« 電気自動車 | トップページ | 身の丈 »

ライラの冒険

「ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007)」

コールター夫人役のニコール・キッドマンが
とても良い。
何回見ても実に素晴らしい。

原作は35歳の黒髪なのに、がっつり金髪で押し通す。
登場する度、美しい金髪の巻き方が微妙に違うとか、
映画を通して自由で楽しんでいる姿勢が良し。
ニコールの作品で一番好き。

さておき、
「ライラの冒険」原作小説は全3部作。
この映画は1冊目の物語を描いたはずですが、
1冊目の重要なエンディングにも届いていないという
尻切れトンボっぷり。
にも関わらず、続編は打ち切り。

打ち切りの理由は、当時有名な話。
北米カトリック連盟が、
「子供に対し無神論を奨励する映画だ」として
ボイコット運動したため。
娯楽映画に口を出す宗教家はレベルが低すぎる。
宗教なんて全て妄想。

6日で地球は作れないし、
一度死んだら蘇りません。
空も飛べないし、
瞬間移動もできないし、
同時に違う場所にも存在できないし、
未来の予言はできません。

そんなレベルが低い人達のおかげで、
面白い映画の続編が消えた事は、
私にとっては宗教被害。

地球は平らで、ゾウが支えているのかもしれません。

|

« 電気自動車 | トップページ | 身の丈 »

コメント

嫁さんと一緒にレンタルDVDで見てみました。
こちらのブログを見て結末が尻切れトンボなのはわかっていたものの、原作を知らない人には急な展開と突然のエンディングのため、残念なことにちょっとしたケンカ状態となってしまいました。
もうずいぶんと時間は経ってしまっていますが、続編が見れたらいいなあと思っているところです。
映画の紹介をしていただき、ありがとうございました。

投稿: ヒゲッパ | 2019年7月 3日 (水) 21:05

ニコールと酔っ払い鎧グマで我慢して下さい。
普通の監督なら、
あんなところで終わらせません(笑)

投稿: 高橋@works | 2019年7月 3日 (水) 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気自動車 | トップページ | 身の丈 »