« デジタルカメラを考える | トップページ | マグネチックライド »

ハルデックスカップリングを調べる

横置きクワトロを良く調べていなかったので気にしていなかった
のだけど、トルセンセンターデフではなくボルボが共同開発した
ハルデックスカップリングでリアに駆動伝達するようです。
リアデフ一体型センターデフでトルク制御。

メーカー製構造図だけを見ると大きいビスカス (笑)

おいおい、パルサーかい!

じっくり調べるとプリロードかけて(5%程度)レスポンスを上げて
最高50%までリアにトルク伝達するような電子制御多板クラッチ。
前期型TTやVWのR32で指摘があった初期動作の問題はビスカス
らしく「特殊オイル」で解決したらしい。

FFベースと言う事で仕方の無い構造だとは思うが乗ってみないと
評価もできない。
FFモデルの感覚で仕上がっていれば何の問題もない。問題は試
乗車が全く無いこと。

問題があるとしたら、

「駆け抜ける喜び」は多分無い。「安全に駆け抜ける」事は出来る。
TTは安全で高性能な足としての車だと感じる点。
デザインは個人的にはシャープになったので先代より気に入って
いる。NB1がNB3になった感じ。
Z4のように「スポーツカー」を感じるデザインではない。あくまで
スポーツ走行が出来る乗用クーペと言う感じか。

試乗してみてわかった事は、
Z4トルコンのアクセルレスポンス(トルコンATのレスポンス)は酷い
と言う事が良くわかっただけでも今回のTT試乗の価値はあった。
NAロードスターからだとそんなに気にならなかったのに、不思議。
Z3とZ4を乗り比べるとZ4が良かったのにTTはその上を行く。
かと言って、
TTの電子スロットルが「急激に開く」わけではなく、「アクセルに
リニアに開く」事が凄い。細かく言うと速度にリニアに対応して
いるとでも言うのか上の速度になればなるほど体の感覚に近い
制御ができている事。

面白いのは、
2+2なのにリア足元マットはオプションすら無い。
乗るなと言う事。ならロードスターのように2シーターにして少し
でもトランクエリアを広くする事を考えなかったのか?
それともソアラと同じくアメリカ向けの保険対策のリアシートな
のか。
試しに座ってみたのだけど 乗れません。身長1650mmの私で
体を斜めにしないと頭がリアガラスに当たります。
乗れるのは小学校低学年まで。

問題は、
運動性能を上げるために採用されたアルミボディ。ほぼ車体の
70%がアルミ。
ちょっと大きく当てたら全損→廃車 コース決定。 NSXのようです。
車両保険は入れるだけ入れと言う神様の声が聞こえる(笑)


と悩みつつ、、、、

|

« デジタルカメラを考える | トップページ | マグネチックライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジタルカメラを考える | トップページ | マグネチックライド »