« FIAT500 | トップページ | カメラモニタリングシステム »

カラオケ店

カラオケ店にお金を落とす客がかなり減っている気がする。

低価格になり、
飲食物持ち込みを許容して、
場所の時間貸し空間になった。
今の形は、人間の有料駐車場ビジネス。

スナックでカラオケを歌っている人の年齢は高齢化し、
歌っている曲は私の年代でも解らない。
今のままの形だと、商売として成立せず消え去る。

昔の純喫茶やJAZZ喫茶ブームが、
今のカフェブームに空洞期間30年を経て変化したように。
カラオケ店の未来はどんな形だろ?

私が生きている間に見られるかどうかは微妙。

|

« FIAT500 | トップページ | カメラモニタリングシステム »

コメント

カラオケ、大嫌い!
オリジナルよりクオリティーの低い歌を聴く理由が分かりません。
だから、上手い人なら全然OKです。上手くてもモノマネは嫌ですけど。

未来は「VRヘッドセット付けて、豪華なステージ(CG)の仲、大熱唱!」の一人カラオケじゃないっすか? 
・・・豪華なオナニーみたいですけど。

投稿: マツイム | 2016年6月22日 (水) 09:22

VR一人カラオケは理想です。
その形態は、歌う身になっても楽しそう。

しかし、
そういう部屋が高密度で並ぶカラオケ店の廊下を通るのが嫌かも・・
そうなってしまう場合、
飲み物の受け渡しは「顔を見ない小窓受け渡し」が良いはず(笑)

投稿: 高橋@works | 2016年6月22日 (水) 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIAT500 | トップページ | カメラモニタリングシステム »