« NDロードスター | トップページ | PTV »

ウォシュレット修理

自宅のウォシュレットが壊れた。
前触れ無く冷水。
水道水温が低い冬なので、
水が出ないパターンよりかなりの衝撃(笑)

ウォシュレットの運転動作フローを考えれば、
着座すると自動でノズルクリーニング動作をするのだから、
高温水で洗浄して、温度センサーで動作水温モニターして異常
時は出水停止する機能があれば、今回の冷水ショックは無い。
(もしかすると、最新商品はそうなっているのかもしれません)

TOTO修理フリーダイヤルに電話したところ、
即座に履歴が解り、
取付は2005年12月、
前回の修理は2008年だったと判明。
そうすると、10年間で修理2回目の上出来の製品。
前回の修理代金が確か3万円ほどだったというかすかな記憶と、
新品購入価格10万円超(多分)を天秤にかけ修理を選択。

ノズル流調ユニット ¥4,900
フロートスイッチ ¥370
交換工賃 ¥7,000
訪問料金 ¥2,500
消費税 8%
合計約¥16,000足らず。

今の家を建てて20年なのだから、二代目ウォシュレットが寿命に
なるのも当然の話。
とりあえず、今回の修理で1年くらい壊れずに動いてくれればOK。

もう製品寿命は使い切りましたので製品に文句なし。
次もTOTO製品を選ぶことは間違いない。

|

« NDロードスター | トップページ | PTV »

コメント

築23年でウォシュレットの修理は1回。今月リフォームも兼ねて全交換します。
自分の残りの寿命を考えると妥当かと。(笑)

投稿: 大市民 | 2015年2月21日 (土) 08:42

50歳を超えた瞬間から、
「元が取れる設備か?」を考えるようになりました。

車遊びは別次元(笑)

投稿: 高橋@works | 2015年2月21日 (土) 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NDロードスター | トップページ | PTV »