« 微妙な違い | トップページ | 旧車の日常 »

カマロ

NCIS LAを見ていると、
毎回カマロが欲しくなる。
マッスルな2ドアクーペは力強い巨大恐竜と同じで永遠の憧れ。

しかし、排気量6000cc超えの車を維持する勇気は全く無いので、
購入テーブルの上に上がって直ぐに下ろされる。

誰が何を語ろうが、大排気量車は音が良いです。
これはもうどうしようもない現実。
POLOの1200ccターボで不自由が無いって事を考えると、
6000cc超えに乗る理由は無いと嫁さんに言い切られるのは当然。

カマロを推せるポイントは一つ。
NCIS LAの映像を見る限り、リアシートに米国人が乗れる広さが有る。

|

« 微妙な違い | トップページ | 旧車の日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微妙な違い | トップページ | 旧車の日常 »