« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年〆

一年間当ブログに足を運んで下さり有難うございました。

ココログに移行して通算3400件の記事、
それらすべて内容に得る物は無い気まぐれな日常にもかかわらず、
安定的に訪れて頂ける方の数が増えて行くことが継続の源(多分)。
なので、もう少し内容をどうにかしたいとは思いつつ数年経過。
低レベルなくだらない事書いて、と笑いつつ読んで頂けたら幸いです。

来年もおそらく変化しないと思いますが、宜しくお願いします。

皆様、良い新年をお迎えください。

| | コメント (2)

ものの見方

親のお金で自動車免許を取ったら、合格のお祝いに新車を買って
くれる親がいたとします(いっぱいいるけど)。
そういう環境で育たなかった人に言わせると、
考え方が間違っているとか、
育て方が間違っているとか、
馬鹿な子供になるとか、
羨ましくて腹が立つとか、
それを見る人の考え方次第で感情は様々。
それらは全てが感情に起因する問題であって本質論とは違う。

 ・
 ・

お遍路に行ってみると良く分かるのですが、
四国霊場のお寺にはありとあらゆる人が集結しています。

歩いて回っている人。
自転車やバイクで回っている人。
車で回っている人。
車が無いと回れそうにない人。
掛け軸を作りたい為だけに回っている人。
掛け軸を作るアルバイトで回っている人。
信仰心で回っている人。
犯罪人が身を隠している(実績多し)。
お接待で生きれる事を目的に回っている世捨て人。

お寺と言う空間に、信心と商売と犯罪と健康と病気が渦巻く世界。
それら全部を許容するのがお遍路文化。

お遍路をすると見る目が変わると言いますが、そういうありとあらゆる
ものを許容する自己努力を始めるからにすぎません。
自己努力と言うのが重要。
一般的常識人の場合、最初の40番辺りまではイライラする事も多いはず
です。
それらは見知らぬ他人の非常識に一方的に腹を立てるわけです。
非常識だと思っているだけの自分に気がつかない。
常識の範囲や礼儀の範囲なんて育つ環境で描く円の大きさが違う。

ところが、60番も過ぎるとだんだんと色々な事が気に成らなくなります。
何をどう見てどう許容するかと言う「こっち側」の感情の問題が100%だ
と考えられるようになるのです。

 ・

最初に戻って、
免許を取った子供のお祝いに新車を買ってあげる親に問題はない。
免許を取るお金をアルバイトで稼がせる親に問題はない。
大学に通う授業料から生活費から小遣いまで出す親に問題はない。
大学に通う費用全て奨学金とアルバイトで対応させる親に問題はない。
どれも親として正しい判断。
環境が違えば判断も違って当たり前。

そう考えられる人が増える事を願う年末。

高額の宝くじでも当たれば「あっち側」に行けるかな~(笑)

| | コメント (0)

年末

あっと言う間の12月。
気がつけば残り1週間を切ってた。
頑張って仕事を前倒しできるように追い込まないと休めません。

 ・
 ・

年末と言えば忠臣蔵。
録画していた47RONINを鑑賞。

何時観るのを止めようかと思いつつ、結局最後まで観てしまった。
確信犯的日本表現が素敵。

しかし、もう一度観たくなる映画とは言えない(笑)

| | コメント (0)

新・戦争論

141225


表紙の顔から想像される通りの内容。

世界から争いが無くならない理由はとても単純で、
宗教が無くならない限り争いは終わらない。
欲が無くならない限り争いは終わらない。
しかし、欲が無くなると人は進歩しない。
誰が何を語ろうが、この原則は永遠に変わらない。

 ・

この本のポイントは、集団的自衛権は現状既に骨抜きにされている
と言う現実を解りやすく説明してくれているところ。

戦争絶対反対と「本質を考えず脊髄反射的に反応する人」は必読。

現在の日本は、
他国を侵略する必要は一つも無いけれど、
現在の日本と日本人を守る事に全力を必要とすると言う事。
変わってしまった過去は変えられないけど、変わりつつある未来は
努力で変える事が出来る。

| | コメント (0)

下仁田のねぎ

ロードスターを買わなかったら知らなかった味。

141224


四国に住んでいる普通の人は、下仁田のねぎを知らない。
関東向けTV番組(正月特番の類)で紹介され、興味をもって通販に
挑む人以外、取り寄せして「下仁田のねぎ」を食べる人は聞かない。

 ・

ロードスターに乗るようになったことで下仁田の地を踏む理由が出
来たわけで、ロードスターに乗っていなかったら死ぬまで行く事は
無かった(多分)。

出張に引っかけて、石井自動車に初めて遊びに行ったのは12月頃。
人生で初めて高速道路から見る妙義山、そこには孫悟空がいるに違い
ないと思わせる愛媛人には異様な風景。
その後下仁田インターを降りるとねぎ畑ばかり。
石井自動車への道中には、ねぎ畑とこんにゃくの看板だけ。
石井自動車の看板さえも隣のこんにゃく屋の看板に隠れていたレベル。

 ・

下仁田ねぎはすき焼きと言われますが、
鳥もも肉と共にくし刺しして、焼くのが一番(趣味の問題)、
予想外においしいてんぷらが二番、
今年は何故かあっと言う間に足りなくなって追加注文したらこの有様。

| | コメント (0)

鳥羽の牡蠣

ロードスターを買わなかったら知らなかった味。


141223


牡蠣の味が同じ海でも場所で違うとか、
海水温の変化が味と香りで解るようになるとか、
嗅覚味覚が自然と牡蠣に対応。
発砲スチロール梱包を開けた瞬間、鳥羽の海水温が推測できます。
広島(中国山地)や香川(四国山地)とは違う、紀伊半島の味。
海は最終的に全部繋がっているのに不思議。

 ・

少し小ぶりだけどとびきり美味い時期(個人的感覚)は12月中~1月
なので、今を逃すわけにはいきません。
今後も変わらぬ味と品質と低価格が続く事を祈りつつ。

ご注文は浦口水産へ。

| | コメント (0)

二度見

道ですれ違い、
二度見する軽四は少ないのですが、

新型アルトのリアデザインには久しぶりに驚いた。

フロントは超安っぽいBMW1シリーズ風味で何の違和感も有りませんが、
リアはキューブとFITと古いホンダZを足して割ったような違和感と言うか
何をどうしたらこの意味のない凸凹が出来る?
しかもリアゲートだけ色が違うという。

こうなると、360度全方位理解不能 (笑)

| | コメント (0)

今治タオル 奇跡の復活


141222


今治タオル業界が復活したとは思えませんが、
どん底状態を脱した事は間違いない。

ブランド戦略のおかげで、今治タオルを買う機会が増えました。
買う理由は単純で、
この戦略の結果、明確に一時期よりも製品が良くなりました。
それまでは今治タオルもベトナムタオルも中国タオルも差を感じな
い時期があったのが現実。同じ事を同じ機械で同じようにするのだ
から気を抜くと当然の話です。

この本は「四国タオル工業組合」共著のように紹介されていますが、
現実は「佐藤可士和」さんだから成し得たこと。
彼に頼んだことが復活できた理由。
生活の拠点を愛媛県にしか置かない人達=今治タオル業界の人達の
感覚 だけでは絶対に成し得ません。
そういう目でみると、
日本中で同じ様な復活劇の可能性があります。

あとひとふんばり、道を誤らず、欲を出さず、頑張って欲しい。

| | コメント (0)

SF作家の自転車本

141221

「自転車で痩せた人」は読んでいたのだけど、
その他を読んでいなかった事を思い出し購入。
その他と言えば、本業のSF小説も久しく読んだ記憶は無い。

この人が書く自転車本は、何処か何かで読んだような話が繰り返し
出てくる気がしてなりません(笑)

乱読していると、
誰の書いた文章なのかを覚えていない読む側の問題。
なにせ、
昔買って読んで処分した本をまた買ったりしているもの忘れレベル
なのだから始末が悪い。

| | コメント (0)

午前零時の自動車評論8

141220


7を読んで、このシリーズは買わないと思ったにもかかわらず購入。
7よりは内容がマシだったので腹は立たず。

 ・

シリーズものの新刊が出版されると、無意識で買ってしまうのは、
買ったものが本棚に揃っているからに違いなく、
物を揃えないと落ち着かないと言う性格がそもそもの原因。
なので、
今後買わないようにする為には、
1~8をまとめて処分してしまう事なのですが、
1~3あたりまでの内容は手放せない(気がしてしまう)。

世間の人が年末大掃除で不要な本を捨てていると思われる時期に、
何故か本が増えていく。

| | コメント (0)

ボールド恐るべし

あの強烈に臭い洗剤 ボールドのお話。

作業用の手袋に不注意で灯油のにおいをつけてしまった為、丸洗い。

臭いを消す為、「臭くて使えないボールド」を使ったら、
手袋を使うと、手からボールドの臭いが消えなくなった。
数日使っても状況が変わらない。
違う洗剤で洗い直したけれどまだ臭う。
もう一回今度は温水を使って洗い直したところ、ようやく臭いが消えた。


身につける服をボールドで洗える人の嗅覚が信じられない(笑)

| | コメント (0)

自転車芸人

141219


冬でも乗らないといけないと言う気持ちにさせてくれます。

冷静に見て、価格と文字数と紙質と内容はとても価格相応とは思え
ない高価な本ですが、人生の楽しさと自転車の面白さは伝わる本。

| | コメント (0)

不眠症


141218

私は入眠補助化学合成薬品の世話に成らない日は無いのですが、
自分が不眠症とか精神的病だと思った事は無く(そこが問題)、
頭の中が仕事の続きで覚醒しているだけだと解釈していました。

寝つけない最悪のパターンは、寝る前に風呂の中でアイデアを思い
ついたような時や夢で思いついた時。
夢と妄想と発見の区別がつかないので、その場合は諦めて仕事に戻
り、図面を描きつつ現実を知る事しか手は無い。
ごく稀に、「良し!」と深夜にこぶしを握る瞬間があるのも理由。

思いついたモノは形にしておかないと消えてしまう事が解っている
だけに、考えを整理することで頭が一杯になる。
無視して無理に寝ようとしても、頭の中は一生懸命仕事をしている。
階段を下りるだけで仕事場と言う環境なので、何時でも仕事に戻れ
る事が良いのか悪いのか。

 ・

入眠の為に、定期的に薬を変えつつ、薬でコントロールする事に問題
は無いと言う著者主治医の意見には賛成。
死ぬまで薬を飲んだことで想像される副作用より、日々寝ることが
重要と言う見立てに問題は少ない。副作用が出るよりほかの病気にな
る確率の方が高いかも。
とはいえ確率論なので運次第。
私の主治医は「医者の不養生」で私より先に死んでしまいましたが、
診断に間違いは無かった(と今でも思う)。

 ・

寝れないから 本を読む のか、
寝る前に本を読むから 寝れない のか、

年末進行で強烈に忙しい昼間の仕事意識を違う方向に切り替える為、
仕事にまったく関係のない内容の本を夜な夜な乱読する日々。
今読んでいる本は、車とか武器とか犯罪が無い健全な内容ばかりなので、
新年には脳内が少し健全になる予定(多分)。

| | コメント (2)

軽四業界

先日、
不幸な玉突き事故で車(軽四)を失った人(女性)に、

「今、軽四買うなら何を買います?」と尋ねられたので、
「ジムニーか軽トラック。」と答えたところ、
「そうですよね~」と納得してくれた。

欲しいものが無いし、欲しい性能が無いのが今の醜い軽四業界。

優遇することで良い結果は一つも生まれない。

| | コメント (0)

6AT

ようやくハイエースに6ATが載った。

と思ったら、

4ナンバーは2Lガソリンモデルだけでディーゼルは4AT。
4WDで2.7Lガソリンを買うと6ATだけどワイドボディーの1ナンバー。

謎な商品構成。

| | コメント (0)

恋愛小説

TV番組(コサキン)で、関根勉が絶賛していた本を読んでみた。
趣味とは全く違う武器や死体が出てこない小説なので、最後まで
読むにはかなりの根性が必要。

141217

推理小説やSF小説を大量に読み込んでいる人なら読み返す事は無い
「上手い」で終わる構成。
私の場合、TVで関根勉が絶賛していたから最後まで読めたのが現実。
あの書評を聞いていなかったら、途中で挫折していた事は確実。
リズム感と、内容と、わくわく感のない青春小説だけど、
最後の最後まで読まないといけない内容。

趣味が違う人もたまには是非。

設定が80年代後半なので、
その時代に自由を満喫していた世代は「上手い」で終わりつつ、
「念のため」読み返す事になるはずです。

と言う私は、
読み流した後半を読み返した。

二回目読んでも、

うん、

上手い。

| | コメント (0)

溺愛プロジェクト作品

一部で有名らしい「溺愛プロジェクト」の作品を購入。
ご本人にお会いした事は無いのですが、軽井沢で車を見かけた記憶
がある程度の認識。
設計して、製作して、¥15,500。

うちで製作したら、どう考えても塗装無しで¥30,000~。
綺麗に高強度で作ったら¥40,000+塗装代は必要。
この商品は激安。

KONIを12kで組み直す予定なので無いよりはあった方が良いかもし
れないと言う脳内妄想に基づき購入したわけです。
ええ、まだ妄想だけです。
なので、まずはR-LTDに付けてみようかと思い2つ購入。

141216


手元に届いた商品を見てしまうと色々欲が出る。
それは設計で飯を食う人間の性。
自分で設計しても「もっと、もっと」と欲がでて終わりが来ない。
見知らぬ他人が設計したものに欲が出ない訳がありません(笑)

欲はでるけど、
形に出来る人と、
形に出来ない人に分かれる。
私なんて典型的後者で、
自分が欲しいものは、図面を描いて金をかけて作るけれど、
皆の為に安くしようとする努力は出来ない。
そんな努力をした記憶も無い。

と言う事で、
こういう商品は、
製作者の心意気を買うわけです。
僅かでも利益になって次の何かにつながれば良し。

| | コメント (0)

タイヤ交換2台

先日の土曜日、
修理工場に「TTのタイヤ交換とオイル交換できる?」と電話したところ、
「平日の暇な時にして、(お願い)」 と言われたので、
諦めて自分で交換。
流石に今週の出張は危険。

ガレージでTTとPOLOの2台タイヤ交換をして、
(JB23は先日車検だったのでその時に交換済み)

水なんて触りたくないので、
外したホイールは掃除せずに積み上げて終了。

寒い時にする作業では無い(当たり前)。

毎年同じ事を思うのに、
雪が降るほど寒くならないとやらならないのが怠惰な人間の証明。

| | コメント (0)

軽量化

スペアタイヤ1本分以上あった重量物。

141214

ドアスピーカーも全部撤去しようかなぁ・・

オイルラインのアルミ継ぎ手が壊れそうなオイルクーラーも撤去して、
重たい真鍮ラジエータを軽いアルミにするかな。

妄想拡大中。


このゴミの値段は考えたくない (笑)

| | コメント (0)

YS11

最後のYS11が処分されるとのニュース。
JAXAに売却された機体が90万円だったと言うのにも驚きますが、
最後の1機が処分されるニュースはなんとも悲しい。

戦争に負けて、
色々な物が処分された状況で、
当時の設計者が知恵を絞って作り上げた国産飛行機。
高いお金を払って図面を買って作った品とは訳が違う。
お金を払わず、意味を理解せず、丸写しする国とも訳が違う。

計算尺で計算していた時代、
設計室に冷暖房が無かった時代、
湿度で伸びるトレーシングペーパーに手描きしていた時代、
そんな時代に設計された品は、性能以外の何か違うものを感じてし
まうのが昭和世代の性。

それはさておき、
技術者の夢満載のYS11ですが、
今回一番気になるのは、
仮に格安で落札しても、
飛行場が無ければ受け取れないし、
飛行場に飛ぼうとしてもこのYS11は飛ぶ事が出来ない、
どうする??

謎が多い。

| | コメント (0)

同年代

東海道新幹線が50周年で同じ歳だと言っていたら、
マツダの三次試験場も50周年


50歳で参加したら、少し幸せになれるかもしれませんよ。

| | コメント (0)

ファイルサイズ

Autodesk Product Design Suite Premium2015を増設。

取引先の関係上、過去バージョンを使わないとだめだと言う事は解って
いたのですが、サブスクリプション契約しても「物理メディアを送って
くれるのは最新バージョンだけ」にいつの間にか規約が変わっていた。
古いバージョンを使いたい場合、サブスクリプションセンターにログイン
してファイルをダウンロードするのですが、リトライを繰り返し何時まで
も終わらない。
なんでかなぁ、と思ったら、

ダウンロードするファイルサイズが 34.5GB 。

数年前からバージョンアッププログラムがUSBメモリーで届くので、ファ
イルサイズを気にした事が無かったのですが、改めて届いているUSBメモ
リーを見たら、64GB。

 ・

サブスクリプションセンターからダウンロードする為の専用ダウンロード
プログラムの出来は素人目にも良いものには見えない。
日本発のファイル共有ソフトの出来が良かったと思わせてくれるレベル。
明日の朝までに正常終了してくれるかどうかさえ期待が持てない状況。
期待は持てないけど駄目でも何度も挑戦するしかないという仕組み。

ライセンス一つに年間十数万の費用を取るのだから、USBメモリーで発送
してくれ~(笑)

| | コメント (0)

バイオエンジニアリングプラスチック

NDロードスターから採用との事。

プロテイン塗装の悪夢を繰り返さないで欲しい(笑)

| | コメント (0)

おでん

晩飯を食いながら、
コンビニおでん解説番組(マツコの世界)を見てた。

私は昔からとても神経質ならしく、
縁日に並ぶ露店で買って食べる事はとても苦手(と言うか無理)。
理由は、食べ物が直接路上にさらされているのと大差を感じない事。
人が多い時のサービスエリアフードコートとか露店も駄目。

同じ話で、
コンビニで良く売れている「おでん」も、雑な人の操作とか客の汚さ
とかそばを人が歩くのにきちんと蓋がされていない事等が気になって
買えない商品の一つ。
店の従業員たちの制服の汚れや、
カウンター内の料理人の指や腕の毛が微妙に気になるのと同じ目線。

工場でパックされたものと何が違うと言われても「イメージ」の問題。
スーパーの総菜売り場で、前日の売れ残り食材を目の前で調理される
惣菜より、国内工場で生産される惣菜を選ぶ人間。

見えていない所なら気に成らないから大丈夫という理論。
見えると駄目。

しかし、

今日の番組を見ていたら、コンビニおでんを食べ比べしたくなった。
私が食いたくなるほど良い構成の練られた番組(笑)

| | コメント (0)

Sr1作業

先日の日曜日、
掃除した助手席シートを取り付ける時、
手元のNA車体で見慣れぬ配線が絨毯下を這っていたのを考える事数秒。
純正ではないので、私が通したはず。
 ・・・
配線を追いかけてようやく判明。
アナログTV用フィルムアンテナの配線とブースター用配線でした。
完全に何をやったかなんて忘れています。
アナログTV放送っていつ終わったっけ。

 ・

使えない配線や部品を残す理由は無い。
当然今回撤去する(気合いは有るが面倒)。
トランクに設置したCDチェンジャーやアナログTVチューナーも要らない。
DVDナビも要らないし、
MDプレーヤーも要らない(MDも持っていない)、
車は古くなればなるほど純正状態で必要十分だと言う事を実感中。

車を買って → 改造して、遊んで → 最初に戻る(今)

冷静にこのループを見ると、お金の無駄。
無駄が多いけれど十分楽しんだ10数年と言えるので、何もしない事が
良いとは言わない。
車遊びなんて所詮は無駄な事の繰り返し。
無知なんだから遊びつつ何でも試さないと解らないのは仕方なし。

今回も、修理しているのか壊しているのかは謎。

| | コメント (0)

お金がかかる

晩飯を食べながら池上さんの選挙解説TV番組を聞いていました。

時々ドキッとする物の見方を見せてくれる人なのですが、
今日も何気ない一言で関心してしまいました。

 曰く、
 民主主義はお金がかかる。
 独裁なら安く上がる。


 ・

考えると、企業だって同じ。

社長の独裁が一番安く上がり利益が出る。
なにせ結論までが速いのだから、答えを間違わない限り他社の会議
中に全速力で動ける。
しかし、独裁には未来が無いのは国も企業も同じ事。
選択を間違うと全てが終わる。

独裁と言う言葉が良くないだけで、現実は社長を信頼すると言う事に
等しい。

非常に難しく、微妙な問題。

| | コメント (0)

故障中

1990年の創業以来、
場所を3回引っ越ししつつ、
五月蠅いながらも安定稼働していたダイキンの業務用エアコンが故障。
寒いよなぁと思ったら、暖房が動かず送風運転してました。
これはもう扇風機ですね。

とはいえ、24年間で修理は1回だけという素晴らしい品質。
次もダイキン製を買う事は確定。
しばらくファンヒーターで頑張ってもらうしかないのですが、その
ファンヒーターも時々異常燃焼音がでて炎が時々赤くなる状況。
頼むぞダイニチ(ダイキンではない)。

壊れるときは何故かいろいろ同じタイミング。

| | コメント (0)

諦めて装着

先日からあれやこれやとやってみていたNA純正革シートの再生。

本日、限界を感じてSr1に装着。
Sr1にSr2のシートなので違和感はありますが、そんなことが気になる
車では無くなった(笑)

141207


元々の革がなにせ途方も無くボロイのと、革の厚さなのか塗装なのか、
場所により硬さがマチマチなのはどうにもできない。
本来サイドパットと座面で違うのなら解るのですが、座面だけでも堅さが
違う。
古いシートなので革の縮みは避けられず、縫い目を引っ張っている所も
多い。

車も古いので、これくらいでもまあ良いかという感じで諦めた。


運転席はもう少し頑張ってみる予定、、、、
春には動かせるようにしたいものです(笑)

| | コメント (0)

SLS

昨日の出張帰り。

寒波の影響でみぞれと小雪が舞う高速道路で、
バックミラーに映る 低く明るく装着幅が広いヘッドライト。
なんだ?と考える余裕すら無い凄まじい速度差で接近してくる。
それは、自分のオートクルーズ設定速度を再チェックするレベル。

抜かれざまに見ると、AMG SLS。

もともと車幅の広さは尋常ではない車。
後ろ姿と動き方を確認したかったので、しばらくついて行ったのだけど、
格好良し。
R8のコンパクトな凝縮感とはまったく対極の、
メルセデスらしい「どうだこれで!」と言う強い押しが素敵。


考えると、
ホイール1個+タイヤ1本=そこそこの車 くらいの価格ですから、
仕上がりが美術品並みに綺麗でも価格相応。

| | コメント (0)

マツコ本と時価

アタシがマツコ・デラックス!

初めてTVで見かけた頃、
面白かったので目についた本を買って、
一度だけ読んでブックオフに只で買い取られて行った本が、

今では驚くプレミア価格。

この単行本を出した当時、今のように売れるとはだれも考えていなかった
のでしょう。

私が読後ブックオフに持ち込んだタイミングでは紙ゴミだったけど、
今なら購入価格以上のお金になったという事。

お金がどこにどんな形で転がっているのかは一生解りません(興味も無い)

 ・
 ・

我ながら読書範囲は無茶苦茶。

| | コメント (0)

レティナは偉い

出張作業用に使っていたThinkPad W500が使用中で持ち出せず、
机上のMBP15”(否レティナ)を出張作業用に持ち出したのですが、
外部ディスプレイを繋いでいると気がつかない問題点が客先の机上で判明。

Parallelsをフルスクリーンモードに切り替えないと解像度が足りず起動でき
ないソフトウェアがあった。
お客さんの目の前でソフトウェアが起動できないのは格好悪し。

 ・

「解像度」の警告とはいえ、今まで見た事が無い警告を客先の机上で見るのは
精神衛生上良くない(笑)

レティナディスプレイの解像度は巨大な画面を必要とするソフトウェアには必須
になってきたかもしれません。

| | コメント (0)

3D-CAD

ドラフターから2D-CADになった時代は、作業者が使いやすいものを導入すれ
ば、設備投資額が少々高価でも投資は回収出来ていたのですが、
AutoCADLTが世間にばらまかれて以降、2D-CADに金をかけて償却するのは
とても大変な時代になりました。
それをしてAutodeskの営業戦略と言う話なのか、
日本人のモラルの話なのかはとりあえず置いておきます。

 ・

2D-CADはAutoCAD LTかAutoCAD Mechanicalがあれば、どのバージョンで
作業するかとカスタマイズの違いくらいでどこの会社も目立つ差は無い。
色々な取引先を見ても、他社製2D-CADはほぼ駆逐された感じ。
CADデータの基本はAutodesk製のDWG。
図面データの基本はTiffかPDF。
2D-CAD作業にしばらく変化はあまり考えられない(気がする)。

ローエンドの3D-CADは、InventorとSolidWorksのどちらかと言うパターン
だったところに増えてきたのが富士通のiCAD。
取引先で色々みるにつけ、独特の作業性を見ていると興味がわいてしまい、
先日メーカーを呼んでじっくり見せてもらったのですが、
iCADで2D図面まで作業して良いなら、InventorやSolidWorksに勝ち目無し
と言って良い完成度。
アセンブリモデルを意識せず、簡単に変形できる3D-CADは面白い。
パーツ数に対する表示速度も驚く速さ。
Inventorだと意味不明な拘束エラーの山になる変形作業をしても問題無し。
思考順序がとても日本的な3D-CAD。
2D-CAD時代のCADPACを思い出しました。
メーカーのデモで目からうろこが数枚落ちたのは本気で久しぶり。

しかし、3D-CADも取引先が何を大量導入するかで左右されるのが下請け会社
の宿命。変換という無駄な時間と信用できない互換率の数字に振り回されるな
ら、同じ製品で作業するのが正解。
iCAD良いなと本気で思いつつ、
主要取引先の都合上、
下請けの追加設備投資はInventorだったりするわけです。
仕方が無いけどなんだかなぁ、、という気分。

欲しいものを買え! に踏みきれない精神的にもやもやした設備投資。

| | コメント (0)

DSG

一度動き出してしまえば欠点が一つも無いミッションがDSG。
初代TTに積まれ6速でスタートしたDSGも次世代で10速になるらしい。

自転車と同じレベル。
自転車でも「多段化にメリットは無い」と言っていたのは、Wレバーで
変速していた時代の話。
機械式(ワイヤー式)だと11速が限界の気がしないでもないですが、
電動式(モーター式)を使えばまだ先がある。
自転車の電動多段化は既にデメリットをメリットが抑え込んでます。電池
と言う部品が「嫌い」でなければ、現状電動以外の選択肢は無い。

車も同じで、
Porscheのクラッチを踏むマニュアル7速ミッションにメリットは感じま
せんが、
パドルで変速出来るVW7速DSGが10速になるのならデメリットは無い。
「ミッションが壊れたら200万円~」は何処のメーカーも同じ。
何を買っても車の値段相応の修理代金になるのが必然なのだから、諦
めるしか無いお金の話。

 ・

次に買う車のミッションは何を買う?と問われると、

新車ならトルコンATを積むアルピナが良い、と言う回答。
DSGが良いぞと言いつつ無いものをねだるとアルピナのトルコンAT。

上質感を突き詰めると、「多段化+ロックアップ率が上がったトルコン
AT」に敵う物は、上手な人が丁寧に運転するMT車だけ。
DSGでは遥か届きません。

| | コメント (0)

Prallels10に10.8

Parallels10にOS X 10.8をインストール。
全てが正常に上手くいったと思いきや、
純正日本語キーボードがUS認識。

Parallels Tools の設定で変更できるのかと調べても設定が無い。

USB外付けキーボードは物理的にはJISキーとして認識されているのに、
入力するとUS配列。

明確なのは、
他の仮想マシンとホストOSのキーボード認識は正常なので、
今回仮想マシンとしてインストールした10.8だけの問題。

Google先生に尋ねるも答えが無い。
ご存知の方教えてください。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »