« アルト | トップページ | Princess »

牌は地球を救う?

TVをザッピング中に、24時間麻雀の放送で手が止まった。

雀卓の顔ぶれで目についたのは競輪界の神様と言える中野浩一。
世界プロ・スクラッチV10は未だ前人未到の現人神。

神様が雀卓で何してる?って感じでしたが、調べると番組の常連さん。

それはさておき、
最終局面まで優勝を争った小柳ルミ子に引導を渡した振り込みは
蛭子さん。
最終局面でもキャラクター通りの展開。
流石に24時間他人の麻雀を見る事はできませんが、
最終局はTV画面に食い入ってました。

自分が最後に雀荘に行ったのは間違いなく20年以上前なので、
手が早い人達の勝負はTVでは解らないかなぁと思ったものの、
真剣に遊んだ事は予想外に忘れていないと言う事。


最終局面を上がり100万円の賞金を手にしたのは中野浩一。
天性のギャンブラーにしか見えない(笑)

|

« アルト | トップページ | Princess »

コメント

麻雀は中2で覚えてから結婚するまでの間どっぷりその世界の住人でした。
二十歳過ぎからフリーの雀荘に入り浸り、危ない人たちと高レートでしのぎを削る毎日。(笑)
結婚を境に完全に足を洗いました。

投稿: 大市民 | 2015年1月13日 (火) 13:19

私は高校3年生から結婚するまでですね。

今思うと、何て危ない事をやっていたんだと思う。
バイクも車も同じですが(笑)
今仮に、息子が同じ事をしたら大喧嘩間違いなし。

さておき、
麻雀は携帯でゲームするより遥かに知的な点数ゲームなので、
衰退していくことは少々悲しい。

投稿: 高橋@works | 2015年1月13日 (火) 21:59

衰退の一途みたいですね。なにしろ大学生がやらない。
雀荘経営に乗り出さなくて良かった。(笑)
嫌いだったのは大橋巨泉の「私ら上級者」と言う言葉。

俺のが強ええよ!と常日頃思ってました。(笑)

投稿: 大市民 | 2015年1月14日 (水) 08:09

近所に10数件あった雀荘は、
10数年前に全部つぶれています。

人口13万人の市内に残っている雀荘は1~2軒。
老人が集まる将棋道場の方が数が多いかもしれません。

投稿: 高橋@works | 2015年1月14日 (水) 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルト | トップページ | Princess »