« 興行収入 | トップページ | 両親探し »

安全運転と知識

自動車用ブレーキ(と言われる物)を羅列してみると、
ディスクブレーキ
ドラムブレーキ
エンジンブレーキ(物理的なブレーキではない)
排気ブレーキ(トラックなどの大型車)
回生ブレーキ(ハイブリッドや電気自動車)
サイドブレーキ(ドラム式、ディスク式、電気式)
センターブレーキ(古い4輪駆動車)
ATシフトレバーのPポジション(ブレーキではない)
ABS(アンチロックブレーキシステム)
歴史と必要性とメーカー都合でいろいろな物がある。

おのおのの基本動作をおおざっぱに理解している人は、
どれくらいの割合でいるのだろう?
全運転免許保持者の5%いない気がする。
せめて、自分が買った車のブレーキ動作の特徴を理解
する事位は、安全運転の為に必要。

同じような話で、
雪道で前輪駆動車の後輪にチェーンを巻いたり、
駆動輪にテンパータイヤを付けて高速道路を走るとか、
少し構造を知るだけで普通ならできなくなる行為。

仮に、どんなに安全な道路や交通の仕組みを作っても、
運転手の人間的レベルが下がれば手の打ちようがない。
知識は安全につながる。 と思いませんか?

古い国道での下り坂、
緊急停止用の上り坂が残っているところは多いですが、
あれが必要になった歴史を知ることも大切。

|

« 興行収入 | トップページ | 両親探し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興行収入 | トップページ | 両親探し »