« ジムニー掃除開始 | トップページ | モノタロウ »

クレーム

「君の名は」の1シーン。
Pizzaに爪楊枝。
店のマニュアル通り「謝り無償対応」との映像だけど、
この映画を海外に出す事を考えると、あれはマズイ。

窯で加熱調理する食品なのに、
「木」が「燃えず」に「中から出てくる」事はありえ無い。
これはクレームでなく「恐喝」。
にもかかわらず、
無償で対応、と言う世界的にみれば最悪の対応。

今では面白がって「クレーマー」などと言う言葉でクレームを
付ける人を面倒くさい人扱いしていますが、
まっとうなクレームは商品性能向上につながる。
まっとうではない「難癖」が99%に成っている今がおかしい。

ジャポニカ学習帳に「昆虫の絵が気持ち悪くて子供が学習
意欲を無くすから止めろ」と難癖をつけたようなもの。
その程度で無くなる学習意欲は要らない。
そのクレームを「聞いた」企業も問題。
どっちもどっちの低レベル。

感情由来のクレームに意味は無い。
本当の製品不具合を冷静に主張できる日本人希望。

|

« ジムニー掃除開始 | トップページ | モノタロウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジムニー掃除開始 | トップページ | モノタロウ »