« Apple Watch のベルト | トップページ | 異常気象 »

今日の一冊「坊っちゃん」

宮沢賢治は妄想癖で作品を作り、
夏目漱石は心の病で作品を作った、
たぶんそんな気がする(妄想)

宮沢賢治の文章はいつでもいくつでも楽しめますが、
夏目漱石の文章は気が重くなり読むのが嫌になる。

眠れない日は、眠くなりそうな本を選ぶのだけど、
気が重く不安になって、寝れなくなるのが夏目漱石。
読んでおかないといけない(と思う)作者だけど、
読むと、なんだこりゃ?で終わる典型。

「みきゃんの国」住民は、必ず読まないといけない
「坊っちゃん」だって、文章テンポは面白いけれど、
名作に成りうる凄さは感じない(私見)。
かんべむさし 『宇宙の坊っちゃん』の方 が面白い。

みきゃん」よりも「ダークみきゃん」が好きな性格
だから、こうなるのかもしれません。

|

« Apple Watch のベルト | トップページ | 異常気象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Apple Watch のベルト | トップページ | 異常気象 »