« 比較広告 | トップページ | 企業寿命 »

プリウスPHV

大きくなったリアサスペンションの上に、大きくなっ
た電池を載せたため、室内空間が狭くなっている。
電池が大きく重たくなったので、お金をかけて量産車
初のカーボンバックドア採用に変形ガラスのオマケ。
目に浮かぶのは、
あのリアサスペンションじゃないと駄目だと言う偉い
人と、電池コストを叫ぶ偉い人の狭間に、バックドア
担当が挟まれた感じ(妄想)。

純正オプションで天井に太陽電池パネルを載せた場合、
お金を出して天井を重くし、配線が増えるだけでは無く、
オプション費用を車両寿命期間中に回収する事はまず出
来ないという世間体(見た目)重視のオプション。

TOYOTAらしいのは、安いモデルを買うと、安全装備が
減らされる悪しき風習は頑固に守った。
安いモデルはPHVなのに急速充電ポートが無い。

そして定員4人。

お金を出して話のネタを買う感じがとても素敵な車。
プリウス買うならPHV(コレは真面目)。

TOYOTAもEVに行くと言い出した今、
プリウスPHVは最後の両生類(絶滅危惧種)。

|

« 比較広告 | トップページ | 企業寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 比較広告 | トップページ | 企業寿命 »