« フィアット124スパイダー雑感 | トップページ | Apple Watch »

惜しげの無さと楽しみ

NAロードスターSr2が楽しいとか、
JB23Wジムニーが楽しいとか、
主なる理由は惜しげの無さに尽きるかもしれない。

Sr1やR-LTDに穴を開けたり加工するのは嫌だけど、Sr2なら何でも挑戦出来る。
ジムニー(JB23W)も同じで旧式ワイヤーハーネスモデルなので何でもできる。
どちらも外装は程程に痛んでいるのがまた良い。


新車を買うと、
ホイールを変えるかタイヤを変えるか色を変えるかステッカーを貼るか。
良くて車高を変えるくらいのもの。
それ以上はほぼ出来ないに等しい。
車が好きな人が育つ土壌は日本から消えた。
車って何の為の物になっていくのでしょうか。

車の原点は馬車よりも楽をする為の道具。
それに遊び心を持った大人達が色々な遊びを作ってきた。


子供たちに遊び心を育てる余裕が欲しいですね。
ゲームで暇つぶしさせるのではなく、現実世界で。

|

« フィアット124スパイダー雑感 | トップページ | Apple Watch »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィアット124スパイダー雑感 | トップページ | Apple Watch »