« 表面処理 | トップページ | 100歳 »

ソール交換

革靴を買う時は、
ソール張り替えが出来る構造を買うのですが、
オールソール張り替え修理は人生で一度しかしたことが無い。

革靴はソール張り替え出来る構造じゃないと駄目だと言う信念で、
張り替え出来る靴を選ぶのですが、
実際のところオールソール張り替えレベルに成ると、
ヒールカップと言わず全体が傷んでいる。

修理ついでに全体をしゃきっとさせる為に再塗装をしてもらうと、
なんだか急にその靴が嫌になって来る。

例えると、全塗装を失敗した車に乗るのと同じ感覚。

なので、オールソール交換が出来る靴を買う意味は無いのだけど、
何故かそういう靴しか買う気に成らない性。

修理はなんでも同じで、
修理出来る構造だけどやらずに捨てる事は許容出来るが、
修理出来ない構造で、やりたくても出来ないのは勘弁出来ない。
人間の感覚は難しい。

|

« 表面処理 | トップページ | 100歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表面処理 | トップページ | 100歳 »