« 下仁田のねぎ | トップページ | 年末 »

新・戦争論

141225


表紙の顔から想像される通りの内容。

世界から争いが無くならない理由はとても単純で、
宗教が無くならない限り争いは終わらない。
欲が無くならない限り争いは終わらない。
しかし、欲が無くなると人は進歩しない。
誰が何を語ろうが、この原則は永遠に変わらない。

 ・

この本のポイントは、集団的自衛権は現状既に骨抜きにされている
と言う現実を解りやすく説明してくれているところ。

戦争絶対反対と「本質を考えず脊髄反射的に反応する人」は必読。

現在の日本は、
他国を侵略する必要は一つも無いけれど、
現在の日本と日本人を守る事に全力を必要とすると言う事。
変わってしまった過去は変えられないけど、変わりつつある未来は
努力で変える事が出来る。

|

« 下仁田のねぎ | トップページ | 年末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下仁田のねぎ | トップページ | 年末 »