« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

POLOの次

もうすぐ7年目の車検を迎える6R-POLOの代替車両が決定。

新型POLO発売情報を聞いて一年近く待ち、
試乗し、愕然として、選択肢から落ちた(瞬殺)。

その時点で机上にあった車は4つ

1.ボルボ V40 ナビ付き限定車 予算オーバー
2.マツダ CX-3 ガソリンAWD(2018マイナーチェンジ版)
3.VW ゴルフ1.4 ナビ付き限定車 予算オーバー
4.VW ゴルフ1.2 ナビ付き限定車

総支払額350万円の予算に入るのは、
マツダCX-3とGOLF1.2限定車。

  ・
  ・

と言う事で、再度じっくり確認。

CX-3のAWDモデルは当然無いので、2LのFFモデルに試乗。
新型POLOのハイラインモデル(全部有り)に試乗。
ゴルフ1.2(現行車、ナビ付き)に乗って、

交差点の信号を一つ曲がった瞬間、
「これにする」で決定。

新型POLOのハンドル操作感の軽さと、
機械式リアサイドブレーキによる中途半端なオートクルーズと、
座面が長くて腰が浮く前後長が伸びた運転席シートがどうにもなら
ない。座面長さに体を合わせることは無理。

ボルボV40限定車は「色」「外観」「内装」「安全装備」に文句は無く、
座面からダッシュボード上面の高さが高いと言う視界の問題が決定打。
価格は値引きを考えると40万円以下の差に収まってきたので無理な車
では無かったが、ダッシュボードが高いのはどうにも出来ない。

CX-3は、アクセルやブレーキー操作に文句は一つも無く、多分国産車
だと最高クラス。ATミッションにも文句は無い。
「ナビの画面が小さい」
「ナビの操作コマンドダイヤル」
「オートクルーズ関係のスイッチが左右逆」
「ハンドル操作感が少し独特(悪いわけでは無い)」
「シート上での体の左右揺れの収束感が少し悪い(個体差かも)」

ざっと言うとこんな流れでゴルフ1.2L限定車に決定した。 299.9万円
ゴルフのネガは、
「リアトラフィックアラート」
「前後近距離パーキングセンサー」
この二つが装備されていない。
無いけれど他の基本的な部分で他車を押さえた。

と言う事で、
納車は6月か7月か。登録は台数稼ぎの都合上船の上で5月中(予定)。

1804301


| | コメント (2)

新型POLO

真剣に試乗。
真剣に検討。

軽快さ(馬力)     新型>旧型
ステアリング応答性 新型<旧型
車体が動く感じ    新型<旧型
シート         新型<旧型(HLモデル)
電子装備、ナビ   新型>旧型
エンジン振動    新型<旧型
ブレーキ挙動    新型<旧型
アイドリング時振動  新型<旧型
走行騒音       新型>旧型
リアシート広さ    新型>旧型
トランク広さ     新型>旧型

総じて、1人で乗ることが多く、荷物を積む量が少ない
人にしてみると、良いところは目立たず、悪いところが
非常に目立つ悲しい出来。

世間が絶賛する理由が全くわからないと言う結論。

良く出来た小型車が欲しい人は、6R-POLOの極上中古を
探す方が良いです。

| | コメント (0)

日本語表現

「TOKIOの山口達也メンバーが」という文章。

意地でもメンバーという単語を使いたいのは理解するけど、

TOKIOメンバーの山口達也 とか、
山口達也(TOKIOのメンバー)じゃないの?

全てのニュースで同じ表現をするTV業界の闇。

おかしい日本語を狭い身内の空間で使うのは良いが、
ニュースは駄目。

| | コメント (0)

新旧

高速道のPAで新旧2台に挟まれた。

1804251

トヨタのデザイナーさんは、これで良いと思っているのかなぁ?
真剣に謎だ。

| | コメント (0)

POLOの次

POLOの次の車選び。

新型VW-POLOにレーンキープアシスト機能が無い件、
VWの営業的見解(現時点)はGOLFとPOLOの差別化のため
POLOには多分装着されないと言うオフレコ話。
しかし、話を翻す会社なので現実はわからない。
来月末あたりの話、GTIにリアディスクブレーキと液晶メーター
が装備されて登場する(予想)だが、レーンキープアシストは
多分装備され無い。

そうなると、
希望機能全対応は、マツダCX-3とGOLF-GTIとボルボV40。
メルセデスAクラス(新型)も全部対応しているが色々無理。

パーキングセンサーを諦めると、GOLF-1.4HL(380万円)
レーンキープを諦めると、POLO-1.0HL(330万円)

基準価格は新型POLO-1.0HL全部有りの330万円。

全部を満足するのは、マツダCX-3AWD(330万円)と、
ボルボV40(390万円)とゴルフGTI(430万円)。

条件は少ないのに、日本車の対応はマツダとレクサスの一部。
トヨタ、日産、ホンダ、スバル、スズキ、全部無し。
当然ですが、シングルクラッチAT、デュアルクラッチ式モー
ター内蔵AT、CVT、ハイブリッド車、電気自動車などは除く。

 ・

並べた条件はたったこれだけ。
 5年までの延長保証に加入できる+メンテパックがある
 支払総額350万円上限
 ガソリンエンジン
 トルコンATかDSG
 サイズは現行ゴルフ程度まで、できれば小さい方が良い
 全車速前走車追従オートクルーズ(レーダー、カメラ)
 レーンキープアシスト(カメラ)
 前後パーキングセンサー(超音波で距離警報音)
 リアカメラ(360度ならなお良し)
 ブライドスポットセンサー(後方警戒レーダー)

色々見比べると、マツダは偉いと感じる商品構成。

| | コメント (0)

準備重要

床掃除ロボット。

異音を出し、掃除しないと言われたので、
予備調査せず力業で分解したところ、
爪は折るし、
極小クリップはゆがめるし、
ろくな事無し。

バラすと解るが、とても構造が良くモーターも壊れていない。
猫の毛の影響なんてほとんど出ない構造。

動きが悪かった理由は、タイヤ表面の汚れ(笑)

バラす前に掃除して動かして確認が正解。
と言う事を、バラした後知った。

1804221


| | コメント (0)

CX-3

CX-3のガソリンエンジンモデルに試乗。

高速道路で距離を走ってみないと結論は出ませんが、良いです。

この4月でオートクルーズコントロールの115km/h上限が無くなった
事で、今年のイヤーモデルから輸入車同等になる。

前走車追従の対応速度が下限30km/hが0km/hまで下がる(予定)。
CX-8がそうなっているので、多分同じになる。

CX-3のガソリンAWDモデルが、POLOのハイラインより少し高く、
ゴルフより安い。FFだとPOLOより安い。
ボルボV40はゴルフより50万円高かった。

POLOのACCサイドブレーキ問題は解決したが、
レーンキープアシスト機能が削除されていて朦朧。
そしてゴルフだとGTIかRを買わないとパーキングセンサーが無い。

何だこのVWの商品構成。
と言う事で、マツダが上がってきた。

| | コメント (0)

コンビニ

コンビニ強盗を警察官が地道な捜査で捕まえた。

きっかけは紙パックの日本酒「鬼ころし」だった
とのこと(ストーリー性は往年の刑事ドラマ相当)。

考えると、
「鬼ころし」って名前の安酒は日本中の酒造メー
カーが出している。だから、酒の銘柄だけで犯人を
特定する事は多分できない。
強盗犯人は、単なる安酒好きの酔っ払い。

店の防犯カメラデータを使い、路上の防犯カメラで
顔認証で探すなんて事は絵空事。
捜査員をいっぱい投入して張り込んで逮捕のはず。

 ・

今後を考えると、
捜査員の大量投入は費用対効果が薄い話なので、
今後はコンビニ店員に身を守る手段を持たせる事を
必須にする方が安くて早い。

犯人が驚くほど痛い目を見るテーザー銃と言いたい
ところだが、防犯用唐辛子スプレーで十分。
しかし、これまた馬鹿なアルバイトの手にかかると、
経営者の弱り目に祟り目になりかねない危険な手段。

ぐるっと一回り考えて解ったことは、
コンビニは利用するところで経営するものではない
という結論が正しい気がする。

| | コメント (0)

良い物語

「火垂るの墓」
この映画のどこが良いのかが未だに全く解らない。
何度見ても解らない。
感情が動かない。
大人向けでも無く、子供向けでも無く、日本人向けでも
ない変な作品。

「はだしのゲン」
週刊漫画で連載していた初期は良かった。
途中から意味不明の流れになる。

似たような世界観で、
「戦場のメリークリスマス」
これは最初から最後まで何を言いたいのか解らない。
ある面、「北野監督のヤクザ映画」と似た感じ。

 ・

いろいろな物が束になってかかっても勝てない作品が子供向け
番組にある。
その中の一つが、

  「海のトリトン」

知らない人に説明すると、
主人公の全てを否定するエンディング。
よくぞ放送したと思うレベルのどんでん返し。
今までは何だった?と言う驚きの最終回。

一話一話のストーリーの完成度だと
「ウルトラセブン」が最強。
今後もこれを越える作品は出てこない気がする。

良い物語は、戦うことを肯定も否定もしない。

| | コメント (0)

12歳

2006年の今頃に近所で生まれて、
うちのZ4に潜り込んできた。

気がつけば丸12年。

1804161


| | コメント (0)

麻雀

遅い晩飯を食べながら、
BSの麻雀番組を見る。

ギャンブル性が上がる割れ目ルールは苦手だけど、
BS放送でのワクワク感増大の為には仕方が無い。

ルールはさておき、
最も好きなのは緩急上手い高須院長の打ち方。
二番目は手堅いギャンブラー中野浩一(競輪)。
ホリエモン(東大)より小柳ルミ子(歌手)。

麻雀は、将棋や囲碁と違い、
1対1の技術力勝負ではないところが面白い。

| | コメント (0)

mini 通信

元気ですよ~

1804151


| | コメント (2)

拳銃

世界中の警察官が装填数が多い自動拳銃を使用
しているにもかかわらず、
日本の制服警官は、
「5発しか撃てない国産リボルバー拳銃」
最近はS&Wの38口径リボルバーM360の日本仕向け
「SAKURA M360J」。

このご時世に5発装填の38口径リボルバーを調達
する警察という組織は世界的に見ても不思議。
なんで5発?予備弾倉携帯も無し?

普通の目でみたら、日本は異常な国。

馬鹿に立ち向かう為には、相手に死の恐怖を与え
る事が必須なので、拳銃を警察官に持たせないと
い言うことはあり得ない。

接近せずに相手を倒すことができる発射式スタン
ガン(テーザー銃)と、9mm弾の二列弾倉自動拳銃
装備が妥当。

 ・

警察官は重装備が正しいが、
警察官の知識レベルや技能レベルも重装備希望。

高卒採用の学力テストと性格テストを厳格にする
だけで事は足りる。
その場合、選別した分人数は足りなくなるが、
人数が足りない分「重装備」にすれば差し引きゼロ。

警察官の教育レベルを上げてもらうのが前提だけど、
「テーザー銃は何時撃っても良い」
「テーザー銃で事故が起こっても警察官の責任は
 一切問わない」
と言う事にすれば色々都合良し。

当然テーザー銃を持てる(撃てる)警察官は、
テーザー銃で撃たれるとどうなるか実体験は全員必須。

| | コメント (0)

注意書きと客

ふと見かけた効力抜群の注意書き。

<注意書き>
本イベントの安全な運営の為、
イベントに参加するにふさわしくないと
主催者側が判断した場合、
特定のお客様に、ご参加をお断りする場合
がございます。
あらかじめご了承ください。


過去、どんな客が来たのかが気になって仕方なし。
主催者の一存で、特定の客を排除すると言う断言が最強。

| | コメント (0)

提灯記事

VWはどれだけ「自動車ジャーナリスト」を厚遇してるのかと邪推
してしまうレベル。
パサートTDIを絶賛する理由がわからん。確かにminiのディーゼル
よりは良い。メルセデスには遠く、マツダにも届いていない。
何だろう、このすさまじい違和感。

新型POLOの件、
車体は良い。
サイズ感は良い。
内装の使い勝手も良い。

エンジンは明らかに先代POLO V の1.2Lの方が良い。
それはAudiのA1から明確に解っていたこと。

共振域が日本の法定速度付近にあった1.2Lエンジンよりも、
新しい1.0Lエンジンは振動が多いし、音も安っぽく、力も無い。
アイドリングストップ機能の躾けは国産軽四以下。
カタログ表記の実馬力は信じられない。
ミッションとの連携も、デミオやスイフトターボが良い。
1.0Lエンジンは、車の動きが全体に重たい。

それをして、「どっしり感や安定感」ではない。
馬力が足りず、反応速度も足りない。
動きが右足に直結するDSGの良さを「全部殺している」設定。

安全装備も言う程では無く、ゴルフ7.5を知らなきゃ良いけど、
ゴルフ7.5の現状を知っているとコストダウンばかり気になる。

ゴルフのクラス下で売る車だからそんな物かもしれないけれど、
安全装備の考え方は上下差別しないボルボが良い。
その分価格が上がるのは仕方なし。

と言うことで、
POLO VI は1.5evoエンジンの搭載待ちか、GTI待ち。
もしくはゴルフ7.5の1.2Lエンジンに安全装備全部盛りの限定
車両が出てくるのを待つか。

POLO V の7年目車検は受ける方向になりそうです。
提灯記事は購買意欲を萎えさせるだけなのに。

| | コメント (0)

品質と躾け

服飾製品を買うのに海外通販を使わなくなって久しい。

輸入業者が増えたので、個人で送料を払うより安く上がる。
なにより30年以上前と違い、各社日本法人ができたのが大きい。

L.L.Beanは、日本法人ができて日本人向けサイズ品が増えたけど、
日本法人できた頃から製品品質はどんどん低下。
それはもう、驚くほど酷かった。
最近ようやく少しマシになってきたのは、海外工場管理できるように
なったからかもしれません。

Landsendは、セシールやユニクロ相当なので興味なし。

Eddiebauerは、元が凄く良くて、外国資本になってLandsendレベル
に一度落ちた。最近値段も安くそこそこの品が増えた。

L.L.BeanとEddiebauerを冷静に見ると、
現状では同じような製品レベル。
工場が同じと言われても納得してしまう位の差しか無い。

Woolrichは良いのだけどサイズが欧米人。手が長い。
Mammutも同じ、
Patagoniaも製品が良いのは解るけど、手が長い。
Columbiasportsは、モンベル相当。

 ・

良い物が悪くなり、悪い物が良くなり、全体的に平均化しただけ
という見方が多分正しい。
なにせ、日本人は全てを「使い捨てる」国民性(戦後)なので、
製品寿命は短くて良い(そこそこの品質で十分)という結論。

海外企業は日本市場をよく見ていると思う。
もしくは、日本市場をよく躾けた。

| | コメント (0)

大変な曲

日曜夜のTV番組を見るまで、
Paganini作曲の Caprice No.24 という曲が、
バイオリニストを苦しめる曲だとは知らなかった。

番組中、石川綾子さんの演奏シーンが流れたのでDVDを捜索。
CDの特典DVDの中に入っていることが確認できたので注文。

YouTubeをさまようと、
ヒラリー・ハーンさんの映像があった。

凄いとしか言えないけど、
なんて言うか、デビュー当時の衝撃を越えてこない感覚。

ああ、音楽は難しい。

| | コメント (1)

化粧

渡辺直美の化粧映像

これがプロ。

自撮り写真を加工してインスタに上げる人に爪の垢を飲ませたい。

| | コメント (0)

車に限らず自転車に限らず、公道を走っている時は無意識で
周りの人の顔を見ている。

この運転手、前しか見ていないな とか、
電話かメールに一生懸命だよな とか、
そもそも周りを見ている人は、周りの動きを阻害するような変な
行動を取らない。

動く前に周りの運転手の顔を見る。

顔を見て目が合えば認識してくれているし、
目が合わなくても周りを見ている人かどうかが解る。

だから、運転席や助手席カーテンが嫌いだし、
ミラーから色々ぶら下げている人が嫌いだし、
ダッシュボードの上にいろいろ乗せている人も駄目。

フルスモークガラスに至っては問題外。

身を守るためには、
周りを見ていない人の側に寄りたくないと言うこと。

顔を見て、
頭を下げ、
手を上げ、
余裕がある動きをすれば、
怒る人はいない。

怒る人は、前述の「周りを見ていない車」の特徴の人がほとんど。
中に特殊な精神構造の人もいますがそれは例外。

顔を見ることが大切で、
顔を見せる運転がもっと大切。

| | コメント (2)

安全装備

GOLF(7.5)の前走車追従オートクルーズ。

「車間距離 狭い」にして100km/h設定でトラック集団
の中を85km/h位で走行。その場合の自動設定車間は、
大型トラックでも無理矢理間に入れる車間距離なので、
入ってくる輩(運転手とは書かない)がいる。

入られると、緊急ブレーキ「警告」が出る。
最初は驚いていたが、もう慣れた。

警告状態を放置し、車速差で車間が急激に詰まると、
勝手にブレーキを踏まれ大慌てになるので、
ブレーキをチョン踏みオートクルーズをキャンセルして、
惰性の車速差を作ってゆっくり車間距離を離す。

オートクルーズキャンセルスイッチだと、惰性走行に
なるので速度差ができない。
一瞬ブレーキを踏むのが一番。

車間距離が「ブレーキ警告が出ない」距離まで広がっ
た後、リセットボタンでオートクルーズを再起動。
文章で書くと長いけれど、ざっと1秒以内の流れ操作。

この場合、ブレーキの踏みすぎで減速が多いと、
オートクルーズ再セット時の速度復旧がまだるっこしい事
になるので、微妙な足加減が重要。

 ・

生活がトラック輸送依存の生活(仕事も)なので、
トラック輸送の邪魔をしない運転を心がけるのですが、
想像を超えた馬鹿なトラック運転手がいることも事実。

それはさておき、
ブレーキという安全装備を、機械制御の補助に使う行為は
あまり好きでは無い。次世代安全装備で改善される事を
願うばかり。

| | コメント (0)

新型POLO考

POLO VIと言われる今回の新型POLO。

真面目にいろいろ調べてみると、
POLO Vが日本導入されたときの「貼り付けナビ+旧型1.4Lエンジン」
と同じ感じの商品に見えてきた。
市場を奪われないためだけの継ぎ接ぎモデル。

それにも関わらず、
日本中の自動車ジャーナリストの人たちが絶賛する闇。まさに闇。
あの1.0Lエンジンを絶賛する事がおかしい。
馬力は足りない。印象も良くない。振動も多い。
スズキスイフトターボのエンジンが良いし、ATもスズキが上。
なにより100万円ほどスズキが安い。

 ・

冷静に見て、
2.0LのGTI導入か、1.5L新型エンジン導入か、新型モデルを導入する際、
大きくてこ入れされそうな部分がとても多い。
当然、欧州市場リリース後なので、激しいコストダウンも実施されると
は思いますが、激しいコストダウンと天秤にかけても、待ち。

現状新型POLO(ハイライン全部盛り)の見積を取ると、GOLF1.2Lと同じ
価格になり、GOLFの安い方だと、後方センサー等の安全装備がPOLOに
劣りPOLOが良いとなる現状の流れ。
しかし、前に進む機能はGOLFが上。

結論、POLO VI は、まだ買えない。今は待ち。

| | コメント (0)

サブスクリプションの季節

毎年、毎回、
おまけのソフトを増やしつつ、
値上げを繰り返すのがAutodesk社。

数人規模の会社の場合はディスカウントは1円も無いので、
一人に対して年間40万円を越える使用料(所有権は無い)は、
お得とは思えない。

うちの場合は永久ライセンス保持したままのソフトがあるので、
少し安い金額だけど、多分数年後は同じになるに違いない。

しかし、これが無いと仕事にならないのが現実。
同じ金を払うなら、日本製のソフトウエアに金を払いたい(本音)。

1804031


| | コメント (0)

ねじの緩み止め

バネ屋さんのアキュレイトから久しぶりに届いたDMが、
「HEICO-LOCKリングロックワッシャー」取り扱い開始の連絡。

1804021

この系列の緩み止めはNORD-LOCKの土壇場だと思っていたのは
無知だったのか?

1804022_2

これはNORD-LOCKが嫌う種類の商品なのか。

食い込み継ぎ手業界の、
SwagelokFujikinみたいな話とは違うな、きっと(妄想)

| | コメント (0)

夏タイヤへ

桜が終わる頃になってようやく夏タイヤへ交換。

3シーズン目のミシュラン15インチエナジーセーバー。
ミシュランらしく3年目で終わった感。
わかりやすくて良い。

今年車検なので7年71,000kmで夏タイヤ2セット終了。
スタッドレスタイヤも2セット目。

 ・

ミシュランの場合、エナジーセーバーよりもパイロット
スポーツ4の乗り味が良いので、来年の春は16インチ
ホイールに履き替えて、PS4にするのが良いかもしれ
ません。インチアップしてでもPS4が多分良い。

問題は見た目。POLOと言う小型車ホイールサイズは、
17インチまで行くとかなり頭が悪そうに見える。
16インチだとギリギリ大丈夫(想像)。その理由は簡単で、
新型POLOハイラインが純正16インチで出てきたから。

来年旧型POLOに16インチ入れても大丈夫に違いない。

などと現状からの想像だけで文章を書くが、
買って組んで道を走らないと解らないのがタイヤの世界。

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »