« 太らせた | トップページ | シャフト錆 »

中古車

従業員の友人が、
ルノーキャトルからローバーminiに乗り換えたらしいのですが、
乗り換えて早々高速道路でバースト。
話を聞くと、12inを10in化していたminiらしいので、10中6・7は
買うときに普通は見ない裏側のタイヤ傷と推測されます。
リフトで上げて車体裏側を目視確認する人は少ない。
キャトルに乗ってた人が、リスクが高い10inタイヤなのに空気圧
確認もせず高速道路に入るはずは無いという前提ですけどね。

中古車を買って命を預けるなら、信頼のある知り合いの人に液体
交換、タイヤ交換、外に見えてるベルト交換、バッテリー交換は
問答無用のコスト。
必ず違う目で、目の前の物を疑って点検してもらわないと駄目。
自分が描いた図面を自分でチェックするとミスを見逃すのと同じ。
店の看板と作業している人の技術レベルは違う棚の話。

10in化した12inローバーminiはブレーキ回りもまず信用できない
車が多いのも現実。
NA8ロードスターにNA6純正ブレーキを移植するレベルとは違う、
構造とか使い方とかリスクとか元々の車体設計を考慮したものと、
そんな事を全く考えていないものが混在する恐ろしい世界。
見た目は同じように見えて全く強度が違うものが存在する。

古い車に安全に乗るには、手間暇と知識とお金がかかる事は当然。
技術は技術力が有る人を信用するにしても、仕事を確認出来る目
は育てていかないといけません。


そんなことに労力やお金を使いたくない人は、
定期的に保証が付いた新車を買い続けるのが一番安全。

|

« 太らせた | トップページ | シャフト錆 »

コメント

「10インチ用 4ポッドキャリパー」とかいう、ステキな部品も有るんですがね。

投稿: マツイム | 2015年3月24日 (火) 09:25

直ぐに開くやつと大丈夫な奴が有ったりするのはロードスターと同じ。
でも10インチサイズで開くって ねえ(笑)

投稿: 高橋@works | 2015年3月24日 (火) 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太らせた | トップページ | シャフト錆 »