« 可哀想と言う感覚 | トップページ | 冷蔵庫の感想 »

住宅金利と住宅レベル

30年前に最初の家を建てた時、払った金利を今考えると恐ろしい。
でも、良い大工さんに恵まれ良い家が作れた。

木造住宅の反省を胸に、今の鉄骨住宅を立てて既に20年。
前の家とは大違いの金利だったので建築価格は高くても払った金利
は少ない。総額を比較したくないので計算はしない(笑)

 ・
 ・

最近の住宅金利。

30年前には想像が出来ないレベルまで下がってきていますが、
同じ感じで大工さんの平均技術力も下がってきている現実。

相当神経質にチェックしないと思い描く家はまず出来ない。

ヘタすると、素姓の良い土地付き中古住宅を買って気長にリフォーム
する方が良い家が出来る感じ。
じっくり近所住民や環境を観察する事もできる。
とはいえ、その場合は超低金利の恩恵は無い。

変な言い方ですが、金利が下がっても良い住宅を手に入れる事ができる
人の数は減ってきている。
なんだかなぁと感じる次第。

|

« 可哀想と言う感覚 | トップページ | 冷蔵庫の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可哀想と言う感覚 | トップページ | 冷蔵庫の感想 »