« 懐かしい音 | トップページ | 汚れる理由 »

値段と価値

物の値段は、
売り手と買い手の関係だけで決まる。
誰もが学校で習った需要と供給の関係。

難しいのは、
買う側は売る側の技術力と良心を「勝手に」信用しているのに、
売る側は「お金を回収したら終わり」というアンバランスな
世界が増えた事。

前者は性善説的発想、売り手の良心に期待するのは甘すぎる。
後者は大陸的発想、なにせ代金回収だけをクリアしたら仕事
として完結。そのあと何が起ころうが関係無い。
現実の話、後者の人は、
「商売を割り切って考えている」自覚はない。
「そんなこと(後の問題)、全く、気にならない」だけです。
相手を慮る事は全く無い。
ゼロです。
なにせ、気にならないのだからどうしようも無い。

借金して破産する人達によく見られる身勝手な思考傾向。
そう言う人は、違う人類だと思いましょう。

話は戻って値段の話。
相手が前者の人なら、口に出す価格は常に安いです。
相手が後者の人なら、口に出す価格は安くても、
商品はもっと安く売れる品。
「幾らで買うか」ではなく、
「誰から買うか」が一番重要。
本来、お金のやりとりには責任が伴う(はず)。

お客様は神様ではないし、
お客様が神様でもない。

物の値段(仕事の値段)は難しい。
物の価値(仕事の価値)は人しだい。

|

« 懐かしい音 | トップページ | 汚れる理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい音 | トップページ | 汚れる理由 »