« クリーンディーゼル | トップページ | 外反母趾痛 »

DPF再生

クリーンディーゼル話の続き。
各方面で絶賛のマツダスカイアクティブディーゼル。
褒められない点が微妙に残るのがマツダらしさ。

マツダのデミオディーゼルエンジンで気になる点はDPF再生時のパワー。
なにせ「力が無いな」と感じた時はDPF再生中。
試乗車はDPF再生スペシャルモードかマニュアルモードがあるのか、営業
さんが常に再生終わった状態になるように用意しているのか。
と言うのも、試乗車で再生モードに入った時の「力の無さ」を経験すると、
車好き程買う気にならないはずです。
スカイアクティブディーゼルはDPF再生頻度が気になる位多い。
ちなみに、排気量が大きいアテンザディーゼルもDPF再生は高頻度。

 ・

デミオで考えてみる。
ディーゼルエンジンとしてみるととても軽いエンジンだけど、ガソリンエン
ジンの軽さには及ばない。
ディーゼルエンジン最大のメリットは、「ノーメンテに近いシンプルな構造」
にあるはず。オイルと水さえ管理していたら、壊れるものが無いのがディー
ゼルエンジン。スカイアクティブディーゼルの考え方は面白いが、ディーゼ
ルエンジンを選ぶ構造上のメリットは減った。

もう一歩踏み込んで比較すると、
今の燃料価格差ではガソリン車が総額で安く上がる人が多い。
なにせガソリン車は初期投資価格は安いし、車両重量も軽く運動性能も高い。

ディーゼルエンジンの出力トルクはガソリンエンジンで出せないと言う人も
多いですが、エンジン単体の出力トルクなんてどうでも良くて、駆動輪の出
力が重要。
ものすごくシンプルに考えると、
トルク(kg-m)=974xKw/rpm
出力ギア比で駆動輪出力はコントロールできる理屈。
理論通りに行かないから面白い世界だけど、原理原則は変わらない。
デミオのガソリンとディーゼルの味付けに短時間試乗だと誤魔化される。

マツダはとても上手に発表しているだけ・・(かもしれません)。

|

« クリーンディーゼル | トップページ | 外反母趾痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーンディーゼル | トップページ | 外反母趾痛 »