« 虫干し | トップページ | 役者と作品 »

プラダを着た悪魔

日曜の夜、11年前の映画を楽しむ(WOWOW)。
「The Devil Wears Prada」
劇場で見たときは世間の評判ほど面白くなかった。
しかし、
11年ぶりに見た今回は、何故か面白かった。

詰まるところ、私が米国文化を少し理解し始めた
から感想が変わったという単純な話。

 ・

日本人なのに、
北野映画とか任侠映画は理解出来ないし、
世界の黒澤の、「七人の侍」の良いところもわからない。
黒澤作品や北野作品で良かったと思う物が無い。

何が琴線に触れないのか理解不能。
芸術家体質じゃないと理解出来ない世界が有るはず。

|

« 虫干し | トップページ | 役者と作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫干し | トップページ | 役者と作品 »