« クレジットカードの話 | トップページ | 上京と都落ち »

賭場

伊勢安土桃山城下街という観光施設。

キャッチフレーズは、
「伊勢に再現した安土城下で日本文化を体感」

ここに本物の賭場が出来ると面白いのにと思いませんか?
場所の紹介文が、Samurai Kingdom ですよ、サムライ。

 ・

観光客相手の商売と見ると、奈良公園のお店が良い。
模造刀、
十手、
侍のちょんまげカツラ、
忍者のマスクや衣装、
おもちゃのシュリケン・・
訪日外国人観光客が、
見て喜んで、楽しんで買っていく。
あれこそが、異国の文化を楽しむ観光。

日本にラスベガス風の遊び場所は必要ない。
日本には、賭場が必要。

どうせなので、
賭場と同じ空間で、
賭け麻雀、賭け将棋をOKにすればもっと良し。
賭け将棋の勝敗予想で外野も賭けられる。
胴元(ディーラー)は、全部の売り上げから手数料を取る。
胴元の売り上げから国は税金をがっぽり取る。

 ・

一二三さんあたりに昔の下町賭け将棋ルールを教えてもら
えば、戦後の賭け将棋が丸ごと再現出来る(今なら)。

せっかく作った法律、大切なのは日本人の古き良き非合法
な遊びを合法化して継承して楽しんでもらうこと。
サイコロ2個で行う丁半博打で考えると、
「偶数」か「奇数」で賭けるだけなので、初めてでもルール
は直ぐ理解出来て、直ぐ楽しめる。

賭け事はシンプルが一番。

競馬や競艇や競輪も、単勝と連勝複式の二つだけで良い。
訪日外国人にルールの説明が簡単になる。

良いと思いませんか?

|

« クレジットカードの話 | トップページ | 上京と都落ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレジットカードの話 | トップページ | 上京と都落ち »