« 壊れ方 | トップページ | 時計裏ぶた外し »

修理費用

嫁さんの腕時計2つ電池交換。
電池なんて同じサイズだろうと思ったら、
SR626SWとSR621SWで直径同じの厚さ違い。
安い腕時計が容量の大きい電池を使っている。
商売の原則が良く分かる現実。

裏蓋を開けたところ、
生活防水用のシールリングが切れていたので、
爪楊枝でシリコンコーキング盛り。

時計の電池交換は高いと言う人がいますが、
客の時計に傷を付けるリスク込みで考えれば時計屋さんは激安。
あえて言うなら、電池交換は限りなく顧客サービス。
馴染みの車屋さんのタイヤ交換やオイル交換と同じ。

機械修理にしても、
自動車修理にしても、
家電修理にしても、
価値を判断できない人ほど、高い高いと文句を言う。
作業をプロに頼む理由を考えれば誰にでも解る事。

とはいうものの、
最大の問題点は、
プロの看板を上げた「驚く程の素人」が多すぎると言う事。
まさに、金を払う気に成らない仕上がり。
全ての技術職業界にそういう人はいますし、こればっかりは
減りません、今後もっと増えます。

なにせ相手は「それで良い」と思っているのだからどうにも
成らない。土俵が違うから、言うだけ無駄。
その場は黙って支払って、二度と作業依頼しない。
悲しいけれど現実。

説明書をみてやれないことなんて世の中に無いのだから、
やってみてから考えるのも良い(真面目な話)。

|

« 壊れ方 | トップページ | 時計裏ぶた外し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れ方 | トップページ | 時計裏ぶた外し »