« 文庫本と本屋 | トップページ | 角島大橋 »

貝殻の捨て方

多くの道路が舗装されていなかった時代、

理由は知らないけれど貝殻を道路に捨てる人は多かった。

平成もそろそろ30年になろうかと言う今日、
アスファルト道路の上に「あさりの貝殻」を捨てるシーン
に久しぶりに遭遇。
捨てていたのは、昭和一桁世代っぽい感じのおばあちゃん。
少しも有難くなく、とても迷惑な行為ですが、
懐かしくも微笑ましい。
おばあちゃんの頭の中では、色々な時間が止まっているのか
もしれない。

 ・

貝殻と言えば、海岸に山のように積み上げられている養殖
ホタテの貝殻を見て以来、ホタテを注文する事が「悪い事」
の様に感じている。
あの山は、
良い再利用方法が見つからぬまま、
日々大きくなっているのでしょうね、多分。

|

« 文庫本と本屋 | トップページ | 角島大橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫本と本屋 | トップページ | 角島大橋 »