« スターバックスラテ | トップページ | 操作ミスの原因 »

宗教と教育

幼稚園児に右傾教育をすることと、
幼稚園児に左傾教育をすることと、
幼稚園児に宗教団体発行絵本を読ませる事は同じ。
どれも親の都合が良い方向に子供を躾けるという形。

国と教育の関わりでみると、
教育内容に偏りがあり過ぎた幸福の科学大学が、
大学認可が取れなかったのは、無宗教国家の良心。
大学認可の為には新興宗教的理想を変更するか、
キリスト教系仏教系のように、自由な土俵で勝負するか、
創価大学や天理大学が認可されたのと同じように、
数とお金と政治力(全て妄想)を駆使するか。
何にせよ、アプローチ方法を変えないと難しいはず。

それはさておき、

政治と宗教と教育の分離は世迷い言。

宗教家は同一宗教の人を増やすために判断力の無い
子供を使う(宗教最大の問題点)。
そのやり方は、テロ組織やヤクザやギャングと同じ。
皇室でさえ同じ事。
身につけるためには幼児からというのは職業に限らない。

そう言う目で見ると見えてくる、
私立学校で教員資格が取れる事の不思議。

大学で右傾しようが左傾しようがそれは本人の自由だけど、
教育者になる為の基本教育は国立大学限定でしょう。
子供が減るのだから、教員の質も教育の質も上げないと。

|

« スターバックスラテ | トップページ | 操作ミスの原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターバックスラテ | トップページ | 操作ミスの原因 »