« 心中と言う言葉 | トップページ | 塩の量 »

殺人

心中の話から殺人の話へ飛ぶ。

先日の、有名な神社後継者争いからの殺人事件。
原因は当然お金。
そのお金は主に賽銭箱。
その神社の賽銭箱に入れるお金は、神社所得=宮司給料
の原資(短絡的で雑な説明)。

私が無神論者だからという問題では無く、
その賽銭箱にお金を入れる価値があるのか?という
賽銭箱問題に至る。
目の前にある箱は寄付に値する箱なのかどうか?

 ・

歴史があるから、客は賽銭箱にお金を入れる。
歴史だけあれば、営業努力が要らなくなる。
結果、馬鹿な後継者が時々できあがるという流れ。
不労所得は人を育てません。
人を蝕みます。
なのに、宗教法人税金優遇。
おかしな人間が出来て当然の流れ。

 ・

賽銭箱と違うお金の使い方で、
「お守り」を買って対価を支払うのは、買い物して支払い。
客を喜ばせる事が出来る「おみくじ」は、とても良い商売。

唯一、箱の持ち主だけ利益を得る賽銭箱が嫌いなだけです。

賽銭箱というシステムを考えた人は商売人。
完全な寄付であり、証拠が残らない資金洗浄。
募金よりもたちが悪いと思ってる(私感)。

と言う事で、
殺人の原因になりかねない賽銭箱は、設置禁止が良い。

|

« 心中と言う言葉 | トップページ | 塩の量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心中と言う言葉 | トップページ | 塩の量 »