« 故障続き | トップページ | 修理見積の話術 »

冷蔵庫価格調査

調べて驚いた。

400Lが小さくて、
500L超えが普通で、
600Lも当たり前のようにカタログに並んでいる。
流通が米国サイズになっている感。
それだけ週末しか買い物が出来ない共稼ぎ家族が増えている
のはわかるのだけど、田舎に住んでいるとピンとこない。

どの会社も販売のボリュームゾーンが500L前後なので、
400L切りの小さい物を探すと実売価格はとても割高に感じる。

 ・

安く修理が出来る事を祈るだけ。
部品があったとして、幾らまで出すかが問題。

|

« 故障続き | トップページ | 修理見積の話術 »

コメント

うち6人家族ですが20数年前の350Lです、それで困ってないような・・・まだ使えるし。一度、家電量販店に見に行ったらどれも巨大で驚きました(笑)

投稿: ワタナベ | 2016年2月 9日 (火) 12:36

最新カタログを見て、
殺した死体を押し込むシーンが、
理解できました(笑)

断熱材効率が良くなったので外寸以上に容量が増えるのは解るけど、
そこまで要らないだろうと思う。
台所製品は100%嫁さんに決定権があるのでお任せ状態。

お願いしたのは、
階段の手すりを外さなくて良いサイズにしてと言う点のみ。

投稿: 高橋@works | 2016年2月 9日 (火) 19:08

我が家でも私にキッチン家電の決定権はないのですが、
去年買った冷蔵庫はアウトレットで安かった600Lでした。
個人的には絶対にいらないと思うサイズ(笑)

1階の搬入でしたがキッチンの通路を立てたまま通れず、
シンク上を通すために搬入人員追加のオマケつきでした。

投稿: Sawadhi | 2016年2月10日 (水) 12:34

600Lでも昔の500Lより小さくなっていますね。

嫁さんに350Lあればよいじゃんって昼飯食いながら言ったところ、
「今が500Lなのだから、400Lは絶対必要」と返されました。

投稿: 高橋@works | 2016年2月10日 (水) 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 故障続き | トップページ | 修理見積の話術 »