« ブレーキサイズ | トップページ | 柔軟剤 »

運転と音楽とテンポ

高速運転に丁度良い音楽は、1秒で2拍刻むテンポ。
単純速度換算すると、1拍で15m位進むテンポが良い。

ちなみに4/4、3/4、6/8、関係なく、基準1拍0.5秒で
あれば良い。音楽ジャンルは耳障りで無ければ何でも
良い。テンポが重要。
街乗りや歩く場合(田舎)、1拍1秒で丁度良い。

人間は単純。

アクセルペダルを踏む速度、
ブレーキペダルを踏む速度、
ハンドルを回す速度、
全て速度に応じた適切な操作リズムが存在する。
自動車の運転はリズム感。
リズム感をキープする単純な方法が音楽のテンポ。

 ・

速度リミッターが付いているトラックの場合、
速度にあわないハイテンポな曲を聴いている人は、
ハンドル操作が無駄に早いので車の動きが雑です。

TVやDVDを再生しているハコバン。
速くなったり遅くなったりするのは、当たり前。
子供の機嫌を取っているだけで、実は子供を危険に
晒しています。

音楽には関係ありませんが、
高速で走るレーシングカーで安全に無線通信が出来る
理由は、車の構造上遮音が無いため、エンジン騒音と、
走行振動で、常にリズムがキープされるからです。
実は無意識の産物。

運転が上達しない人は、
聞いている音とリズムに理由があるかもしれません。

<注意>
検証したデータを出せ、証拠を示せ、などと言わないように。
誰でも考えれば解る話。

|

« ブレーキサイズ | トップページ | 柔軟剤 »

コメント

100〜120BPMは童謡やTVマンガ(アニメとは言わない)の主題歌にも多用されていて、
心臓マッサージのペースとしても推奨されてますね。
人体として最も落ち着いた基準状態を作り出すテンポなのかも。

投稿: Sawadhi | 2018年8月16日 (木) 11:30

>心臓マッサージのペース

日本人は、「アンパンマンマーチ」でやり、
米国人は、「Srayin' Alive」。
名曲は人を救う。

事故現場で救命作業するときは、アンパンマンマーチ
を歌いながら(マジで)。

投稿: 高橋@works | 2018年8月16日 (木) 15:52

>心臓マッサージのペース

常にどの曲が良いか探されているみたいです。
数年前に伺ったのが、日本の曲でのお勧めにダイヤモンド(プリンセスプリンセス)が
入ったらしいです。理由は「押す」だけでなく、「離す」のアクセントが付けやすいから。

遭遇しない事を祈ってますが、遭遇したらいかに勇気を出せるかが勝負。
負けないようにしたいと思ってます。

投稿: GO | 2018年8月16日 (木) 21:02

>日本の曲でのお勧めにダイヤモンド

アンパンマンマーチが歌えない年代でも、
ダイヤモンドは歌える気がする。

万が一の責任を問われたくないと思う気持ちを
押さえ込める勇気を鍛えるしかないです。
出来る自信はまだ無い。

投稿: 高橋@works | 2018年8月17日 (金) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレーキサイズ | トップページ | 柔軟剤 »