« 性差 | トップページ | Apple Watch のベルト »

道路後退考

幅4m未満の道路は、道路有効幅が4mになるように、私有地
を公共に提供しなさいと言う話だけど、
提供を強制できない建築基準法なので、ブロック塀やコンク
リート段差工事など、後だしでやったものが勝ちが現状。
後退してくれた土地にアスファルトを載せて、境界を解らな
くしてしまうのも資産に敏感な人の感情を逆なでる。

道路有効幅4m(ローマの道路に起源があるらしい)。

過去の境界から道路中心を求め、
中心に向かい合うお互いが、
2mの位置に土地境界の用壁工事を行えばよいのですが、
確信犯は家の建築検査終了後用壁工事で道を狭くする。
自分の土地だから自由だ!と言うごりおし。
自由ではないのを解っているから、家の建築審査終わってから
工事している。

4m幅は、そこに生活する住民公共サービスの為なのに不思議。

幅がでこぼこしている道路は、地主の性格の現れ。
(相続が多いので親の性格になる場合が多いけど)

コンビニのゴミ箱やゴミ出しの仕方で住民レベルを測る手段が
主流ですが、道路の形でも古い住民のレベルは良く解る。

|

« 性差 | トップページ | Apple Watch のベルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 性差 | トップページ | Apple Watch のベルト »