« メルセデスG | トップページ | アメリカ的思考 »

二硫化モリブデン添加

POLOのエンジン音の中に耳障りで嫌な金属音が増えてきた。

ベルト関係の交換で騒音が消えた為、余計に気になりだしたとい
う本末転倒感はある。
「目に見えて」という比喩が使えるレベルに感じますが、機械の
調子は良いので単なる経年劣化の積み重ね。

 ・

最近の使い方は、超短距離走行が多く機械摩耗という意味でとて
もエンジンに厳しい使用条件になっている事は否めない。

水温・油温が上がった頃、エンジン停止を繰り返すと言う短距離
移動が主なので、スズキジムニーだと「3,000km毎オイル交換」
というシビアコンディション相当の状態。
とはいえ、5W-30の504オイルで5,000km走っても、オイルのガソ
リン希釈はあまり増えていない(比較対象がmini)事から推測
すると、全体的に機械摩耗が増えたことでの騒音音質変化だと
勝手に推測。

それならば、二硫化モリブデンオイルが効果があるかもしれないと
判断し添加。余分な物が入っていない二硫化モリブデンオイルを、
オイル全量の5%程度投入してみた。

 ・

MOTUL-504に、二硫化モリブデンオイルを入れる事が良いのか悪
いのかは全部棚に上げて、結果的に静かになったので文句無し。

二硫化モリブデンは偉い。

|

« メルセデスG | トップページ | アメリカ的思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルセデスG | トップページ | アメリカ的思考 »