« 人をまとめる事と商売 | トップページ | 紙の説明書 »

入れ墨考

米国ドラマの場合、
軍人、悪人善人、関係無く、主なる登場人物がもれなく入れ
墨を入れているので、連日TVで見ているのですが、
何故か苦手。

おそらく、
ヤクザな稼業で生きて行く事を決めた人が、
入れ墨を入れると言う認識が消えていないのだと思う。
強制収容所で腕に番号を彫った写真を見たりしてるのも原因。
全て言葉通りの刷り込み効果。
任侠映画であり、時代劇であり、大藪小説。
いわんや、外国人の意味不明な漢字に至っては悶絶レベル。

しかし、
レーザー永久脱毛と、
最新ミシンによる刺青と、
美容整形に差は無い。
私の様に入れ墨が嫌いな人でも、
美容整形した人を拒まない(多分)。

来るべき東京オリンピックで日本人の対応がどうなるか。
どうする温泉業界?
広い目で見ると、受け入れる努力は必要。
狭い目で見ると、拒否し続けるのも面白い。
でもね、
親族が入れ墨を入れると、口をきく事は無くなる気がする。

|

« 人をまとめる事と商売 | トップページ | 紙の説明書 »

コメント

某大型プール施設で入れ墨入場OKにしたところ客層が一気に悪化、トラブルの嵐で早々にNGになりました。(笑)

投稿: 大市民 | 2016年10月20日 (木) 11:09

でしょうねぇ。
安易に想像できます。

でも、何か考えないといけない気がする。

投稿: 高橋@works | 2016年10月20日 (木) 13:26

「何か張って隠す。或いはラッシュガードを着ればOK」って線じゃないっすか?
「日本では刺青で温泉はダメ」ってのも文化ですし、それでも入れたい人は不便を承知で入れたらいい。

私らも海外に行けば「この寺は短パン禁止」とか「腕を出した女性は入っちゃダメ」とか言われる訳だし。

投稿: マツイム | 2016年10月21日 (金) 10:25

「郷に入れば郷に従え」を筋道を通して主張が正しいが、
その主張が左右にフラフラするのが無宗教国家日本。
宗教由来の国には絶対敵わないところ。

投稿: 高橋@works | 2016年10月21日 (金) 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人をまとめる事と商売 | トップページ | 紙の説明書 »