« 充電回路 | トップページ | 芥川賞受賞作品 »

相手を選ぶ

子供に自発的に技術力を学ばせる為には、
親の目が届かない所で、
子供を自由にさせる事が必要ですが、
現代はそれが出来ない。

出来ない理由は単純で、
子供を「エサ」にする悪い大人が増えたから。

もしかしたら、
悪人は増えていないのかもしれませんが、
悪人がエサを探す手段が高機能化したので、
狭い地域でエサを探す必要が無くなった事が、
そう感じさせる理由かもしれません。

こうなってしまうと、
子供が親を早い年齢で超える事が難しくなり、
未成年の時代は、
親のレベルで子供の限界が決まるようになり、
(親の目が届くと必然的にそうなってしまう)
時間と共に子供たちの全体レベルが下がって行く。
と言う、恐ろしい悪循環の真っただ中。

対策は唯一、悪い大人を減らす事だけ。

時代劇の悪人たちが言う
「堅気には手を出すな」
「子供には手を出すな」
相手を選ぶ良い悪人は、
日本の未来を見ると、とても正しい。

|

« 充電回路 | トップページ | 芥川賞受賞作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充電回路 | トップページ | 芥川賞受賞作品 »