« 仮想通貨発行 | トップページ | 凍結注意 »

フランチャイズ考

フランチャイズという仕組みの話。

広告を出し、有名人を使いネームバリューで客を集めても、
何時の日かそのネームが原因で客が遠ざかるかもしれない。
フランチャイズ経営の費用メリットは短期的な覚悟が必要。

短期的メリットを計算して、フランチャイズ加入する人は
良いけれど、そう言う人達はとても少ない。
フランチャイズ母体の「長い目線での利益」に誤魔化され
本質を見逃す。
世界から「植民地」という仕組みが無くなったのと同じ。

 ・

何より「人を育てると、必ず人は出て行く」現実を良しと
しないと、中小企業は成立しない。
フランチャイズ経営のメリットは、従業員を育てないこと。
良い年齢になっても、年齢分育っていない人ができあがる。
仮にそんな人がフランチャイズの外に出て行っても、
店の敵になる事はない。基本的に相手にならない。
勝負するなら違うフランチャイズの看板で戦うしかない。

マルチ商法よりはかなりマシな植民地経営システムが
現代のフランチャイズ商法。
商売のポイントは、人を育てないから敵を増やさない。

<注意書き>
歪んだ目線で見た話であって、真実とは違うかもしれない。

|

« 仮想通貨発行 | トップページ | 凍結注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仮想通貨発行 | トップページ | 凍結注意 »