Apple CarPlay

先日の大阪出張時、
試しにApple CarPlayの案内で移動してみた。
満足したので、バージョンアップまで使う
事は少ないと思います。

<不便なこと>
1.道路情報の警告が見えない。
 工事、
 故障車、事故、
 移動時間目安、
 SA情報等。
2.地図が赤なので渋滞だと思ったら、
 工事停車車両だったり。
3.ステアリングスイッチが使えない。
 音楽操作、電話履歴操作発着信等
4.液晶メーターパネルに地図表示できない。

<便利なこと>
必ず目的地をピンポイントで探せる。

現行ゴルフの場合、iPhoneで検索してCar-Net
接続して目的地をDiscover Proに送るのが一番
使いやすいという事を再確認。
案内ルート云々よりも、車載ナビから届く移動中
の情報が重要。

ちなみに、
ゴルフバン(7.5)はCar-Net接続対応だが、
2年少し古いゴルフ7.0(1.4HL)は非対応。
これはどうにも出来ない。

10年後に買う仕事車は、通信SIM内蔵で常時
接続できている車が良いです。
VWのCar-Net接続はVWJが試行錯誤中なので、
再接続とかあれやこれや全体的に完成度が低い。

| | コメント (0)

センサー再調整

ゴルフバンの緊急ブレーキ誤警告問題。

ボンネットロック交換修理時に、フロントセンサー
を脱着しただけの話なので、ACC関連のセンサー
再調整をやってみる話になりました。
やっている「はず」なのですけど・・

8日土曜日いっぱいで仕上がる予定。

不具合が解消されたかどうかの確認は、
来週の大阪出張まで解らない。

理由は簡単で、
ゆるい右カーブで、
走行車線の大型トラックの車列「列でないとダメ」を
右側(追い越し車線)から追い越さないと判明しない
のです。
走行車線を走っていて、
ゆるい左カーブで、
追い越し車線の大型トラックに連続で追い抜かれても、
誤警告症状は出ません。

四国の高速道路だと、そう言うシーンが無い。
じつは、幸せな生活環境なのかもしれません。

| | コメント (0)

安全装備

ゴルフバンのフロントセンサー関連が多分おかしい。
先日ディーラーで脱着したのはレーダーセンサー。
動きから想像すると、「前方斜め左」を異常によく
見ている感じ。

大阪への往路で、緊急ブレーキ警告片手以上。
復路は「作動切り、警告無し」で移動。

謎なのは、
「緊急ブレーキ事前警告無し」に設定変更しても
エンジン再始動で「遅い」に戻る。
デフォルト値に戻るのではなく、私が設定していた値
に戻るのが謎。
間違いなく何かがおかしい。
来週末の大阪出張までに直してもらおう。

修理って言っても、何かのプログラムを上書きして
リセットするだけ。

物理的に何かを修理すると、
ソフトウェアのどこかが必ず何かがおかしくなる。
実は、壊れても修理しなければ故障の連鎖は
おきないのかもしれません(違)

修理技術力の問題とは言ってはいけない。
VWJの問題。

| | コメント (0)

Apple Car Play

GOLFのDiscoverPro地図データを2018/19年に更新。

VWJのWebサイトの速度が遅く、
12GBの7Zipファイルダウンロードに1時間超。
圧縮された6331個のファイル解凍に20分。
PCからUSB2経由SDカード書き出し15分。
DiscoverProのデータ読み込みに1時間以上。
(リスク回避でエンジンかけっぱなし)

地図を更新したにも関わらず、
新名神神戸JCは繋がっていませんでした(当然)。

 ・

1日もはやく、
Apple Car Playだけで全部いけるようになる
時代が来るのを待っている。
Apple Car Playは、Google MapとAmazon Music
対応で便利になったけれど、まだ足りない。

世の中からフィルムカメラが一気に減ったように、
世の中のカーナビが一気に減るのは数年以内。

頑張れApple Car Play。

| | コメント (0)

コーナーリングランプエラー

GOLF 7.0(1.4HL)のコーナーリングランプが、
「時々」点かず、「時々」点く症状の件。

VCDSで出てくるエラーコードは、
Signal Line for Position Sensor for
Right Swivel Module
C108E 11 [008] - Short to Ground

車検整備で(車検中)右ヘッドライトセンサーがおかし
い事をVW純正の診断機で確認できたので(面倒だ・)
ようやくセンサーの保証交換決定。
しかし、センサーの単品部品供給設定が無く、
右ヘッドライトASSY交換という大笑い案件に成長(笑)

最近の高機能ヘッドライトは、たかが片目と言っても軽く
20万円を超える部品が普通(国産車も同じ)なので、
保証期間が終わった頃に左目が壊れない事を祈るだけ。

| | コメント (0)

ボンネットが開かない

ボンネットが開かないゴルフバン続報。

7.5のRモデルは手が入るルートが無いので、
「バンパーを切断して、開けることを試す」らしい。

バンパーよりは小さいフロントグリルを破壊して、フロ
ントレーダーセンサー再調整(交換、もしくは破壊取り
外し)よりも、バンパー切断破壊+新品バンパー+塗装
+小物部品交換が安いという協議結果(想像)。

しかし、
バンパーを切ったけれど「ボンネットが開かない」可能
性は残っていて、ボンネットキャッチ破損の可能性が消え
たわけではない。
中間ジョイント問題なら、バンパー切断で手が届くと思う
ので、「それが原因なら」なんとかなる。

ボンネットキャッチ金具の取り付けねじは、フロントレ
ーダーセンサーの裏なので、センサーを外さないとボン
ネットキャッチは外れない。
そもそも、センサーもフロントグリルも「ボンネットを
開けてから取り外す設計」
どうなることやら(保証対応なので、他人事)。

2017年式ゴルフR7.5をお使いの方は、部品点検した方が
良いかもしれません(私感)。

想像すると、保証切れの4年目、走行距離40,000kmくらい
で同じ症状が出るかもしれません。
万が一、保証が切れて同一症状が出たら意識朦朧。

安全装備が増えると言うことは、こういう問題も増える。
街の修理屋さんで修理出来ない(安全装備の再調整
作業ができない)車が増えるというだろうなと言う想像。

| | コメント (0)

1.2と1.4と壊れた2.0

ボンネットオープナーワイヤー経路の何かが壊れ、ボン
ネットが開かないゴルフバン。いまだに修理上がらず。

使える代車さえあれば、修理上がりは何時でも良い。
さすがにこの問題は、状況次第ではちゃぶ台を返す問題
なので、入念な原因確認と部品交換を依頼。
単純故障だけど、とても重要。

 ・

当初は急な修理だったので、試乗車を借りていました。
(Golf TSI Comfortline Tech Editionの1.4L)

週末に試乗車を使うとのことで、営業担当が車両入れ替え。
今度の代車は、Golf7.0 Lounge(1.2L)限定車走行距離は
23,000kmほど。
乗って、改めて7.0モデルの1.2Lは無理だと再確認。

現行7.5の1.2Lは使えるのに不思議だ。
3年と言う時間は、技術進歩(熟成)に十分な時間なので、
現行7.5の1.2Lエンジンに不満は少ない。
現行Golf 7.5モデルの1.2L(299.9万円)
Golf TSI Comfortline Tech Edition 1.2L が、価格性能比
は現時点で最強。
当然のことですが、1.2Lが非力なのは諦める前提で、
この車体にナビが付いて、フル液晶メーターパネルで、
300万円切りはお得。

そもそも同じ車体で1.2と1.4と2.0はどれかに無理がある。

| | コメント (0)

テールレンズ

ゴルフ1.4HLは、普通の色で普通の動作。
ゴルフバンは、全体が黒っぽい着色になり、
ウインカーは黄色のLEDで流れる点滅。
なんでこんな見えにくい色やデザインにするのか?

明るく光らせる物を黒くする理由は無い。

流れるウインカーにしても、
一瞬で見ると、明るさが減っている事を高輝度LED
で対処しているのはわかる。しかし、人間の目は流
れる物を追うと思う先入観は間違い。
鬱陶しいと思うと意識の中から重要度が下がる。
なので、結果的に認性が下がる。

そう言う目線で見ると、
新型miniのテールレンズもおかしなデザイン。
英国国旗モチーフのヤツ。
パクった(よく似た)他社の車も同じ。
光っているランプの中に光があっても見えない。

真面目な話、
デザインで視認性を下げるのは車として格好が悪い。

| | コメント (0)

7.0と7.5の比較

ボンネットが開けられないゴルフバンは、
8日に引き取られた。
今日の時点(12日)でボンネットを開ける手段が見つか
っておらず、VWJと販売ディーラーの間で、
何の部品を保証対応で「壊して」開けるか?という話に
なっている。まあ、予想通り。

LHD車基準で、助手席にボンネットオープナー付いて良い
から、一本物ワイヤーにして欲しい(切実)
この故障、路上故障時に発覚したらどうする?と思う問題。

 ・

気分を変えて、

代車はゴルフ7.5の1.4HLモデル。
庭先にゴルフ7.0の1.4HLモデルがあるので、
オーナーとしては当然進化が気になるわけです。

どちらが良いかと言えば、
運転操作感は7.0のスポーツモードが良く、
高速道路の自動追従は圧倒的に7.5。
高速道路での右足操作への反応性は7.5が上。
一般道路での右足操作への反応性は7.0が上。

新しいから心地良いとは限らない部分もあるの
がサスペンション回り。
一般道路では7.5が滑らかで良い。
高速道路では圧倒的に7.0。
走行距離40,000kmの7.0の方が、
走行距離3,000kmの7.5よりサスペンションがしっかり
して、ステアリング操作に対して動きが正確。
7.5の設定変更は、乗り心地に「日和った」感じ。
しかし、安全装備は圧倒的に7.5。

総じて、新しい物が良いバランスという正しい結論。

| | コメント (0)

故障履歴

ゴルフバン、1年少し(35,000km)での面白故障。

1.バックギアに入れると、後方警戒装備が強制OFFになる。
 →プログラム更新 修理完了
2.運転席電動シートのポジションメモリーボタンが使えない。
 →再プログラムで修理出来なかったので、
  シートコントロールユニット交換で修理完了
3.長距離走行中、時々ナビがリセットされる。
 →対策無し(ディーラー回答) 放置中
4.長距離走行中、時々電話が切断される。
 →対策無し(ディーラー回答) 放置中
5.燃料給油口の蓋が開かない。
 →位置再調整 修理完了
6.シートベルトアンカーの上部調整部が共振する。
 VW主要車部品は同じなのに、Rだけ状況が違う。
 →対策無し 名刺を折りたたんで差し込んでいる。
7.ボンネットが開かない。ワイヤー中間ジョイントが
 外れたか、壊れたか。
 →修理中
8.半年ほどで鱗模様が全体に食い込んだルーフレール。
 →諦めている

こんな感じ。
もうすぐ一通りの故障が終わる予定。

ゴルフバンは総じて気に入って使っています。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CCV | GOLF | mini | MOCO | POLO | TT | Z4 | イヌ | カメラ | ガレージ | ネコ | ロードスター | 自転車 | 雑記