« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

プリウスPHV

大きくなったリアサスペンションの上に、大きくなっ
た電池を載せたため、室内空間が狭くなっている。
電池が大きく重たくなったので、お金をかけて量産車
初のカーボンバックドア採用に変形ガラスのオマケ。
目に浮かぶのは、
あのリアサスペンションじゃないと駄目だと言う偉い
人と、電池コストを叫ぶ偉い人の狭間に、バックドア
担当が挟まれた感じ(妄想)。

純正オプションで天井に太陽電池パネルを載せた場合、
お金を出して天井を重くし、配線が増えるだけでは無く、
オプション費用を車両寿命期間中に回収する事はまず出
来ないという世間体(見た目)重視のオプション。

TOYOTAらしいのは、安いモデルを買うと、安全装備が
減らされる悪しき風習は頑固に守った。
安いモデルはPHVなのに急速充電ポートが無い。

そして定員4人。

お金を出して話のネタを買う感じがとても素敵な車。
プリウス買うならPHV(コレは真面目)。

TOYOTAもEVに行くと言い出した今、
プリウスPHVは最後の両生類(絶滅危惧種)。

| | コメント (0)

比較広告

ハコバンのリアシートに2人座って、「こんなに広いのです」
という比較広告。

個人的には、
そんなにドアに近づいて座りたくないし、
冬場だと窓から来る冷気で肩が寒くなるし、
側面から突っ込まれたら怖い。
車の車幅が決まっている限り、
人と人の間が広いと言う事は、外と近い・ガラスと頭が近い・
ドアが薄い、と言うことと同意なので、メリットを感じない。

必要強度を確保した上で広く出来たと言う説明だと思うけど、
ガラスに体が近づく事で良いことは一つも無い。
比較広告で効果が上がるのは、興味が無い人が多い場合。
興味がある人は、自分で比較して考えて判断する。

と言う事を考えると、
今の日本は車に機能性能に興味が無い人が大多数という事。
昔々、「名ばかりのGTは道を開ける」にどれだけ踊ったか。

一般顧客向けの比較広告は時代が見えて面白い。

| | コメント (0)

トロッコ問題

昔から有るトロッコ問題が、
(線路上で5人殺すか1人殺すかの二択問題)

自動車の自動運転話が出ると取り上げられます。

自動運転車両の問題がトロッコ問題と違うのは、
「自分の意思で判断する」
「機械に判断される」
という部分。

どちらの判断が正しく、どちらの判断が間違っているか、
そんな事ではなく、
自分が責任をもって判断した と言う事実が必要。

常に単純なのは機械。

トロッコ問題でも、5人と1人なら1人を選ぶが、
5人の老人と1人の子供なら5人を選ぶ(多分)。
しかし、
両親と子供3人の親子と、
1人のノーベル賞候補の若い研究者だったらどうなる。
それは、今と未来で判断するようなこと。

機械に判断されたく無く、
自分で責任をもって判断したいと考える。

と考えると、結論は単純で、
判断する自動運転車両を完成させて、
判断が必要の無い道路を作り上げること。

完全自動運転が使えるかどうかは、道路整備次第。
車だけの問題では無い。

| | コメント (0)

服装

昔々(今は知らない)、学校の先生たちが、
「服装の乱れは心の乱れ」と言っていた。
当時はかなり鬱陶しかったけど、今思えば正論。

服装(身だしなみ)はモチベーション維持の原点。
ボロボロの服装をしていると、どうでも良くなり、
キリっとした服装をしていると、緊張感が生まれる。

たとえは悪いが、太平洋戦争の時代、
外に出て行く日本国軍人は帰還するまで着たきり雀。
対して、米国軍は数ヶ月で戦闘服1着支給の仕組み。
人種違えど人間なので、どちらが良いかは単純明快。
たかが服、されど服。

例えば新しい取引先の現場を見に行ったとします。
見るのは作業している人の「動き」「服装」「手」。
製品の仕上がりは必要レベルを超えていたら検査しない
と見分けが出来ないので気にしない。
「納期管理に手間がかかる」とか「間違いが多い」など、
問題が起こる危険性を少しでも減らす為に、動きや服装
や手を見て、個人のモチベーションと会社教育を想像。

これが、意外に当たる。
服装(身だしなみ)は重要。

| | コメント (0)

WatchOS 3.1.3

先日更新したAppleWatchの最新OS。
WatchOS 3.1.3
電池寿命が延びた(確信)。
電池は劣化しているはずなのに明確に良くなった。
Watchを新品で買ったときよりも電池が長持ち。

AppleWatch2を買う事は絶対無いと思っていたが、
AppleWatch3が出たら買ってしまうかもしれません。
そんな喜びレベルのOS更新。

更新で嬉しくなれるのは、PC・Mac含めて久しぶり(笑)

| | コメント (0)

気温

昨夜出張の帰り道、

池田(大阪)を出たときは 寒いな と思い、
三木SAで 5℃~6℃

どんどん天気が悪くなり、

80km制限で雨の中瀬戸大橋を渡りきると、
香川は15℃超え。
思わずPAで外に出てみて体感確認するレベル。
(外気温度計が壊れたと思った)

壊れていませんでした。

そのまま走っていると、
台風並みの突風が吹きつつ気温はどんどん下がり、
新居浜に着いたときは6℃
正しい二月夜の気温。

昨夜の香川県は何がおこっていたのか・・

| | コメント (0)

調査の必要性

ふとしたきっかけで、
太平洋戦争時の日本軍関連本を読んでいる最中。

同盟国ドイツの情報は裏取りせず全てを盲信。
アメリカに戦争を仕掛けたのに、アメリカ情報を得るための専門
機関を立ち上げたのは真珠湾攻撃の数ヶ月後という体たらく。
つまり、相手を徹底的に調べることもせずに喧嘩。

なんとも驚愕する低レベルな日本軍。
精神論で現実を隠す宗教団体と同じ。

 ・

調査諜報活動は重要。

中小企業でも相手を調べず戦うことはあり得ない。
まして国家間ともなれば当たり前の話。

そう考えたとき、
首相と大統領が2日ゴルフをするって事の凄さに驚く。
相手を調査する場合、本人に直接会う以上の物は無い。

| | コメント (0)

マスダンパー

今回の話は、
自動車の部品に装着されている「振動対策の重り」の事。

装着が多いメーカー、車種、
装着が少ないメーカー、車種、
前期型に少なく後期型になると増えるパターンや、
後期型に少なく前期型のみにあるパターン。
問題点やメーカーの姿勢が良くわかる。

大きなモデルチェンジ前の旧型から新型への移行中モデル
だと、仕方なく付いていて、新型が出ると減っている場合は、
設計対策できたと言う事。
当然、マスダンパーしか手が無い部品もある(コスト制約)。

自動車のように、共振と戦う(共に生きる)機械の場合、
振動対策を完璧に仕上げる事は夢のような話。
なので、現実的に考えればマスダンパーは必然だけど、
私のような人間だと、車の床下でも格好悪いのは嫌です。

 ・

「私は振動を気にしないので軽量化の為に外す」なんて人
がいますが、駆動系部品に付いているマスダンパーは、
物を破壊する場合があるので装着されています。

知識も無く、考慮も無く、安易に外した場合、
時速100kmは安全だけど、
時速50kmが危険になる車になってしまうかもしれません。
プライベーターと言う格好良さそうな言葉を使い、
自己責任で自動車改造をする場合でも、
設計理由を想像する知識は必要。

私はマスダンパーを見かけると、
何故付けたのかを想像する事が好きです(変人)。

| | コメント (4)

ハンドル細工

包丁のハンドルを、
カスタムナイフ用のグリーンマイカルタで作る。

ボール盤にエンドミル付けて荒削りして、
エアベルトサンダーで均す。

1702191

今日はここまで。

| | コメント (0)

坂本龍馬

お金の収支で見てみる。

坂本龍馬が死んで約150年。
本人は、観光で高知の人を食べさせる事になるとは、
思っていなかったはずです。

その効果を計算式にすると、
高知県観光収入x約1/3x365日x150年=売上
            ↑妄想だけどこんな感じ
その合計売上金額はすさまじい。

彼は30歳ちょっとで死んだのだから、
大人として仕事が出来たのは長くて10年間ほど。
10年間の中から長距離移動無駄時間を差し引くと、
実質労働時間は9年間(多分)くらい。
そのうちの1/3は寝て、1/3は飲んでいた(高知人)。

150年分の高知県観光売上=実3年くらいの労働
単純商売利益計算だとまさに偉人。凄い数字。
凄い物を発明した人では無い。
酔っ払って、夢を語った、勢いある田舎の人。
(本当のことは全く解らない)

 ・

教科書から「鎖国」の文字が削除されるらしいのですが、
開国を迫ったと言うペリーの立場はどうなるのか、
同時代を生きた坂本龍馬の扱いはどうなるのか、
そっちが気になる(違)

| | コメント (0)

カセットデッキ

新製品のカセットデッキ TEAC AD-850

1702171

せっかくオートリバースを付けていないのだから、
3ヘッドにして、変態調整が出来る仕様で出せば、
ナカミチのカセットデッキ無き今、ネタとして飛び
つく変態がいたはず。
2ヘッドで調整できず、エコー付きのマイク入力端子
装着のチグハグ感。

高齢者オーディオマニア向けでも無く(仕様)、
高齢者カラオケ向けでも無く(価格)、
若年者オーディオマニア向けでも無く(仕様)、
若年者一般人向けでも無い(価格)。
じゃあ、何処を向いて作った? という話。

なんとなく、白黒プリンター付きカラーTVを思い出した。

物を作る事は難しい。

| | コメント (0)

ピラミッド

らくだに乗った人が玩具に見えるサイズの巨大建築物。
宇宙人が手を貸したと思うのも当然。

1702166


なにせ、日本は縄文時代。

| | コメント (0)

ナイル川

1702164

暗くなる方が美しいとの話ですが、
「何で?」と聞くと、
「ゴミが目立たなくなるから」という日本人的意見を頂いた。

| | コメント (0)

スフィンクス

1702161

後ろ髪ではなく、重なり奥に見えているのはピラミッド。

上空から見ると、並ぶ3つのピラミッドがオリオン座の三連星
相当だと言うのは、ムー読者のお約束。
彼らの調査によれば、スフィンクスは紀元前1万年以上昔に、
宇宙人が建造したらしい。

 ・

スフィンクスの現物は、想像以上に手が長く、
立ち位置の問題もあって、GRのフレームに入らない。
なにより、スフィンクス撮影の問題は、
ライトアップショーのステージや座席もろもろの兼ね合いで、
昼間正面位置に入れない事。
観光客の混乱を避けるためでしょうが、
見慣れた正面の絵が昼間に見られないのも何だか・・(笑)
などと文句は言うけれど、観光地なので仕方なしです。
とんでもない常識の人達から守るためには正しいやりかた。

そして、
夜のライトアップは、GRIIIの古く小さいセンサーで手持ち
撮影したため、見える写真に仕上がっていない。
全てが心霊写真風味(見せられない)。


1702162


1702163


右端の人が暢気に煙草を吸っていなかったら、
少しドキッとする日常風景。

| | コメント (0)

エジプト文明

紀元前2000年頃、
エジプトでは華やかな古代文明が咲き誇っていた。
その頃、日本は旧石器時代から縄文時代への変化中。
例えると、現代人と原始人並の違い。
小学生の頃、そのあまりに大きい違いが理解できず、
エジプト人は宇宙人に貢ぎ物をして文化を得たと妄想。
(この壁画を本で見て、本気でそう思っていた)
当時は変な雑誌の走りでしたから仕方なし。


1702151


1702152


今回の嫁さん現地調査によると、
私には生きていく事すらままならない過酷な世界。
汚くて、埃っぽくて、食べられる物が無い。
ハト料理、
ナイル川の淡水魚料理、
牛や羊の脳みそ料理、
トマトで煮込んで香辛料投入した煮物、
世界中で食に困らない嫁さんが、パンだけで生活。

家に帰ってきての第一声が、
「スフィンクスって、ピラミッド両脇に狛犬のように置い
 ている訳では無いのね」 
予習しないにもほどがある。
私が言っている、スフィンクスの首が落ちるまでには見たい、
と言う話の意味がようやく理解出来たらしい(笑)

 ・

私が初めて知ったことは(今回、嫁さんからの伝聞情報)、
イスラムの人は、全員時間が来ればお祈りをしないといけ
ないと思っていたのですが、
忙しい人は、1日分をまとめてお祈りする仕組みがある。

世界にはまだまだ知らない事がいっぱい。
とりあえず、私は日本をよく知らない。

| | コメント (2)

見て読んで考える

小さい頃から「読む」クセが身についていると、
大人になっても、
老人になっても、
取扱説明書があれば目を通すし、
注意書きともなれば必ず目を通す。
読んだ上で内容を咀嚼できる。

今の問題は、
文字を読まない(読めない)人が増え、
何を注意書きしていても、
内容を理解できないのではなく「読んでいない」事が多い。
どんなに説明資料を用意しても、読まずに人に訪ねるのだか
らたちが悪い。まず読め。

その人の能力を一番簡単に判断しようとすると、
「折り紙の折り方の本を読んで折り紙が作れるか?」という
事を見るのが一番早い。
内容を読むだけでは無く、
「山折り」「谷折り」「折り目をキチンと付ける」に対して
正しく手が動いているかどうか。
話は違うが、
警察の認知症試験に「折り紙」を取り入れることを強く勧める。
最後まで読み続けて理解し続けて仕上がるのが折り紙。

元に戻って、
どんなに注意書きを書いても、読んでくれないかぎり、
何の効果も得られない。

見て、読んで、考える 能力は子供に仕込む必要があります。
その成果が出るのは20年後。

私はもう死んでいるからそう言う世の中は見られない(多分)

| | コメント (4)

感情

何の車に限らず、
何時の日かその車を降りるときは突然やってくる。

気持ちが少し離れているタイミングで、
修理(維持)代金を見て、もういいや となる。

気持ちが離れていないと、修理(維持)代金は気にならない。
人間の感情は不思議。

 ・

TTは今度の冬シーズン前に小さい山場がやってくる。
スタッドレスタイヤ ¥200,000超
夏タイヤは2016年交換済なので次の車検まで大丈夫。

単純に考えて、
毎年維持管理に50万円使って、
同じ車に10年乗って500万円。
安いとみるか、
高いとみるか、
その時の感情次第。

| | コメント (2)

111,111km

170211

111,111kmを見逃してしまった。
次のゾロ目は222,222km。
気が遠くなるので、
123,456kmに目標。

| | コメント (0)

読書の流れ

高田 明
「伝えることから始めよう」
 ↓
マツコ
「デラックスじゃない」
 ↓
ビートたけし
「TVじゃ言えない」
 ↓
池上 彰
「はじめてのサイエンス」

という、
Kindleのお勧めに踊った購入履歴なのだけど、
読むと解る、同じ臭い。
自分を常に客観的に見ている立ち位置は全員同じ。

対極の文章(対極の人間)は? と言えば、
田中康夫であり景山民夫。
この二人は凄いよなぁ(違う意味で)と思います。

| | コメント (0)

対象設定の大切さ

本来文章を書くときは、対象を設定しないと駄目なのだけど、
私が書くこの文章に対象設定は無い。
正しく対象を設定していないので、文章の立ち位置が曖昧で、
内容が安定せず(気持ちの問題)、その時の感情に流される。
右に寄ったり、左に寄ったり、ふらふらするのはその為です。

対象を的確に設定しておけばそんな文章にはならないはず。

 ・

正しいブログは、
人に読んでもらう為に書くわけで、
人が読みたくなる文章を書くべきなのだけど、
読んで不愉快になる人が多いかもしれない偏った内容で、
偏った目線の文章ばかりを書いている(自信あり)。
しかし、気がつけば4,120件の落書き。
この文章で4,121件目。
毎日1件と換算して、11年超。
対象を設定せず、
内容を気にせず、
思いつきを書くだけだと、根気が無い人間でも続く。
だんだんボケ老人化して、同じ事を繰り返し書くようになるのは
本人の予想範囲内なので、各位ご容赦下さい。

 ・

こんな風に、毎回考え無しで対象設定しない文章を書いていると、
いくら書いても文章が上手になることは無いと言う実証はできた。

| | コメント (0)

恐怖感

宗教の話ではなく恐怖と言う見えない感情の話。

米国のイスラム世界からぐっと話を小さくして、
日本の四国で考える。

ブームが続く四国霊場88ヶ所巡り。
バスツアーで来た人が、集団でお経を読み上げる。
数十人の集団なのに、怖くない。
理由は簡単で、その場所がお寺だから。
例えると、
教会に赴いて賛美歌や説教を聴くのと同じレベル。
宗教的な場所に意識して足を踏み入れているのだから、
何が目の前でおこっても恐怖は無い。それは、
見る側に受け入れる心の準備が出来ているだけの話。

もし、公園や公道を占拠して同じように集団でお経を読む
姿を見せつけられたら、他人に与えるものは恐怖だけ。
仮に聞き慣れた仏教のお経だろうがなんだろうが関係ない。
恐怖が先に来る。

私が子供の頃、近所にある有名な禅寺の托鉢修行僧を、
時代劇に出る「すぐに人を切る悪人」と思っていました。
しかし、今の子供達は時代劇を知らないので托鉢修行僧
に対して恐怖は無い。

恐怖は人間の心に由来する単純なものだと思えば、
無宗教の人間には克服も簡単。
宗教家だと死ぬまで克服出来ないのが現実。

| | コメント (0)

愛媛輸入車ショー

この土日、松山で開催されていた愛媛輸入車ショー。

ルノー トウィンゴ、
Audi マイナーチェンジ版A3、
シトロエン DS4の2Lディーゼル、
メルセデス Cクラスの2Lディーゼル、
ボルボ V40 2Lディーゼル(AWDは無いのが残念)

これくらいを見に行きたかったのだけど、忙しくて行けず。

ルノーはアルピーヌモデル発表でディーラーに行くでしょうから、
その時に行く。
シトロエンは愛媛県のディーラーがプジョーメインで、シトロエン
展示車が無い事が多いので、岡山のディーラーに行けが正解。

少し暇になってからから(私も車屋さんも)考えよう(笑)

| | コメント (0)

Audi A3

先日大幅なマイナーチェンジを国内発表したA3。
現行A4の仕様を考えると、
A3の仕様は、A4同等にしておかないと売れない。
A4が必要な人はA4の大きさが必要な人になるわけで、
A3とA4の選択理由は、仕様ではなくサイズの選択になる。
Audiの考え方はとても単純。
マツダのデミオ・アクセラ・アテンザと同じ。

対するBMWは、マークII・チェイサー路線を邁進中。

 ・

VWが最後のGOLF R VII 欧州版詳細を発表したことで、
現行GOLF R を買う気は無くなった。
しかし、GOLF VIII までは待てない(年齢問題)。
と言う事で、次期車両選択枝は微妙に変わってきて、

Audi RS3セダン 国内未発表
Audi S3セダン マイナーチェンジ発表済み
Mercedes AMG C43 4MATIC現行
VW GOLF R 2017欧州後期モデル 未発表
ダークホースはルノーアルピーヌ。 未発売
鉄板はTT-RS。 未発表

他人に迷惑をかけず車を楽しめる人生が残り10年とすると、
そろそろ「上がりの一台」を考えるべきところなのですが、
もしかしたら、
今のTTで200,000km走っているかもしれません・・

早く決めないと間に合わない(買っても楽しむ時間が無い)

| | コメント (0)

燃費

渋滞が少ない平日日帰り700kmの出張だと、
GOLF(1.4L)とTT(3.2L)で燃費が倍違う。
おおざっぱに言えば10km/lか20km/lか。

倍しか違わない。

平均移動速度はTTが上。
オートクルーズを使う距離も大体同じ。

15年前の3200ccエンジンと、
現代の1400ccエンジンで、
倍しか違わない。

結局燃費なんて渋滞と街乗りで稼ぐだけで、
同じ運転手が同じレベルの平均速度で走れば、
単純に排気量比例。
数字を上げるためには、エンジンを止め、空走距離を伸ばす
しか無いのが良くわかる現実。

燃費なんてどうでも良いから、
気持ち良い運転感覚の車が欲しい。

| | コメント (0)

花粉到来

世間の人は辛い杉花粉症が始まる季節ですが、
私は杉にあまり反応しないので、
一年でみると、以外に楽な季節(田舎限定)。

それでも、杉花粉の後半に、堆積し汚れて粉砕された
花粉に変わって来ると駄目です。
同時期に、檜が始まると終了。

そんな今、もっとも注意すべき点は、東京出張。
東京の杉花粉は杉ではない。
あれは杉花粉を基剤にした新種の毒物。
羽田空港に降り立った時点で終了しかねない。

東京の人は、
田舎に住めば、
花粉症は少し楽になると思う(まじめな話)

| | コメント (0)

Nikon DL18-50

NikonDL18-50

1インチセンサー2000万画素で18mmからの広角ズーム。
手ぶれ補正はデュアルの光学VR。
狼少年にもほどがあるが、
既に出る出る詐欺レベルになってきた感が満載。

発表したのが何時だったか忘れるレベル。

スペックは今でも魅力的なので、
心の中では待っているのだけど、
堪忍袋が切れそうだ。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »