« カセットデッキ | トップページ | ハンドル細工 »

坂本龍馬

お金の収支で見てみる。

坂本龍馬が死んで約150年。
本人は、観光で高知の人を食べさせる事になるとは、
思っていなかったはずです。

その効果を計算式にすると、
高知県観光収入x約1/3x365日x150年=売上
            ↑妄想だけどこんな感じ
その合計売上金額はすさまじい。

彼は30歳ちょっとで死んだのだから、
大人として仕事が出来たのは長くて10年間ほど。
10年間の中から長距離移動無駄時間を差し引くと、
実質労働時間は9年間(多分)くらい。
そのうちの1/3は寝て、1/3は飲んでいた(高知人)。

150年分の高知県観光売上=実3年くらいの労働
単純商売利益計算だとまさに偉人。凄い数字。
凄い物を発明した人では無い。
酔っ払って、夢を語った、勢いある田舎の人。
(本当のことは全く解らない)

 ・

教科書から「鎖国」の文字が削除されるらしいのですが、
開国を迫ったと言うペリーの立場はどうなるのか、
同時代を生きた坂本龍馬の扱いはどうなるのか、
そっちが気になる(違)

|

« カセットデッキ | トップページ | ハンドル細工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カセットデッキ | トップページ | ハンドル細工 »