« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

修理行き

ロードスターは本日修理工場に引きとられて行きました。

ガレージから引っ張り出して、
傷をみたらまた腹が立ってきたけど、

「人身にならなくて良かったねぇ。」と言う言葉をかけられ、
無理やり自分を納得させている現状(笑)

| | コメント (0)

自損

自転車との衝突は避けられたけど、ロードスターに傷(対自転車ではない)。
自転車で両耳イヤホンしてアウトインアウトで1車線の山を下りる神経を疑う。

どうしようもない無い憤り感。

まあ、どんな状況であれ、
かわせずに当たっていたら車側が悪くなるのだから、
とっさにかわせて良かったと思うしかない。
と、嫁さんに言われてもイライラは消えない。
なにせ自損。

右に逃げるしか無かったのだから万が一自転車に後続車両がいたら正面
衝突。

当然、無法者の自転車はそのまま下りて行きました。

ロードスターの修理は外装だけなので軽傷ですが、
心の傷は大きい(笑)

| | コメント (2)

応援と結果

多くの芸術家は「死んでから評価される」と言う一番良くないパターンに
陥ることが多いらしい。
なにせ、「死人に口無し」で皆が好き勝手言え自由に評価できる。
そして儲けたり損したりする。

そんなことよりも、考えるべきは今の芸術家。

冷静に考えると、死ぬまで評価されなかったら、その人はどうやって
生きるのだろう(生活費は?)と考えてしまう。

 ・
 ・

会社経営も同じで、
その会社や従業員を応援してくれる人の数で成り立つ。
音楽家はCDの売れた数(金額)。
小説家は本の売れた数(金額)。
画家は売れた絵の数(金額)。
 
  ・
  ・

気に入ったものにはお金を払う事が応援。

CDの貸し借りや図書館と言う仕組みが良くないのではなく、
良いと思えばできるだけ買うのが礼儀。
本人が作品を作り続ける為の生活費なのだから。

応援してくれている人がいるから人間は頑張れる。

今の親たちに足りないのは、
子供が小さい時から「こうやって他人を応援するんだ」と言う形を
見せていないから、インターネット上に無法者の若輩者が現れる。

明るい未来を作るには人を応援し続ける事が重要。

| | コメント (0)

カセットアダプター

先代カセットアダプターが壊れて以来、音楽が聴けない車になっていた
のですが、まだ売ってるかと思って先日調べたらあったので購入。

海外生産の海外向けのマクセルブランド。
FMで飛ばすよりは良いレベル。

1602261

安定した良い製品があれば教えてください。

| | コメント (0)

冷蔵庫の感想

先日壊れて買い替えた冷蔵庫。

 Ag+   モデル
 ナノイー モデル

新製品実売価格では価格差が大きいですが、
流通量と在庫量と期末に売りたい量の違いで、
購入価格差がほぼ無くなったので ナノイー 購入。

何が違うか全く実感なし。
きっと、1年後に「すげーなー」と何かに感動出来るはずだと思いつつ。

2点、非常に良いと感じている点は、
コンプレッサーを一番上の一番後ろの使わない空間を利用している点。
身長が低い嫁さんの様な人でも庫内を効率的に使える空間設計。
下部の引き出しドアがスライドレール式で強靭+全部引き出せる設計。

 ・

機械設計順序で考えると、
高い位置に振動が出るものを搭載するのは理解不能ですが、
熱的には高温になるものを上に搭載するのは理想。
つまり、いままで出来なかった何かを「超えた」のかもしれません。

今までは水分蒸発をコンプレッサーの放熱を再利用していたところが、
電気ヒーターになっているので消費電力で損得が見えない。しかし、
電気ヒーターのW数よりもコンプレッサー動作で内部温度が上がる方が
大きかったのでしょう(多分)。

冷蔵庫設計を知らない人間の妄想・・


内部照明が電球からLEDに成っただけで新しさを感じる低レベルです。

| | コメント (0)

住宅金利と住宅レベル

30年前に最初の家を建てた時、払った金利を今考えると恐ろしい。
でも、良い大工さんに恵まれ良い家が作れた。

木造住宅の反省を胸に、今の鉄骨住宅を立てて既に20年。
前の家とは大違いの金利だったので建築価格は高くても払った金利
は少ない。総額を比較したくないので計算はしない(笑)

 ・
 ・

最近の住宅金利。

30年前には想像が出来ないレベルまで下がってきていますが、
同じ感じで大工さんの平均技術力も下がってきている現実。

相当神経質にチェックしないと思い描く家はまず出来ない。

ヘタすると、素姓の良い土地付き中古住宅を買って気長にリフォーム
する方が良い家が出来る感じ。
じっくり近所住民や環境を観察する事もできる。
とはいえ、その場合は超低金利の恩恵は無い。

変な言い方ですが、金利が下がっても良い住宅を手に入れる事ができる
人の数は減ってきている。
なんだかなぁと感じる次第。

| | コメント (0)

可哀想と言う感覚

知り合いが手に入れたNA6ロードスター。
「もらった」レベルの車体なのだけど(実際は知らない)、
問題は現状とオーナーの考え方。

ノーメンテとしか思えないNA6なので、
上から前からオイル漏れ。
ウォーターポンプも水漏れ、
ヒーターコアは化石化。
NA純正ビルシュタイン+185/60タイヤなのに指が入らない車高。
パワステはオイル漏れ。
エンジンルームを見ると可哀想に思えるレベル。

しかし、新オーナーは
「あの車に金をかける気は無い」
と言うのに、
「峠を走って安定しないのはどうしたら良い?」
「タイヤは何買えばよい?」
「山が無い2本だけ買えばよい?」
「ロードスターはブレーキが効かないよね?」

 ・
 ・

実際のところ、
公道で事故を起こす前に早く手放してくれ と言う感じ。
NA6が可哀想。

車と言う物が可哀想と言う感覚自体がおかしいのでしょうが、
公道を安全に乗れる車に仕上げるのは所有者の義務。
それが解らない人が増えてきた気がする。

| | コメント (0)

緊張感

免許返納してもおかしくない年齢の人達で、
傷まみれでボロボロの車に乗っておられる人がいますが、
傷を修理する事、見た目を綺麗にすることが、緊張感が増し安全運転に
繋がる事を何故指導しないのか、、

修理するお金が無い、
修理する気にならない、
新しい車を買う気にならない、
くだらないへ理屈は聞きあきた(笑)
道具は全て綺麗に維持してくれと言うだけ。

 ・
 
お金が無い人は全ての物を大切に扱います。
お金が無いのに物を大切に扱えない人は、運転する資格なしと言い切
ると、感情的に怒る人がいるかもしれませんがそれが現実。

田舎で長年畑仕事に使っている車でも壊れ方を見れば、雑なのか丁寧
なのかが解るのだから、乗用車の場合は一目瞭然。
大切な道具は大切に扱います。

大切にしているのに、車を綺麗に保つ事が出来なくなった時、
免許を返納する。
大切にしているのに、思い通りに道具を使えなくなった時、
その道具を使う事を止める。
とても単純な話。
皆が通って行く道。

そうです、
私は定期的に緊張感を保つために、
車を買い替える(違)

| | コメント (0)

Sr2走行距離

先日車検を受けたSr2。
まだまだ慣らし運転が終わっていない。

1602211

こんな走行距離が、普通の世界ってのが面白い。

マツダは本当に良い車を作ってくれました。感謝。

| | コメント (0)

BLUETOOTH イヤホンマイク

VOYAGER EDGEで行きついたと思っていたのだけど、
最近通話中に突然切断されたり、
iPhoneに切り替わったり、
色々な不具合が起きていて、
唯一つ音楽の連続再生中はノートラブルと言う不思議な状態。

買い替えか?と思っていたのですが、

plantronicsのサイトを調べると「ファームウェア更新」があった。
さっそく更新して使ってみたところ、
文句なしの最初の状態に戻った。
うーん、不思議だと考えながら「良くある質問をチェック」。
元々怪しかったのは「耳を検出するセンサーの誤検出」
取り扱い説明書を読み直すと、
「定期的にセンサーのリセット作業が必要です」との文言。

予想外。
イヤホンセンサーの感度リセット作業なんて(笑)

| | コメント (0)

ノルウェー縦断映画

キャノンレース

先日WOWOWで放送があったので録画。

それはもう、
車映画として見ると突っ込みどころ満載。
映画の仕上がりは、スタローンのデスレース2000年並み。

古いマスタングと現行86が一緒に走るのも解らない。
M3が86においていかれるのも理解できない。
車の速度感が全く無い映像だったり。

レンジローバーをして「脱輪しても大丈夫な運転が下手な奴が乗る車」
と言い放つ面白さがあったり。

 ・

ノルウェーの美しい景色を楽しむ映画。
ノルウェー人のスウェーデン人嫌いを知る映画。
しかし、エンディングシーンはスリラー映画。

私が飽きずに最後まで見たと言う事は、それなりだったと言う結論?
車映画として見たい人にはまず勧められません。

| | コメント (0)

ダイエット

糖質制限ダイエットを提唱していた人が死んでいたと言う事実で、
悪意しかないような記事を目にする。

死は誰に何時訪れるか解らない運命。
運命は常に尊重しないといけません。

 ・
 ・

さておき、
正月の不摂生で2kg太り、
その後の不摂生で1kg太り、
60kgを超えたまま戻らない現実。
ここまま春を迎えたら大変な事になりそうなので、
お金を使って自分にストレスを与えてみた。

ほんの少し痩せないと綺麗に見えないビジネススーツをオーダー。
店の人に少し心配されつつ、想像でサイズを調整する暴挙。
スラックスもノータック(運転が楽なので常にタックを入れていた)。

スーツが届く1ヶ月後までに最低でも3kgは戻す必要がある。
とりあえず夜の「おやつ」を止めるところから。

| | コメント (0)

VWレーンキープアシスト

VWのレーンキープアシストはどうにも違和感があり、自動追従式オートクル
ーズコントロールはONにしてレーンキープアシストはOFFにしていました。

ハンドルを自動操作される感覚に慣れないだけで、慣れてしまえば自動
操舵だと思って気にしなければ問題は無い。
時速65km/h以上で車線変更しようとしても、まずウインカーを出す事を意識
しないと切り始めのハンドル操作に違和感がでるので、ウインカーをきちん
とだすように意識できるのは良い点。

ちなみに、
レーンキープアシスト機能をOFFにすればPOLOと同じレベルの操舵感なの
で操作に違和感は感じないし狙ったところを正確に狙える。

  ・
  ・

嫁さんの助手席で、購入後初めて高速道路を150kmほど移動したのですが、
レーンキープアシストOFFで60km程走行した後、途中のSAでONにしてみた
ところ、助手席の平均的安心感が向上。
(横風突風に対する安心感だけは悪くなった)

嫁さんに、
「レーンキープアシストのONとOFF、どっちが良い?」と聞いたところ、
「どっちでも同じ」と言う回答をもらったので、
常時ONで私が運転する時だけOFFにすることに決定(私の脳内)。

独特な操作感覚が気に成らない人がいるのであれば、メーカーとしては標準
出荷状態でONが正しい。
冷静に考えると、徐々に運転が下手になる気はする。
とはいえ、今後発売されるVW車にはこれ以上の機能が装備されるはずなの
で、少々運転技術が退化しても問題ないと言う見方も割り切ればある。

車の運転がそれで良いのかは大いなる疑問ですが、
日本中の高齢化を考えるとどうしようもない現実。

ON、OFFできる選択肢が残っている事にとりあえず感謝(笑)

| | コメント (0)

寒い朝

広い窓から差し込む日差し+湯で温まった蓋。
気持ちが良いのは解るが、
風呂に入れない。

1602151

ちなみに、
風呂の蓋のフチゴムの黒い点々は、
カビではなく、
こいつが噛みついた傷跡。

時々どうしようもなく風呂の蓋を開けたくなるらしい。


| | コメント (0)

更新

ゴリゴリ作る根性が無いので、ソフトウエアを更新。
当然バージョンアップ期間は終了なので普通のパッケージ。

1602131

単純に、
1年に番号一つとすると、8~20なので12年分。
放置プレーの計算は合う。

パッケージをみて思い出したけど、
最初はIBMで、
たしか一時期ソースネクストが扱って、
今は何故かジャストシステム。

同じソフトを買う意味が無い位、画面と操作性が変わってたというオチ。

| | コメント (2)

サービス終了案内

>@niftyでは、接続会員向けホームページサービスとして1999年より
「@homepage」を提供してまいりましたが、このたび、2016年9月
29日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。

と言う案内がniftyから到着。
2001年ころからサービスを使っているのでいつの間にか15年。
同じサービスを維持してくれた事に感謝。

とりあえず無料移行サービス期間中にやってみるとして、最悪駄目なら
プラン変更。なにせ最後の更新からなんと11年放置プレー状態なので、
過去を思いだせるかどうかが最大の問題。冷静に考えて、今更残す必要
性があるのかどうかも謎な状態。

160212


| | コメント (0)

購入

予定通り パナソニックの510Lを購入。

モーター容量は2/3に小さくなったし、
外寸も小さくなったし、
10年保証もついたし、
修理が早いパナソニックだから文句は無い。

私の仕事は階段の手すりを取り外しておくことだけ。


冷蔵庫売り場で何に驚いたって、
「日本製」
「日本製造」
「日本組立」
のPOPが多い事。

まるで一時期の「亀山モデル」を思い出した。

| | コメント (0)

冷蔵庫選び

嫁さんが、電気屋さん2軒回って現物確認してきた。

お願いしていた条件は二つ。
1.今より少しでも外寸が大きいと階段搬入出来ないから小さい事。
2.出来ればパナソニック、どうしても駄目なら日立。

夕食後、持ち帰ったカタログで説明を受けましたが、
壊れた冷蔵庫 495L
選んだ冷蔵庫 510L

確かに外形寸法を見ると小さくなっているのですが・・
二人暮らしで510Lって(笑)

| | コメント (0)

修理見積の話術

車のエアコン修理を思い浮かべつつ、
冷媒配管を目で追ってみた。
コンプレッサーは多分動いている。
熱交換器は掃除した。
冷蔵室は標準程度まで温度が下がる。
冷凍庫の温度が-8℃から-20℃くらいで変動する。
つまり、
冷凍室が冷えない=冷却が足りない
コンプレッサーは動いている=ガスを圧縮出来ていない
高圧配管を手で触ったところ、温度が上がっていない。
何処かでガス漏れした結果と推測。

ガス漏れ止めてガス充填で行けると踏んでいた。漏れ場所が解れば
銅配管なので素人ろう付けで止まる。
ここまでは確認済み。
 
 ・

本日サービスマン登場。
私よりざっとした点検(カバー外し+約1分)をして、

「コンプレッサーは大丈夫ですが、ガス漏れしている交換部品代金
 が¥70,000~¥80,000します」
「古いので部品があるかどうかは修理手配してみないと解りません」
「修理部品手配しますか?」

何処でガスが漏れているかの確認せず¥7~80,000と言い、
コンプレッサーの正常動作も確認せず大丈夫と言う。
その時点で会話するのが不愉快に成ったので、
出張点検費のみ格安 ¥3,456- を支払い、お帰り頂いた。
(修理予約の際値段を聞いた時は 安い!と感じましたが価格相応)

コンプレッサーが正常かどうかの判断すらしてくれないメーカーと
今後お付き合いするつもりは無いので他メーカーに買い替え決定。

エアコン修理と同じで、冷蔵庫修理は高価な事を客が理解していても、
「これが大丈夫で、これが交換になるから、幾ら位です」と客が理解
できるように説明できない人はサービスとして人前に出るレベルでは
ない。私と同年代か少し上に見えたけど会社の看板以外でお金は手に
入らない人。

以上、
人のふり見て我がふり見直す、良い経験をさせていただいた報告。

| | コメント (0)

冷蔵庫価格調査

調べて驚いた。

400Lが小さくて、
500L超えが普通で、
600Lも当たり前のようにカタログに並んでいる。
流通が米国サイズになっている感。
それだけ週末しか買い物が出来ない共稼ぎ家族が増えている
のはわかるのだけど、田舎に住んでいるとピンとこない。

どの会社も販売のボリュームゾーンが500L前後なので、
400L切りの小さい物を探すと実売価格はとても割高に感じる。

 ・

安く修理が出来る事を祈るだけ。
部品があったとして、幾らまで出すかが問題。

| | コメント (4)

故障続き

先日壊れたのは建築当時のビルトイン食器洗い機。
20年で3回ほど修理したのでもう修理する気にはなっていない。
結果、放置プレー中。

 ・

2日前の事、夕食後「アイス」を食べると丁度食べごろの硬さ。
 ???
冷凍庫内部温度を確認すると-8℃ 。


1602081


製造年式2004年なので12年目。
寿命には少し早い(身勝手な解釈)が部品保有年数は超えている。
冷蔵室温度は許容範囲。
となると、
素人が道具無しで出来る事は、
冷蔵庫熱交換器を掃除する事くらい。

掃除機で前から吸わせる程度のメンテナンスはしているのだけど、
冷蔵庫を移動させ倒したところ、そこは「魔界」でした。

開閉せず一晩運転して-20℃以下まで下がらなければ食器洗い機よりもまず
冷蔵庫って話が確定。

そして今日。
冷凍室温度-8℃でした。
まずはメーカーに点検修理依頼。
買い替え運び出ししようとすると、階段手すり全部取り外し必須なので、
出来るならその場で修理が一番楽と言うだけの判断基準。

<追記>
子供たちがいなくなったから、500Lの冷蔵庫って無駄でしか無いのだけど。
買い替えるのも無駄だし微妙なところ。

| | コメント (0)

西高東低

朝は雪が降っていたのに、いきなりの晴天。
さすが瀬戸内海。

しかし、気温はあまり上がってこないので、
自転車に乗る根性も無く、
出張で塩まみれのTTをつめたい水で洗車する根性も無く、
洗車機に突っ込んだ。

早く温かくなれと思いつつ、
花粉は飛ぶなと願う晴天。

1602071


| | コメント (0)

室内トレーニング機

嫁さんと共用できる安い室内用ランニングマシンで良いかと思っていたの
だけど、ミノウラのサイトを見ると、良いとこどりした新製品を発見

3本ローラーは今の自分には危ないし、
固定ローラーはタイヤを圧縮する為の荷重をかけるのがカーボンフレーム
には嫌だったのだけど、
これは両方の良いところだけにしか見えない。
勾配設定もフォーク高さで自由に成る。
もともとダンシングが苦手な人間なので、低ケイデンス高トルク設定で安全
に使う事が出来れば文句なし。
気になるのはフロントフォーク固定なのでカーボンフォークのねじれ応力。


今週末自転車屋さんに相談だ。

| | コメント (0)

筋肉増強手段

走る筋肉と、
荷物を背負って登山する筋肉と、
普通に歩く筋肉が違うように、
自転車に乗る筋肉も違う。

しかし、走る筋肉を鍛えると、
自転車に乗る筋肉もついでに鍛えられるのが現実。
筋力よりも心肺能力が鍛えられる事が大きいかもしれない。

 ・

室内負荷可変固定ローラー台+トレーニング用自転車を作る値段と、
良いメーカーのほどほどレベルの室内用ランニングマシーンの値段に、
大きな差は無い(当然上を見るとキリがない)。

前者だと私が飽きれば室内調度品。
後者だと最悪嫁さんが使うかもしれない。

さて、どうしましょうかと悩み中。

| | コメント (0)

走行Log比較

同一コースのLogを1年分比較してみた。

予想通り全く進歩が見られない。

ギア比変えるとケイデンスが変化するだけで通過時間だけをみると、
何の変化もしていない。
追い風か向かい風かの問題でタイム差が出ている感じ。


  筋力が全く付いていないと言う結論(笑)


ここで、上昇思考の人は「筋力を付ける手段」を考えるのだろうけど、
もう少し楽に成らないかとカタログを探すのが私。

もしくは、TV見ながら室内で踏める環境を構築するか。

| | コメント (0)

材料は重要

作りやすい材料で、
安易に物を作ってしまうと、
違和感しか感じなくなる。

1602021

雪だるまのように、ある日消えてなくなるのか、
冬のシーズン終了と共に取り外されるのか、
苔や場所の歴史を考えると、この作品は材料選択がおかしい。

| | コメント (0)

伏見稲荷大社

京都には呆れるほど来ているのに、
初めて来ました。

1602011

ここも日本では無かった(笑)

観光客が多い事は喜ばしいのですが、
観光客に最低限のルールを教える手順が必要。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »