« 自信がついたか | トップページ | 食欲完全復活 »

Audi A3 1.8T

近所でディーラーの出張展示試乗会があったらしく
営業マンから電話があったので「乗れる車」を確認して
行ってみた。

あったのが TTロードスター、A3 1.8T、A6 3.2クワトロの3台。
A6には興味が全く無いのでA3に乗ってみた。

1800CCターボでFFでDSG6速。

車体剛性完璧、乗り味しっかり。街乗りなんら問題なし。

で、テストコースへ。
これがねぇ、
160km/hくらいから強烈にパワーが無くなりアクセル操作に車が
ついてきません。(当然DSGのマニュアル運転)
1800だから仕方がないけど唐突にパワーが無くなる瞬間が訪れる
のが驚くセッティング。ほんと「スイッチを切った」感があると言えば
良いのか。

しかし、ハンドリングは凄く良い。
電動パワステなのだけど140km/h前後から多少制御が変わるようで
凄まじい安定感を示します。それも速度の伸びが完全に止まるまで
なんの破綻も不安感もありません。
へたすりゃTTより高速安定性は良いかもしれません。
しかし当然回頭性悪し。

まあ車体重量が1500kg近いFFなので仕方がないのでしょう。
しかし、初期制動がきっついブレーキだけはなんとかしてください。
危なくて仕方が無い。

A3とBMWの1を比べたら間違いなくA3の勝ちだけどなんだか少し
中途半端な感じの1.8Tエンジン。
TTのFFモデルにある2.0のターボエンジンモデルだと印象も違った
のかもしれません。
この車体は欲しいけどエンジンは欲しくない感じと言えばよいのか(笑)

と言う事で、欲しくなりませんでした。

隣で新型ゴルフバリアントとかも展示してましたがあまりの
プラスチッキーな仕上げに驚くばかり。とくにリアゲートを開けたとき
ゲート本体や車体とのパッキン部分等まるでビッツ。
なにもこんなところを日本車を真似なくても(笑)と言う感じと
言えばよいのか。
ゴルフは1つ前のR32に限る。

しかし、最近欧州車しか試乗していないのだけど何が違うのかが
明確に示す事は出来ませんが「乗り味」が違う。
車を作る事に対する考え方なのか国民性なのか、何なのでしょうね。

|

« 自信がついたか | トップページ | 食欲完全復活 »

コメント

 違うのは、設計時の想定速度域じゃないですかね。100kmまでの車とアウトバーンを走る車が同じなわけないと思う。

 なので、行動が日本国外仕様の人々は、欧州車とマッチングがいい(笑)。

 極低速から200km/hまで破綻無くカバーする今時の車は、とっても感心します。

投稿: なかむら | 2007年9月30日 (日) 23:21

>行動が日本国外仕様の人々は、欧州車とマッチングがいい

欧米かっ

それはさておき、
TTだと極低速(60km/h)まではギクシャク
するけどA3は下からスムーズ。
同じDSGでも味付けは違うみたいですね。

投稿: 高橋@works | 2007年10月 1日 (月) 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自信がついたか | トップページ | 食欲完全復活 »