« アップデート | トップページ | ティグアン »

セルフとサービスの狭間

ファミレスにセルフレジ導入の話。
その場合、
悪質客の食い逃げ費用を客が分担で支払うことになる。
それでもファミレスの経費削減に効果的と言うなら、
料金先払いの食券システムが良い。理由は単純で、
食い逃げ客の費用負担金無しで済む支払う側の心地良さ。
万引き防止警報装置有りの物を売る商売と、
おなかの中に入ったら証拠が無くなる物を売る商売は、
同じ発想では駄目。

食事とサービスを売るなら入口出口は人の対応必須。
仮に、サービスを売る気がないなら食券で十分。
ファミレスは本来サービス業なので、客は人のサービス
に対してお金を払っている。
サービスが良くないファミレスに行かない事と、
掃除が出来ていないフードコートに行かない事は同意。

そう考えると、
入出店はお店の人が対応して、
お茶やおしぼりはセルフ対応して、
注文と処理はタッチパネルでセルフ対応。
最終金額確認(皿の枚数)はお店の人がチェックして、
最終的に客がお店の人に直接お金を支払うという回転寿司
方式は、とても日本的で素晴らしい仕組みという結論。

日本的で素晴らしいが、外国人に優しいかどうかと問われ
ると、優しさが少し足りない気がする。
私はチップやサービス料を払っても、人と人が良い

|

« アップデート | トップページ | ティグアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップデート | トップページ | ティグアン »