定番の破損

ニュービートルなどで定番の破損。

アームレストのフタのリリースボタン 支点部品破損。
Armrest Lid Button / Latch Black
品番:3 B0 868445

欧州車全般樹脂部品の脆さはどうにもなりません。
しかも、長期にわたり形状や素材を改善する気が全く無い。

1710151


| | コメント (0)

新型POLO

GOLFでも嫌な感じだったリアバンパー。
ダミーマフラーデザインは止めませんか。

あれが良いと言う意見を聞いたことがない。

| | コメント (0)

次のPOLOを買うなら

高速道路連続運転(普通の運転、燃費無視)実燃費。
 1.4L GOLF(気筒休止付き) 17km/l
 2.0L GOLF(310馬力) 14km/l
 3.2L TT(8J) 10km/l
 1.2L POLO(6R) 19km/l

ダウンサイジングターボエンジンでメリットが出るのは、
ターボが仕事をしない街乗りや渋滞燃費であり、
長距離を走れば排気量なりの数字という当たり前の結論。

と考えると、
次のPOLOが1.0L(AudiA3に載っている物)と1.5L(新型)
が搭載される理由は単純で明快。
1.0Lが車の主なる使い方として的確なのかもしれません。

1.0Lエンジンの場合、高速道路で不満は出ます(車両重量
が重たいA3では勘弁できません)。
ほぼ1人でほぼ街乗りと言うことなら、1.0L。
2人以上で高速道路主体なら、1.5L。
休日しか使わず、家族4人なら、1.5L。
独身で毎日常用実用車なら、1.0L。

結論として、現行6Rの1.2Lエンジンが、実はPOLOと言う車
の使い方や車両重量のバランスでみると少し中途半端だっ
たという事に多くの人が気がついたと言うこと(想像)。

| | コメント (0)

燃費

POLOで日帰り出張。

燃費の数字が20km/lを割り込むと、悪いなぁと感じる(違)
感覚が麻痺してますね。

事故渋滞2ヶ所で30分以上無駄に浪費した結果の数字と思えば、
文句はない数字。
遠慮せず普通にアクセルペダルを踏んでの数字ですしね。

数字はさておき、
先日の修理はプラグとプラグコードだけの交換。
どうせならコイルも変えとけが正解かもしれません。

1704271


| | コメント (0)

消耗品交換

先日65,000km超えでプラグ交換したPOLO。

写真を撮るのを忘れて捨ててしまいましたが、

電極状態は、
片側(横)から見ると問題なしで、
反対側(横)から見ると電極摩耗が激しくギャップが倍の感じで、
正面から見ると、電極が斜めに激しくえぐれていた。

4本とも同じ電極摩耗状態だったので、
正しい消耗状態がその形と言うこと。

メーカー推奨60,000kmプラグ交換は、正しい交換サイクル。

プラグとプラグコード交換の次は、
無交換のベルトとテンショナープーリー。

先にイグニッションコイルが「割れ」て絶縁不良になり点火でき
なくなるという話も聞く。

消耗品は壊れる前に定期交換だけど、
車が多いと「忘れる」のが問題。

| | コメント (0)

たかが銅ワッシャ

左端が、車体番号で注文したVW純正ドレンボルト(アルミワッシャ)。

真ん中が、車検証見せてディーラー系列店で手に入れた銅ワッシャ。
「これが純正品です」と渡された、疑う余地しかない素性不明の品。

右端が、純正ボルトのワッシャを切って再利用され、銅ワッシャが変形
してオイル漏れを起こした物。

流通経路が解らない汎用銅ワッシャを使うなら、
せめてバーナーであぶって焼き鈍しして、
柔らかくなった素材をオイルストーンで平面出しして使いましょう。

外せないワッシャをニッパーで切って汎用ワッシャを入れるなら、
ホンダのM14サイズのアルミワッシャがまだ一番マシ。
ゴルフGTIのドレンプラグが樹脂でOリングシールになったのは正解。

ボルト締め付けトルク依存の構造は止めるしかない現実。
理屈さえ理解していれば問題ないのに・・


1704151


| | コメント (0)

3気筒化

嫁さん運転中に高速道路上で1気筒失火して、
3気筒でSAに到着。
そのままレッカーでVWディーラーへ入庫。

イグニッションリード(#3)1本交換で様子見という話なのですが、
そんな消耗品不安を先送りすることは私には出来ないので、
残り3本とプラグ4本手配。

消耗品劣化交換だけで済んで何より。

1704101


| | コメント (0)

振動対策

MY2016の6R-POLO CLで振動対策を確認。

 ・

共振点を変える為に部品変更して、
エンジンマネージメントを変更して、
振動域を散らした雰囲気。

そんな感じの逃げる対策なので、
少し安っぽいエンジン振動が全域きます。おかげで、
ピンポイントの不快な振動は気にならなくなっている。

スズキ自動車風の改善手法。

フロントセクションのパネル景色が違うので、
じっくり見たら、
パネルまでごっそり変更されていました。
肉抜き減って、折り曲げ追加されて、形も変更。

相変わらずスポンジは詰め込んでいましたが(笑)
こんなに金かけて元が取れるとは思えん。

| | コメント (0)

6R-POLO雑感(6年目)

久しぶりに6R-POLOで長距離高速移動。

改めて感じたのは、
高速道路の通常走行速度に限ると、
GOLF-VIIよりPOLOのステアリング操作性が上。
超高速になると、車重が効いてくるのでGOLFが上になるのは
当たり前の話。

うちのPOLOがサスペンションを変更しているからではなく、
電動パワステ設定と、高剛性ボディの小さい塊感が理由。
GOLF-VIIが悪い訳では無く、POLOが良い。
POLOでサスペンション変更が必須になるのは、常時2人以上
で高速移動する場合だけです。1人ならノーマルでOK。

POLOのサスペンションを変更して正しく車重を増やしたらA1。
Audiの現行A1の落とし所はそういう意味で上手。
(出始めのA1は話から除く)

6R-POLOの欠点は、
105km/hあたりでアクセルペダルに届く微振動。
なにせ足回りを変更してどうにもならないのだから、
購入者側で打てる手は少ない。
まあ、こんな本筋に関係ないくだらない所が気になるのは、
高速道路100km/hで渋滞だらけの日本ならではだと思う。
日本の小型車でPOLOを超える車はまだ無い。
一番近い位置に来ているのがデミオ。

6R-POLOが発表されて久しいですが、5ナンバーサイズで
買うなら何?と聞かれれば、「POLO」と即答します。
国産で?と聞かれれば、「デミオ」。
トヨタとホンダの小型車には、夢も希望も無いので、
日産が新型マーチでデミオ超えをやってくれる事を希望。

 ・

今一番気になる小型車は「新型トゥインゴ」です。
近い将来、手にして味わいつくす事に成るかどうかは謎。

| | コメント (0)

オイル警告灯(黄)

ドレンボルトからのオイル漏れでした。

オイルパン座面が悪いのか、
ドレンパッキンがハズレだったのか、
ボルトがボロイのか、
全部か?

無事解決に至ったと信じたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CCV | GOLF | mini | MOCO | POLO | TT | Z4 | イヌ | カメラ | ガレージ | ネコ | ロードスター | 自転車 | 雑記