« 人種と行動 | トップページ | 粗悪修理か否か »

無害が理想か?

有益な人間だと思われる必要は無く、
無害な人間だと思われたいと言う思考が世の
流れですが、公務員理論。

後ろ支えも金も無い人間の場合、
有益な人間だと思ってもらわないと仕事はこない。
下請けは仕事をこなす道具なので、使い方を誤る
と怪我をしてしまう位良く切れる包丁が良い。
道具として使ってもらうなら、時には武器になる
くらいの有益な人間を目指すべき(妄想)。

「あの人に頼めば多分出来るから頼もう」
と便利に思ってくれる人と、
「あの人に頼めば出来るかもしれないけど、
 あの人に物を頼む事が嫌だから頼まない」
と思う人の、数の割合が勝負の分かれ目。

さあ、これを読んでいるあなた、
有益な人間を目指すか、無害な人間を目指すか、
さあ、どっち。

|

« 人種と行動 | トップページ | 粗悪修理か否か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人種と行動 | トップページ | 粗悪修理か否か »