« 軽四自動車の使い方 | トップページ | アフロ記者さんの本 »

ヘアカット用コーム

散髪屋さんが使うヘアカット用コーム。

理想を考えコストを無視すると、
導電性の材料で静電気を帯びず(クシ通りが良い)、
角部が全て滑らかにR加工され(痛くない)、
限りなく表面が綺麗で(汚れを落としやすい)、
髪の毛との摩擦係数が小さく(滑りが良い)、
落とした衝撃でも歯は折れず(折れないから痛くない)、
散髪屋さんが使いやすい軽さ(使いやすい)。
もしかして知らないだけで、お金を出せば有るのかな?
業界が違うと、知らない事だらけだと気がつく。
単価の高い散髪屋さんに行けば出会えるのかもしれない。

などと、
コーム一本で30分妄想出来る自分に関心。

と言う事を考えていた理由は、

散髪屋さんが使っている樹脂製のコームの歯が折れて、
頭皮に当たるコームの角が気になったから。

問題は、一番使われるポイントが折れていたので、
折れた歯の両隣が一番頭に当たると言う罠。
「折れた歯の両隣の角が痛いから、コーム変えて」
と言えない小心者。

|

« 軽四自動車の使い方 | トップページ | アフロ記者さんの本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽四自動車の使い方 | トップページ | アフロ記者さんの本 »