組成が無茶苦茶。
燃焼炉に安定性と低コストを望むなら、ごみを出す人間の意識改革が必須。

考えると解りますが、焚き火一つでも最後まで美しく燃やし切る事は難しい。
高級な薪ストーブを買って薪をケチるなら、安い薪ストーブを買って良い薪
を買う方が安全であたたく綺麗な炎を見る事が出来ます(笑)

燃やす事は単純だけど難しい。

| | コメント (0)

説得力の問題

少し前から夏芽が片足を少し引きずっている。

気にはなっているのだけどダッシュしたり家じゅう走りまわったりして
いる時は気にならないので放置中。

痛みに弱い私は少し不安になり
「足は大丈夫かなぁ?」と嫁さんに聞いてみたところ、

「大腿骨骨折していた時は足を地面につけていなかったのだから、
 これぐらいは大丈夫。野生だから。自然治癒力あるから。」
と説得力があるのか無いのか解らない意見を自信満々仰られた。


野生って(笑)

冷静に嫁さんの言葉を考えると、

野生は1ヶ月、
野生の84倍(12ヶ月x7年)は家猫なんですけど。

| | コメント (0)

2月

あっと言う間に2月突入。

2月検収の装置が多いので休日は無い。
3月になれば自転車を引きとってきて「しまなみ」です。

今年になって自分のロードスターを一度も動かしていないと思っていたら、
Sr2が今月車検でした。
2年なんてあっという間。

こんなペースで時間が進んでいくと、
あっという間に50代の10年が終わるかもしれません。
遊びのペースアップをする為には何が必要か?と考えると、
給料に直結する企業利益の向上です(笑) 頑張って仕事をしろとの事。


自分の財布を考えると、
M4は無理、
911はもっと無理。
精一杯頑張れば435やケイマンSなら手が届く。
春に出るRCZ-Rも面白そうです。
今年の年末には次期TTも発表される。

あ~ 悩ましい。

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »