« 情熱大陸 | トップページ | 白と黒 »

miniディーゼル

FM放送で毎日miniディーゼルのCMを聞く。

私の年代がminiのディーゼルと言われると、
イノチェンティのターボ デ・トマソ。
ダイハツ・シャレードディーゼルターボのエンジン。
中身がシャレードだとは思えない高価格な車。
BMWのフロントホイールレベルで自分の車体全てを
煤で真っ黒にしてしまう車(誇張無しの1時間走行)

当時、実家のお店のお客さんに一人だけいた記憶がある。
田舎で言うお店に一人と言うレベルは、
マスタング・マッハワンレベルとか、
日産・240Zレベルとか、
コスモスポーツレベルの、
街中ではほぼ見ない高レベルの車両を示します。

 ・

その当時、
燃費「だけ」は凄く良かったけれど、
騒音と、
振動と、
黒煙と、
臭いは、
尋常では無かった。

それはさておき、最新のminiディーゼル。
高燃費と高価格と車外騒音は伝統を守っている感じ。
乗っちゃえば今時の車なので何も文句は無い良い車。

|

« 情熱大陸 | トップページ | 白と黒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情熱大陸 | トップページ | 白と黒 »