« 日曜日と頭痛 | トップページ | お盆休み »

エクセル方眼紙

時々見かけるエクセル方眼紙。
表計算をする前提だと勘弁出来ませんが、紙に出すだけの表
だと思えば気にならない。
一太郎や三四郎で作られたデータよりは使いやすい。

振り返って、計算をする表計算ソフトだけを考えてみても、
どれだけ流行に振り回されたか。今ではエクセルさえ使って
いれば、誰も苦労しないのだからエクセル方眼紙でも幸せ。

VisiCalc
 ↓
Multiplan
 ↓
Lotus 1-2-3
 ↓
1-2-3 for Windows
 ↓
Microsoft Excel

所詮私のような素人が使う機能はしれているので、
何の表計算ソフトでも出来ない事は無い。
つまり、使い方に目くじら立てても仕方が無い。

でもね、
公務員や教職員はいくらでもエクセル方眼紙を使っても良いけど、
技術系の仕事をしている人達は駄目かもしれません。

エクセル方眼紙は、お金と時間の無駄だと気がつかない人は、
他の作業でもお金と時間を無駄に使っています(多分)。

|

« 日曜日と頭痛 | トップページ | お盆休み »

コメント

MultipulanやLotus 1-2-3も触った事ありますが、ちゃんと使い始めたのは
Mac版しかなかった頃のExcelから。

Excel方眼紙は限られた状況ではとっても便利。ただ人からデータファイル
としてもらって、修正する必要があると最悪。製作者の個性がはっきりでま
すね。
Mac版は画面のまま印刷できたけど、Win版はプレビューでの確認が必須
なのが難点?

現在の仕事はマイクロソフト製品を使わなくても問題ないので、それが一番
の幸せです。

投稿: GO | 2017年8月 9日 (水) 12:23

MultipulanからLotus1-2-3になったときが一番革新的だった。
それ以後は、ソフトにあわせて使うだけで「ああ便利!」って
喜んだ記憶は、複数シートの串刺し計算くらい(笑)
と言う低レベルな人間の戯言。

さておき、データが使いにくい表計算ソフトのデータって、
本末転倒感が満載ですが、
紙の表を作るだけだと思えば思いついた人は偉い。

投稿: 高橋@works | 2017年8月 9日 (水) 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日と頭痛 | トップページ | お盆休み »