« メーターパネル | トップページ | スクリーンセーバー »

ドラえもん考

藤子不二雄さんだったらおそらく言わなかった話が聞こえた。

 ドラえもんが青い理由。

「鏡をみてネズミに耳を齧られた自分を見て青ざめて真っ青に
成った」で育った私には少しさびしい。
ドラえもんを最初に見たのは貸本屋のコミック本だったので、
カラーページはおそらく表紙だけだったと思う。

夢が無い話を口に出さないのは「意思」の力。

子供に夢と希望と笑いがある設定を信じさせるのは、
サンタクロースを信じさせるのと同じ仕事。
本当の事なんてどうでもよいのです。

想像の産物には夢がある設定が重要。
設定だと解っていても設定が真実。

宗教と同じと言うと怒られますし、
多くの独裁政権指導者と同じと言うともっと怒られるけど、
そんなレベルのお話。

|

« メーターパネル | トップページ | スクリーンセーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メーターパネル | トップページ | スクリーンセーバー »